室井滋の現在!結婚は?旦那は?子供は?同棲相手と事実婚?あの殺人事件の真相は⁈ 女優

室井滋の現在!結婚は?旦那は?子供は?同棲相手と事実婚?あの殺人事件の真相は⁈

「やっぱり猫が好き」での演技が注目を浴び、個性派女優として活躍していた室井滋さん。今はどうされているのでしょうか?結婚はしているのでしょうか?さらに世間を震撼させたあの殺人事件の真相とは⁈今回はそんな室井滋さんに注目です!

室井滋の現在は?結婚はしてる?

室井滋さんといえば、テレビドラマが大変な人気を誇りトレンディドラマなどが流行った1980年代からずっと活躍されてきた言わずと知れた個性派女優でいらっしゃいます。特にやはり1988年に出演した三谷幸喜氏脚本の「やっぱり猫が好き」でトラブルメーカーの次女を演じたのが印象的です。

この役は本当に当たり役で、室井滋さんの女優として、そしてタレントとしての地位を固めたといっても過言ではないのではないでしょうか。そんな室井滋さんは現在どんな活動をしていらっしゃるのでしょうか?そして、結婚などはしているのでしょうか?さらには、あの世間を震撼させた殺人事件についても調べてまいりたいと思います!

室井滋のプロフィール

  • 本名:室井滋
  • 生年月日:1958年10月22日
  • 出身地:富山県滑川市
  • 身長:160㎝
  • 所属事務所:ホットロード
  • 学歴:早稲田大学社会科学部中退
  • 資格:一級小型船舶免許

室井滋の現在は?結婚してる?子供はいる?

室井滋さんはあまりプライベートを明かさないイメージがありますが、結婚などはされているのでしょうか?調べてみると、結婚はされていらっしゃらないようです。そして、子供もいらっしゃいません。今年でちょうど60歳になりますので、還暦を迎えられたことになります。でも、お一人で暮らされているわけではないようなのです。

室井滋の現在は?結婚してないが長谷川和彦と暮らしてる?

室井滋さんは、書類上では結婚されていませんが映画監督の長谷川和彦氏と長く一緒に暮らされているんだそうです。室井滋さんが30代の頃からだそうなので、かれこれもう30年近くになるようです。長谷川和彦氏は室井滋さんより13歳年上で、現在は73歳になられています。

長谷川和彦氏は、巨匠今村昌平監督のもとで助監督として映画の世界を学んだそうです。長谷川和彦氏の代表作といえば、1979年発表の「太陽を盗んだ男」です。業界内ではとても評価が高かったらしく、次回作が期待されましたが、それ以来映画は撮っていないのです。なぜなのかはご本人も語っておられないため、わかっていません。

室井滋、伊原剛志と熱愛⁈

室井滋さんは以前、俳優の伊原剛志さんと交際しているのではないかと噂になったことがあります。長谷川和彦氏とは結婚はしていないため、不倫ということにはなりませんが、本当なのでしょうか?調べてみると、室井滋さんと伊原剛志さんは朝のテレビ小説ドラマ「花子とアン」で共演しているのです。

「花子とアン」の主人公、安東はな(吉高由里子)の両親役を伊原剛志さんと室井滋さんが演じました。そのことがきっかけで同棲疑惑が浮上してしまったようです。ですが、これはまったく根も葉もない話です。伊原剛志さんはご結婚されていますし、室井滋さんは長谷川和彦氏と暮らしています。ただの共演者なのです。

室井滋、長谷川和彦氏と同棲・事実婚状態

室井滋さんは長谷川和彦氏と長く同棲をしていますが、事実婚状態であることがわかっています。何故結婚しないのかというと、室井滋さんは名前にこだわりをもっているのだそうです。結婚すると、一般的には夫の姓になってしまいますが、室井滋さんはそれは嫌なのだそうです。

それは、室井滋さんのご両親が離婚していることも関係があるようです。室井滋さんのご両親は、室井滋さんがまだ小学生の頃に離婚されています。この時、室井滋さんはどちらについていくか選択を迫られたそうで、父親を選んでいるのです。何故かというと、名前が変わることが嫌だったからだと室井滋さんは語っておられます。

小学生の頃ですから、周りの友達などからの目を気にしたのかもしれません。子供ですからそういうことには敏感に反応してしまいます。住環境が変わること以上に、名前が変わることが本当に嫌だったようです。そして、長谷川和彦氏と籍を入れないのは、「室井」を継ぐのが自分しかいないことが、理由だとも語っておられます。

室井滋、「ガキ使」で語られた殺人事件とは⁈

室井滋さんといえば、「殺人事件」と連想する方も少なくないのではないでしょうか。この話を聞いたお茶の間は、あまりの恐怖で怯えたことでしょう。この殺人事件の話は、ダウンタウンの「ガキの使いやあらへんで」で松本人志さんが今田耕司さんから伝え聞いた話を披露したことで、一気に広まりました。

室井滋、マンションに血の男⁈そして警官が・・・⁈

室井滋さんが夜遅く仕事で疲れて自宅マンションに帰宅した際、エレベーターの扉が開いたらそこに帽子を深く被った男がいたそうです。不気味だなと思いながらも、室井滋さんはちゃんと「こんばんは」と挨拶したそうです。ですが、男は何も言わずすぐに去っていきました。その時、室井滋さんは男とぶつかってしまいました。

なんだろうと思いながら、自宅に入った室井滋さんは男ぶつかった箇所に血がついていることに気づきました。びっくりした室井滋さんでしたが、その時は特に何もせずそのままにしておいたそうです。すると、数日後に室井滋さんの部屋のインターホンが鳴り、見てみると警官が訪ねてきたようだったのです。

その警官は「このマンションで先日殺人事件が起こりました。怪しい人物などはみかけませんでしたか?」と尋ねてきたのです。室井滋さんにはすぐに血の男のことが頭をよぎりましたが、仕事が忙しかったため、事情聴取なんかになってしまっては煩わしいと思い、「知りません」と答えたのです。

それを聞いた警官は「そうですか」と言い、すぐに立ち去ってしまいました。次の日、テレビでその殺人事件のことが報じられており、その犯人が捕まったと伝えられていました。そして、犯人の男の写真が出た瞬間、室井滋さんは凍りついてしまいました。その男は、昨日室井滋さん宅を訪ねてきた警官だったからなのです。

室井滋の驚愕の殺人事件は、なんと怪談話だった⁈

この話が室井滋さんの著書の中に書かれてあり、それを見聞きした今田耕司さんが松本人志さんに話したのですが、なんとこれは実話ではなかったのです。「偽の警察官」という昔から語り継がれている怪談話だったのです。あたかも室井滋さんの実体験であるように世間に伝えられてしまったために、実話だと思われているのです。

室井滋、絵本朗読が大好評!

室井滋さんは俳優の仕事以外に、「しげちゃん一座」というユニットを組んで活動している面を持っています。この「しげちゃん一座」のしげちゃんは室井滋さんの「しげ」で、室井滋さんを中心に絵本作家の長谷川義史さん、ジャズ・サックスの岡淳さん、翻訳家の大友剛さんからなるメンバーで構成されています。

どういった活動かというと、子どもたちに絵本の読み聞かせをするのがメインなのですが、室井滋さんが演歌歌手の格好で出てきたり、それにちなんだ絵本を朗読したり、お客さんも巻き込んでの企画をやったりと、たくさんの笑いが巻き起こる公演で、親御さんにも大人気なのです。

室井滋、大竹しのぶと日高屋で大量注文⁈

室井滋さんは、2018年6月3日から放送が開始されたNHK BSプレミアム「アイアングランマ2」に大竹しのぶさんとダブル主演を務められています。なかなか面白いドラマで、元スパイのおばちゃん2人が悪者たちとスリリングな対決を繰り広げていくというもので、今回はその続編です。

アクションシーンなどもあり、あの室井滋さんと大竹しのぶさんが闘っているのです。内容も興味深いものですが、その撮影時のエピソードとして「日高屋」の話を室井滋さんはインタビューで披露しています。撮影の合間、お腹が空いた室井滋さんと大竹しのぶさんは食事に出かけようと考えました。

撮影場所の近くに富士そばと日高屋があり、どちらにしようかと迷ったあげく日高屋に行くことにしたそうです。ちなみに大竹しのぶさんはこの有名チェーンのどちらの店も知らなかったんだそうです。そして、日高屋に撮影時のメイクばっちりの室井滋さんと大竹しのぶさん、そしてスタッフたちも何人か一緒に行ったとのこと。

そして、日高屋にてラーメンやギョウザ、チャーハンなどを大量注文して、かなりの注目を浴びてしまったんだそうです。大女優と呼ばれるお2人が庶民派の日高屋に訪れたことは驚きですが、その話は大竹しのぶさんもお気に入りになったそうで、別のイベントなどでも、楽しそうに話しているそうです。

室井滋のまとめ

いかがでしたでしょうか。室井滋について注目してまいりましたが、室井滋さんは今もパワフルに活動していらっしゃることがわかりました。そして、殺人事件は怪談話であったことは、ホッとしました。個性派女優の代表格でもある室井滋さん、今後のご活躍も応援しております!