高島忠夫と寿美花代の現在は老老介護と高嶋政伸!うつの原因は?死去の噂や家政婦は?

高嶋忠雄といえば、芸能人一家で有名ですよね。高嶋忠雄さんのうつ病や寿美花代さんとの老老介護について高嶋政伸が語りました。死去の噂や、家政婦によって殺されてしまった長男の事件も振り返り、現在の高島忠夫さんの状況をまとめてみたいと思います。

高島忠夫の嫁は寿美花代さんで現在は?

高嶋忠雄はお嫁さんは、元宝塚の寿美花代さんですが、お二人ともに、88歳、86歳と二人ともにご高齢になりました。お二人との、現在は介護が必要な年齢になってきて、「大変です」と息子さんがメディアでもはなしをしていることから、相当、自立の生活が困難といわれています。

伝説の元ホスト!城咲仁の干された理由は?転落人生で彼女や結婚は?現在に迫る!

高島忠夫のプロフィール

名前は、高島忠夫(たかしまただお)。1930年7月27日生まれ。兵庫県神戸市生まれ。身長181cm。O型。1951年から芸能界活動をして、舞台やドラマ、映画などで有名な俳優であり、バラエティー番組では夫婦そろって出演するなどのタレントや司会者も務めました。

次男は、高島弘之、三男は高嶋政伸。妻も寿美花代の芸能人一家であり、息子の嫁たちも芸能人だというから驚きです。高嶋忠夫さんは、まさに昭和では大活躍していた芸能人であり、その名を知らない人はいませんでした。司会者やバラエティー番組、ドラマ、映画でも、存在感あるオーラの芸能人でしたね。

高島忠夫のお嫁さんの寿美花代さんって誰?

寿美花代さんは、元宝塚出身の美人な奥様です。高島忠夫さんとは、オシドリ夫婦で有名で、高島忠夫さんと共演することが多く、結婚後も二人でメディアに出現していました。高嶋忠夫さんの闘病にも献身的な姿がテレビで公開されるなど、お二人の絆を見せてくれたのは、この寿美花代さんの素敵な一面を垣間見ることができました。

高島忠夫の現在はどうなってる?

高島忠夫さんと寿美花代さん夫妻には多々悲し出来事がありました。それに加えて、高島忠夫さんは、いろいろな病気を抱えてしまいました。じつに「重度うつ病」や、心臓病、パーキンソン症候群、不整脈で心臓にはペースメーカーを付ける大手術を受けました。今は介護が必要な状況だそうです。

高島忠夫夫妻は年齢的も老老介護で大変すぎる!

お二人の年齢を考えても、後期高齢者ですね。高島忠夫さんの闘病生活を支え続けた寿美花代さんですが、やはり現在は87歳になろうとしています。「老人が老人を介護する」という老老介護が現在はとても増えていますが、体力的にもお互いがつらくて、老老介護の背景は国も懸念しているほど、きつい状況なのです。

高島忠夫の息子の結婚式や披露宴が行われなかった理由とは?

2005年には、長男の政宏さんが結婚、2015年は次男の政伸さんが結婚しました。久しぶりに高嶋家に明るいニュースが出てきましたが、結婚式や披露宴ができる状況ではなかったといわれています。ヘルパーさんの力を借りて、何とか生活している両親ですから、そこまでできる余裕がなかったほど、大変な状況なのですね。

宍戸錠の現在の年齢!結婚した妻や息子娘と絶縁不仲の理由は?シリコンの秘密も!

高島忠夫は介護施設にいるの?

妻の寿美花代さんが高齢で身の回りの家事が困難になってきたので、「高島忠夫さんは介護施設に入居した」との噂も流れました。政伸さんはそれを否定しています。両親は一緒に暮らしていると報道でコメントしました。老老介護なので、施設にやむなく入ってもらうことも致し方ないのですが、家で暮らしたいという希望の高齢者は多いですね。

高島忠夫夫妻は自宅介護で闘病生活?

息子の政伸さんが、両親は自宅で一緒に暮らしていて、現在は、ヘルパーさんが週3回来てくれて何とか、自宅での生活ができていることを発表しました。介護保険内ということから、週3回ということで1回当たりの時間はわかりませんが、介護度も少し高めなのかな?と思いました。

高島忠夫を襲ったうつ病の原因は?

高島忠夫さんと寿美花代さんの間には、長男がいました。生後5か月の時に当時雇っていた家政婦に殺されてしまったことが原因といわれています。妻の花代さんもいまだに、トラウマがあるそうです。この夫婦には悲しいすぎる出来事でずっと苦しんできたのですね。

高島忠夫の死去の噂がながれた理由、寿美花代が語る

2016年5月ごろに、なんと、高島忠夫さんの死去の噂が出始めました。とても悲しいですね。原因は妻の寿美花代さんが「徹子の部屋」に一人で出演したことがきっかけでした。オシドリ夫婦で共演が当たり前だったもで、花代夫人が一人で出演していることに違和感があったようです。もしや、亡くなったのではないか?といわれました。

しかし、「徹子の部屋」では、「夫は元気にしています」ときっぱり答えています。闘病中の高島忠夫さんが出れなかったことが原因であり、ネット上では完全なデマが流れて本当に悲しい事でした。闘病中のお二人が、テレビに出ることになります。高島忠夫さんの変わり果てた姿に胸が痛くなりましたが、登場してくれた姿が印象的でした。

長男が家政婦に殺害された高島忠夫長男殺人事件とは?

二人の長男、道夫ちゃんは、まだ当時5か月というかわいい盛りでした。夫妻が旅行に行く際に、当時17歳だった家政婦が、「自分にはお土産を買ってくるからね」と言ってもらえなかったという犯行動機だそうです。当時は、この事件は衝撃的で、世間では驚きを隠せませんでした。

高島家は、3人兄弟だったのですね。家政婦は、高島家の宝石を盗んだり、お客様の財布から1万円を抜き取るなど、素行も悪かったようです。長男の道夫ちゃんは、皆で探し回った挙句に、バスタブに沈んでいるところを発見されました。当時は家政婦も必死に探していたようです。悪意を感じますね。

家政婦に課せられた不定期刑とは?

当時17歳だった家政婦は未成年であったため、「不定期刑」が適用されました。おおよそ、3~4年くらいではないかと言われています。とても軽い刑にも感じてしまいますが、高島夫妻にとっては辛すぎる出来事には変わりません。その家政婦も今では70歳くらいですよね。普通に生きていることが怖いですね。

高島忠夫の息子、高嶋政伸が語る現在は?

現在の両親の状況については、高嶋政伸さんがコメントしていますが、両親は80代後半になり、身体的にも老いがあることで、ヘルパーさんの力を借りて、自宅での生活を続けられることができていますが、自力では家事なども昔ほどはできないと思われます。自宅の広大な土地に、家を建てて暮らすなども考えているようです。

かなり広い庭をお持ちのようですので、高嶋政伸さん夫妻は、そこにいえを建てて敷地内同居のようなスタンスを取るなど、配慮を考えていて、頼もしい息子さんだと思いました。でも、両親の介護には、疲れる場面もあると思います。

高島忠夫についてのまとめ

高島忠夫さんといえば、「イエーイ!」のグッドサインですよね。今は見れなくなってしまいましたが、昔は。「イエーイ!」って真似した人も大方のではないでしょうか?高島忠夫さんは映画のコメンテイターとしても活躍していたことは有名ですよね。昭和のタレントとして、大活躍した一人でもありますね。

現在は介護を受けながらも懸命に生きていてくれて本当に良かったですし、看病してきた寿美花代さんにも、さすがオシドリ夫婦としか言えないくらい、お疲れ様と言いたいですね。お孫さんも生まれてこれからも、幸せを感じながら生きてほしいと思います。