女優・黒沢あすかは結婚している?子供は何人?息子は前夫との連れ子?腹毛って何? 女優

女優・黒沢あすかは結婚している?子供は何人?息子は前夫との連れ子?腹毛って何?

2002年公開の映画「六月の蛇」や2010年の「冷たい熱帯魚」などの代表作を持つ女優・黒沢あすかさん。本記事では黒沢さんについて、子供や前夫、そして過去に彼女を苦しめた病気、また現在の夫との馴れ初めなどあらゆる角度から分析していきたいと思います。

黒沢あすかは結婚し、過去に離婚している?子供は何人いるの?

黒沢あすかさんには現在ご主人がおられますが、1度離婚を経験されています。なお前のご主人との間にはお子さんが1人おり、前の旦那さんとの出会いや離婚理由などの詳細は判っていません。そして2005年の2月にメイクアップアーティストの梅沢壮一さんとご結婚されています。

ちなみにお2人の間にお子さんは2人いらっしゃるそうです。つまり黒沢さんは3児の母なんですね。なお現在の夫である梅沢さんとの馴れ初めも詳細は不明なんですが、メイクアップアーティストであるということを考えれば、おそらく仕事場で出会ったものと思われます。

黒沢あすかのプロフィール

1971年12月22日、神奈川県藤沢市出身の46歳です。10歳から児童劇団に所属し、本名の岡坂あすか名義で子役として活躍し、キャリアを構築。その後1990年に公開された映画「ほしをつぐもの」でスクリーンデビューを果たすと、以降は様々な映画やドラマに出演。

そして2002年に出演した映画「六月の蛇」で主演を務め脚光を浴びたほか、2010年には映画「冷たい熱帯魚」で大胆な濡れ場シーンを披露し、一躍話題に。またこの作品出演以降、作品ごとに「これでもか!」というほど役に入り込み、鬼気迫る演技を見せることから「激しい女優」というニックネームで呼ばれている「憑依型女優」です。

黒沢あすかが激しい女優と言われるゆえんは体当たり演技?

さて、今「鬼気迫る演技を見せる」と書きましたが、黒沢さんが「激しい女優」と呼ばれるゆえんはそういった「女優魂」にあるようです。その一例を挙げると、上記でご紹介した2010年公開の映画作品「冷たい熱帯魚」での大胆な濡れ場シーンです。

同作品で黒沢さんは濡れ場だけではなく、殺人やその共犯者などといった一見グロテスクという言葉がピッタリと当てはまるような役どころを、その女優魂で見事に演じきったんです。なお黒沢さんがそのような役に挑んだのはこの時が初だったそうです。ということはまさに「体当たり演技」を披露したという訳ですね。

黒沢あすかはかつて腹毛を披露していた!

そしてこの時の経験が元で黒沢さんの中で何かが吹っ切れたのか、それから2年後の2012年に公開された映画「闇金ウシジマくん」では何と!腹毛を披露しているんです。この時の黒沢さんの役はかつてAKB48のメンバーだった大島優子さんの母親で、大のパチンコ狂いという破天荒なもの。

どういったいきさつで腹毛を披露することになったのかは判りませんが、これも「冷たい熱帯魚」の時と同様、立派な体当たり演技ですよね。先述したように、大胆な濡れ場シーンに挑んだのは「冷たい熱帯魚」が初でしたが、僕が思うに黒沢さんは10歳の頃から子役として活躍しているだけに、ある意味「場慣れ」しているのではと思います。

黒沢あすかの子供は過去に結婚していた前夫との連れ子?

冒頭でも書きましたが、黒沢さんは過去に1度離婚を経験されており、前のご主人との間にはお子さんが1人。そう、3人のお子さんのうち、長男は前のご主人との間に生まれた言わば連れ子なんです。しかし連れ子であっても当然ながら自らが腹を痛めた我が子であることに変わりはありませんよね。

ですから黒沢さんは現在のご主人と結婚してからも、長男に対して「不憫な想いをしないだろうか」といった思いを持ちながら次男・三男を育てるのと同じように、懸命に育児に励まれたそうです。そう考えれば黒沢さんは「女優」という仕事と「母親」という2足のわらじを上手く両立されている「良き母親」ですね。

黒沢あすかを舞台の稽古中に突然襲った突発的抹消性眩暈症とは?

そんな黒沢さんを、2012年に突然の病魔が襲いました。その年の9月に出演予定だった舞台「遭難、」の稽古中に突如体調不良を訴えて、倒れてしまったんです。緊急搬送先の病院で検査を受けた結果「突発的抹消性眩暈(めまい)症」と診断され、その後約4ヶ月間の自宅療養を余儀なくされてしまいました。

この突発的抹消性眩暈症は三半規管が異常をきたし、めまいやたちくらみ、嘔吐などを引き起こす病気で、主に中高年層の方が発症しやすい傾向があるそうです。またその原因は血行障害やストレスと言われていますが、黒沢さん自身も自らが楽しみにしていた舞台をこのような形で降板することになり、残念でしょうがなかったと思います。

黒沢あすかは降板療養中に前夫の幻覚を見ていた?

こうして自宅療養に入った黒沢さんですが、その後は思わぬものが彼女を苦しめ始めました。何と長男に対して前のご主人の幻覚を見るようになってしまったんです。このことから黒沢さんは長男に対して「私の前からいなくなってよ!」などのきつい言葉を浴びせるなど、肉体だけでなく精神も病んでいきました。

これはあくまでも僕の推測ですが、黒沢さんの中には現在のご主人と結婚してからというもの、長男に対してずっと後ろめたさや申し訳ない気持ちがあり、それがこの病気を患ったことで「幻覚」という形で表面化してしまったんでしょう。おそらくこの時が黒沢さん家族全員にとって、最も辛い時期だったと思います。

黒沢あすかの復帰を後押ししたのは、3人の子供(息子)だった!

そういった肉体的・精神的にも辛く苦しい日々を過ごした黒沢さんを、その間献身的に支えていたのは、3人のお子さんでした。中でも長男は下の弟たちに対して「今お母さんは大変なんだから、あんまり困らせるなよ」、「これからお母さんに食事を作るから、みんなで持って行こう。」と言い、リーダーシップをとっていたようです。

そんな3人のお子さんの献身的な看病に支えられ、めまいや嘔吐という症状に悩まされながらも、懸命にリハビリに取り組んだ黒沢さん。その甲斐あって2013年の2月に、主演短編映画「怯える女」で見事女優復帰を果たしました。なお現在は症状も改善され、以前と同じく女優業を続けています。

黒沢あすかが新たに結婚した現夫との馴れ初めとは?

既述したように黒沢さんには離婚歴があり、現在はメイクアップアーティストの梅沢壮一さんとご結婚され、3人の息子さんと計家族5人で幸せな家庭を築いています。そんな現在のご主人の梅沢さんとの馴れ初めなんですが、冒頭部分でも書いたようにその詳細は明らかになっていません。

ですが、2005年に結婚してからというもの2人の子宝にも恵まれ、今年で夫婦生活13年目になるわけですから円満であることは言うまでもないと思います。もちろんこの13年の間には黒沢さんの病気を含め様々なことがあったでしょうが、そんな試練を乗り越えた2人なら、これからもずっと仲良し夫婦でいることはおそらく間違いないでしょう。

まとめ

現在、メイクアップアーティストの夫・梅沢壮一さんと3人の息子さんたちに囲まれ、日々仕事と家事に追われながらも、充実した日々を送っている黒沢あすかさん。一時期「突発的抹消性眩暈(めまい)症」という病魔に突如として襲われ、自宅療養中には長男に対して前のご主人の幻覚を見たりなど、辛い時期を過ごしたこともあったと思います。

ですが、家族の手厚い看病とサポートでそれを乗り越え、現在でも女優として活躍している黒沢さんは、まさにガッツ溢れる「激しい女優」そのものだと言えるでしょう。そしてこれからも末永く家族円満というしっかりとした基盤がある上で、これまでのような鬼気迫る演技を見せてくれることを期待しています。