大橋巨泉が死去…妻の寿々子さんとの夫婦愛!子供は?オーケープロダクションは? エンタメ

大橋巨泉が死去…妻の寿々子さんとの夫婦愛!子供は?オーケープロダクションは?

タレントの大橋巨泉(本名:大橋克巳)さんが2016年の7月12日の午後9時29分、急性呼吸不全のため入院先の病院で死去しました。82歳でした。大橋巨泉さんの死去の原因は何だったのでしょうか?誤投薬もあったという噂も今回は調べました!!では見ていきましょう。

目次

[表示]

大橋巨泉が死去…妻のコメントは?

大橋巨泉が亡くなった際に、妻である寿々子さんが旦那さんである大橋巨泉さんの死去についてコメントをしました。大橋さんは度重なるがんの手術と放射線治療などによる衰弱、加えて以前に受けた在宅介護の医療機関のモルヒネ系鎮痛剤の誤投与により極端な体力減退に陥り、

2016年の4月11日に緊急入院しました。入院先のスタッフの治療で3ヶ月間も大橋巨泉さんは耐えたそうですが、12日に亡くなったといいます。この大橋巨泉さんが亡くなった際に、妻の寿々子さんが衝撃的な発言をしたのです。

大橋巨泉のプロフィール

  • 名前:大橋巨泉(おおはし・きょせん)
  • 本名:大橋 克巳(おおはし・かつみ)
  • 別名義:池間 仙也
  • 生年月日:1934年3月22日
  • 没年月日:2016年7月12日(満82歳没)
  • 出生地 :東京府東京市本所区両国(現・東京都墨田区両国)
  • 身長:178cm
  • 血液型:B型

大橋巨泉さんは1960年代〜2016年までタレント・ラジオパーソナリティー・放送作家・政治家など様々な職業で活躍しました。芸名の「巨泉」は、もともとは自身の俳号でした。多くの芸能人や関係者が「巨泉さん」や「巨泉」と呼ぶので、

「大橋さん」と呼ばれるのは皆無に近いようでほとんどなかったようです。自身の人気番組であった「世界まるごとHOWマッチ」では、「きょちゃん」と呼ばれたこともありました。大橋巨泉さんの配偶者はマーサ三宅さんと、浅野順子さんです。

大橋巨泉の妻が告白・死去は誤投与が原因?

2016年7月12日に亡くなられた大橋巨泉さんの奥様・寿々子さん(浅野順子と同一人物)によると、「先生からは死因は”急性呼吸不全”ですが、中咽頭がん以来の手術や放射線治療などの影響も含まれますが、最後に受けた鎮痛剤・モルヒネの過剰投与による影響も捨てきれない」

との言葉を伺いましたとインタビューに答えています。死因は“急性呼吸不全”ですが、その原因には、中咽頭がん以来の手術や放射線などの影響も含まれますが、最後に受けたモルヒネ系の鎮痛剤の過剰投与による影響も大きいと言われていました。

「もし、一つ愚痴をお許しいただければ、最後の在宅介護の痛み止めの誤投与が無ければと許せない気持ちです。」と妻の寿々子さんは答えています。さらには、所属事務所の発表でも誤投与のことが触れられています。

大橋巨泉の妻はマーサ三宅と浅野順子(寿々子)!

大橋巨泉さんは過去に1度離婚しています。最初の妻はマーサ三宅さんという方です。マーサ三宅さんとは(1956年〜1964年)の間に結婚していました。本名は三宅光子さん。生年月日は1933年5月13日生まれです。日本の女性ジャズ・ボーカリストとして活躍していました。

そして2番目の妻が浅野順子さん(1969年〜大橋巨泉さんの死去まで)の間結婚していました。本名は大橋寿々子さん(旧姓:浅野)。若い頃はアイドルとして活躍していました。大橋巨泉さんは1956年にジャズシンガー・マーサ三宅と結婚しました。

二女をもうけるものの、1964年に離婚しています。そして1969年14歳年下で当時アイドルであった浅野順子さんと結婚し、巨泉さんが35歳・浅野さんが21歳での結婚は「少女誘拐」などとマスコミに取り上げられました。

大橋巨泉の子供たちは?

大橋巨泉さんには二人の子供がいます。大橋美加さんと豊田チカさんです。長女の大橋美加さんは、生年月日は1959年8月29日。ジャズシンガーとして活躍しています。次女の名前は豊田チカ(とよだ ちか)さん。1961年生まれ。ジャズシンガーとして活躍しています。

大橋巨泉さんの子供は、長女・次女ともにジャズシンガーさんなんですね。娘2人ともマーサ三宅さんとの結婚生活でもうけた娘でした。後妻の浅野順子さんとの間には子供はいませんでした。またタレントの大谷瑠奈さんは、大橋美加さんの娘です。

ちなみに大橋巨泉さんは、瑠奈さんを含めて5人孫がいます。さらに姪の大橋ひろみさんはフジテレビ「クイズ!シッテレQ」のレポーター。その他1984年秋には叔父である大橋巨泉さんと「CFカード」のコマーシャルにも出演しました。

大橋巨泉の病気・胃がんや中咽頭がん

大橋巨泉さんは、2005年5月胃癌を患っていたことが判り、6月に摘出手術を行っています。2013年まで病気は落ち着いていたのですが、がんが転移し、壮絶な闘病生活が始まります。さらに2013年11月には中咽頭がんを発症し摘出手術。

そして2014年11月には肺と食道の間にある「縦隔」のリンパ節に腫瘍が見つかり放射線治療を始めました。なんとさらには、2015年5月18日には肺がんの手術を受け、大橋巨泉さんは右肺の約3分の1を摘出しまし。また、2015年10月14日、縦隔のリンパ節に2か所発見された腫瘍の除去手術しました。

大橋巨泉の病気・腸閉塞も発症

さらには、大橋巨泉さんは2015年11月3日、腸閉塞で入院することになります。そして手術は成功しました。12月9日に退院。しかし、2016年2月には左鼻腔内にがんが見つかり、外科手術を避け、抗がん剤および放射線による治療を行っていました。

その後も闘病しながら活動を続けていましたが、体力の低下を感じて2016年3月27日に入院、4月5日に一旦退院して在宅介護に切りかえたものの、在宅介護の医療機関によるモルヒネ系鎮痛剤の誤投与により極端な体力減退に陥って4月11日に都内の病院に緊急入院。

5月下旬には集中治療室に入っていました。週刊現代で連載していたコラムも6月27日発行号掲載分で容態悪化を説明して、大橋巨泉さんは、「気力も体力もない」と連載を終了しました 。壮絶すぎる闘病生活でした。

大橋巨泉の死因は急性呼吸不全?

こんなにたくさんの病気で入院していた大橋巨泉さんですが、なんと最後は急性呼吸不全で亡くなってしまいました。大橋巨泉さんの10年にも及ぶ闘病生活でした。闘病虚しく2016年7月12日に入院先の千葉県の病院で帰らぬ人となってしまいました。

大橋巨泉の引退・政治家へ

大橋巨泉さんは、1960年代から1980年代にかけ、「11pm」や「クイズダービー」などの司会に起用され大ブレイクを果たしています。特に「世界まるごとHOWマッチ」では、人気絶頂のビートたけしと渡り合うほどのトーク力で視聴者の心を釘付けにする魅力がありました。

しかし、1990年にセミリタイアを宣言。人気番組の司会者から、自ら降りて世間をアッと驚かせた大橋巨泉さんでした。しかし、一方では大橋巨泉さんのような仕事を休む時期・仕事に励む時期を真似する人もでてきたといいます。

なんと、その後政治家になったものの、その活動母体の民主党との意見の相違により僅か半年で議員を辞職しました。知名度の高い大橋巨泉さんだっただけに、かなりの議論を呼ぶ辞職となりました。記憶に残っている人も多いのでしょうか?

オーケープロダクション・OKギフトショップ年収は?

大橋巨泉さんは、政治家だけでなく経営者としての顔も持っていました。オーケーギフトショップというお店と、オーケープロダクションという芸能事務所を経営していました。設立当初は『大橋巨泉事務所』だったのですが、巨泉さんが参院選に出馬した際現在の名に変わったそうです。

大橋巨泉の死去や妻のまとめ

大橋巨泉さんの嫁と子供、死去前の誤投与について今回はまとめました。いかがでしたか?長い闘病生活で苦しんでいた大橋巨泉さん。がんのみではなく、たくさんの病気をしていたのですね。長い間お疲れ様でした。ご冥福をお祈りします。