死去した桑名正博とアン・ルイスの離婚理由は?息子は?アン・ルイスの現在は?

脳幹出血による心不全で59歳の若さで死去した桑名正博さんは、生前、1970年代から1980年代に活躍した歌手のアン・ルイスさんと結婚し、そして離婚しました。ここでは離婚に至った理由や生前の桑名正博さんの生き様などを掘り下げます。

死去した桑名正博とアン・ルイスの離婚理由は?

59歳で亡くなった桑名正博さんとアン・ルイスさんは、元夫婦ですが、桑名正博さんとアン・ルイスさんが離婚にするに至った理由とは何だったのでしょうか。また、桑名正博さんは酒癖が悪く事件を起こしていますが、それはどんな事件だったのでしょうか。そしてアン・ルイスさんの現在はどんな暮らしを送っているのでしょうか。

桑名正博のプロフィール

  • 本名:桑名正博
  • 生年月日:1953年8月7日
  • 死没念:2012年10月26日(享年59)
  • 出身地:大阪府大阪市天王寺区
  • 学歴:甲南高等学校(兵庫県)中退
  • 1830年から続く廻船問屋「桑文」(現・桑名興業)の7代目跡取りとして生まれます
  • 勝山幼稚園、大阪市立住吉小学校、兵庫県芦屋市の甲南中学校に入学し、後に大阪市立阪南中学校に転向します
  • 1970年、アメリカ合衆国サンフランシスコへ渡米します
  • 1971年、帰国後、ロックグループ、ファニー・カンパニーを結成します。内田裕也が”東のキャロル、西のファニカン”として売り出します
  • ファニー・カンパニーは1974年に解散します
  • 1979年、「セクシャルバイオレットNo.1」がチャート1位を獲得する大ヒットとなります
  • 1980年、アン・ルイスさんと結婚します
  • 1984年、アン・ルイスさんと離婚します
  • 東京を拠点に活動をしていましたが、父親の死後、遺志を継ぎ1990年から大阪に拠点を移します
  • 200年、桑名興業の社長に就任します。しかし、バブル崩壊のあおりを受けて桑名興業は倒産します
  • 2006年、軽井沢に転居します
  • 2012年7月15日に大阪市内の自宅で脳幹出血で倒れ、意識不明の重体になります。懸命の治療にもかかわらず10月26日に死去しました
  • パソコンやプログラミングに精通していました
  • 外車好きでした

内田裕也と樹木希林夫婦の現在は?驚愕の結婚生活の実態に迫る!

内田裕也の若い頃とは?破天荒と言われる伝説と画像がやばい!!

桑名正博とアン・ルイスの離婚理由は?①姑との確執!

まず、桑名正博さんの母親、つまり、アン・ルイスさんには姑にあたりますが、アン・ルイスさんと姑との確執がありました。実家が資産家だった桑名正博は大事な跡取り息子でした。姑はアン・ルイスさんのことを「満足に子育てもできない夜遊び好きな女」と見ていたそうです。

アン・ルイスさんも姑たちを「あの人たちの顔を見るのも嫌」「息が詰まりそうになる」と感じていました。これでは嫁姑の関係が上手くゆくはずもありません。ついにはアン・ルイスさんの心は折れてしまって桑名正博さんと離婚することになりました。

桑名正博とアン・ルイスの離婚理由は?②桑名正博の酒癖の悪さ!

次に、夫である桑名正博さんの酒癖の悪さです。桑名正博さんの酒癖の悪さは有名で、暴力をふるったこともあったそうです。また、1981年9月、モデルをしていた19歳の女性に対して強制わいせつ容疑で逮捕されたことがあります。これは示談が成立し不起訴処分になりました。

同年12月25日には実家の大阪の自宅で大麻パーティーを開き麻薬取締法違反の容疑で取り調べを受けています。桑名正博さんは供述で大麻を使用したことを認めています。それらのことに対して嫌気がさしたアン・ルイスさんは離婚を決意し、桑名正博さんと1984年に離婚しました。

桑名正博の実家は1830年から続く廻船問屋!

桑名正博さんの実家は1830年から続く廻船問屋で、桑名正博さんは7代目の跡取り息子でした。家庭には2人の女中がいて、家族は両親と妹の4人でしたが、700坪の邸宅で暮らしていました。しかし、バブルが崩壊するとそのあおりを受けて会社は危機を迎えていました。

桑名正博さんが後を継いだ時にはもう手遅れで、700坪の邸宅を売って立て直そうとしましたが倒産します。なぜ、バブルのあおりを受けたかというと、港湾荷役、建設業、倉庫業を営む中堅企業でしたが、ゴルフ場経営に手を出したのが致命傷になりました。バブル時代は誰もが浮かれていて、不動産事業などに手を出して、大やけどを負っています。

桑名正博は大麻使用の麻薬取締法違反で逮捕される!

1977年9月桑名正博さんは大麻とコカインの使用で書類送検されました。桑名正博さんはコカイン常用の証拠隠滅を図ったとして10月12日麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役2年執行猶予3年の有罪判決を受けたのです。生前、「ファニカン(ファニー・カンパニー)のメンバーはみんなドラッグをやっていた」と話していました。

また、桑名正博さんは大阪万博(1975年)でアルバイトしてたのですが、「大阪万博のときみんな持ち込んでた。毎日どっかのパビリオンが主催でパーティーをやってて、カナダ館のコンパニオンとかとパーティーをやるとドラッグが回ってきた」と話し、逮捕の時は、「なぜ今ごろ?と思った」「ドラッグで死にかけた」とも話していました。

桑名正博の長男は美勇士!

桑名正博さんの長男は、アン・ルイスさんとの間に生まれた美勇士(みゅうじ)さんです。本名は桑名・美勇士・ジュリアンと言い、君をつけるとミュージックと聞こえるからというのが、美勇士の名前の由来だそうです。美勇士さんの生年月日は1981年5月8日ですので、現在、37歳です。ミュージシャンの美勇士さんはすでに結婚しています。

美勇士さんの嫁は日向燦さんで元宝塚の花組です。男役として「ベルサイユのばら」などの舞台に出演、2009年の公演を最後に退団しました。美勇士さんとの出会いは2011年に舞台で共演したことです。4人の子供に恵まれていますが、美勇士さんは安定した収入がなく、日向燦さんが自由が丘にメロンパン屋を開いています。

アン・ルイスの現在は?

アン・ルイスさんは、現在、生活拠点は母国のアメリカ合衆国ロサンゼルスにあります。数年に一度一人息子の美勇士さんに会いに来日しているそうです。アン・ルイスさんが生活の拠点をロサンゼルスに移したのはパニック障害を患ってからです。「六本木心中」など20代、30代にヒットを連発し多忙な日々を送っていました。

しかし、現在、アン・ルイスさんは静かな生活を送っているようで、美勇士さんの話によると「母は一生一人で生きていく」と語っています。多分、桑名正博さんとの結婚生活に疲れたことと今もなお、心のどこかでは桑名正博さんを愛していて、結婚しないのかもしれません。桑名正博さんが亡くなった時、号泣したと言われています。

桑名正博の別の顔!

桑名正博さんには無頼派のようなイメージがありますが、桑名正博さんは、生前、社会活動家の顔を持っていました。障害のある子どもへの支援事業や海外の戦地の子供たちへの支援活動やチャリティー、そして捨て犬の里親探しの財団を設立するといった活動を約20年にわたって行ってきました。売名行為になるからとアピールはしませんでした。

桑名正博の波乱万丈の一生!

桑名正博さんは逮捕されたりと波乱万丈の一生を送りました。実家の由緒ある廻船問屋の倒産、アン・ルイスさんとの結婚、そして離婚、その後の再婚や離婚の繰り返しなど、大分「派手」な一生を送ったように見えますが、桑名正博さんはシャイな性格で、社会活動家の顔は表に出しませんでした。桑名正博さんの「月のあかり」は名曲です。