トラブルメーカー和泉元彌のダブルブッキング事件とは?現在の母・嫁・収入は?

狂言師として活動する和泉元彌さんですが、これまでに色々なことで世間を騒がせて、批判を浴びてきました。そんな和泉元彌さんは現在テレビでその姿を見ることはありませんが、何をしているのでしょうか。今回、和泉元彌さんの現在と奥さんや子供についてもまとめてみました。

和泉元彌と嫁の現在がやばい!

和泉元彌さんは、お母さんの和泉節子さんの反対を押し切って奥さんと結婚しましたが、結婚後に2人が別居していることが報道されました。別居騒動もあり、世間では離婚も噂されてきました。そんな和泉元彌さんと、奥さんの現在はどうなっているのでしょうか。

羽野晶紀の家族の和泉元彌と子供について!夫の嫉妬がすごい?姑・和泉節子との関係!

和泉元彌のプロフィール

  • 本名:山脇 元彌(やまわき もとひさ)
  • 生年月日:1974年6月4日
  • 出生地:岐阜県
  • 国籍:日本
  • 血液型:A型
  • 職業:狂言師(自称和泉流二十世宗家)、俳優、尚美学園大学講師
  • ジャンル:舞台、テレビ番組など
  • 活動期間:1977年 – 現在
  • 活動内容:1977年:初舞台
  • 配偶者:羽野晶紀

(引用:Wikipedia)

和泉元彌さんは、1歳半よりお父さんの和泉元秀さんの元で狂言を学び、1977年の3歳の時に「靫猿」で初舞台を飾りました。その後幼いながらも狂言師として活躍してきました。1995年の父の死後に「和泉流二十世宗家 和泉元彌」を名乗りましたが、能楽協会・能楽宗家会・和泉流職分会は和泉元彌さんを宗家とは認めませんでした。

2002年には、能楽協会から退会処分を受けたので、能楽協会関連の舞台には立てず、能の間に演じる「間狂言(あいきょうげん)」を演じることはできなくなりました。一時期、プロレスラーやタレントとしても活動していましたが、今ではテレビで見ることはあまりありません。

野村萬斎の妻や息子はどんな人!?息子が通っている学校とは?

和泉元彌の現在の収入源は?!

これまで、世間を騒がせてきた和泉元彌さんは、現在テレビ出演はされていないようで、見る機会も減りました。そんな和泉元彌さんの現在の収入源はどうしているのでしょうか。現在の主な活動は、歌やトークを交えたショー形式の狂言ライブと狂言教室とのことで、そこが収入源になっているでしょう。

和泉元彌と嫁の羽野晶紀の現在は?離婚の噂も?

2002年に親の反対を押し切り結婚した2人ですが、その二人の間は順調ではありませんでした。伝統的な文化を引き継いでいる和泉家では多くのルールがあり、「嫁の車の運転禁止」「ノースリーブ着用禁止」という禁止事項がありました。

その他「芸能界の仕事を辞めるという条件」もあり、羽野晶紀さんは結婚を機に、芸能界を一度辞めています。それでも、姑の嫁いびりは続き、和泉家で行われる家族会議にも入れてもらえなかったそうで、羽野晶紀さんは、ストレスで蕁麻疹までできてしまったそうです。

そんな、生活に耐えれなくなったのか、2007年9月に和泉元彌さんと羽野晶紀さんの別居報道が流れました。その後、和泉元彌さんは、羽野晶紀さんの家に通い、いつしか別居は解消されたそうですが、実際は、和泉元彌さんの狂言の儀式のための別居だったようです。

和泉元彌と嫁の羽野晶紀の子供は?

和泉元彌さんと羽野晶紀さんの間には、2002年5月に誕生した長女の采明(あやめ)ちゃんと2004年7月に誕生した長男の元聖(もときよ)くんの2人の子供がいます。2人とも羽野晶紀さんのブログやメディアに登場したこともありますが、かなりの美男美女です。

和泉元彌のダブルブッキング事件が話題に!

2002年7月27日にその事件は起きました。和泉元彌さんのスケジュールは、こなすことが不可能なほどあり得ないことになっていて、午前9時10分に「岐阜県可児市の文化創造センターで公演」が終了後に午後0時30分「東京新宿コマ劇場公演『天翔ける獅子ー義経と弁慶』開演」という過酷なスケジュールでした。

岐阜から東京までは、3時間以上はかかり、駅までの移動時間や、公演の準備なども含めると、完全に次の公演には間に合わないスケジュールとなっていました。色々な騒動で世間から批判を浴びていた和泉元彌さんは、ダブルブッキングのスケジュールを断ることができなかったようです。

岐阜から東京までヘリコプターや小型ジェット機を使った?

これまでに世間を騒がせてきた和泉元彌さんは、ダブルブッキングを断れず、この不可能なスケジュールをどう対処したのでしょうか。和泉元彌さんがとった行動は、岐阜から東京までヘリコプターや小型ジェット機で移動したとのことです。

ヘリコプターや小型ジェット機で移動時間を短縮し、次の東京新宿コマ劇場公演『天翔ける獅子ー義経と弁慶』開演にもなんとか間に合い、不可能なスケジュールをなんとかこなしました。世間の批判を受けいるため、これ以上失点できないととった行動ですが、そのために多大なお金をかけるということも大騒ぎになっていました。

ダブルブッキングは母でマネージャーの和泉節子が原因?

この不可能なスケジュールを管理していたのは、お母さんである和泉節子さんでした。その和泉節子さんのスケジュール管理がかなりひどかったようで、管理の仕方も紙にメモのようにササッと書いているだけの酷いものだったそうです。

きっちりとした時間管理もできていなかったため、このようなダブルブッキングに繋がったわけですが、これまで和泉元彌さんが起こしてきた騒動は、全てお母さんの和泉節子さんが関わっていて、和泉元彌さんが可哀想なきもします。

和泉元彌はこれまでの事件で世間を騒がせている

和泉元彌さんは、これまでに世間を騒がせてきて、多くの批判を浴びてきました。視聴者の評判がよくないため、テレビでの活動も少なくなり、現在ではテレビで姿を見ることは、ほとんどなくなりました。和泉元彌さんは今までどんな騒動を起こしてきたのでしょうか。

和泉元彌のトラブル1:テレビで話題になったお家騒動!

騒動の始まりは、お父さんの和泉元秀さんが、和泉流十九世を名乗る前から原因はありました。その時も、中絶した宗家を三宅藤九郎家の長男・元秀さんと野村万蔵さんの四男・野村四朗さんの間で争いがあったようです。

和泉元秀さんが宗家になってからも実弟の波紋騒動や独断で伝統を破り、娘2人を狂言師にするなどの行動が問題になってきたそうです。そして、そのお父さんが亡くなった後、和泉元彌さんが和泉元彌が和泉流二十世宗家を名乗ったそうですが、必要な手続きを踏んでいなかったため、能楽宗家会の承諾されていなかったことが判明しました。

和泉流職分会大多数は、実力をつけてからの襲名をと反対しましたが、和泉家は反対も聞き入れず、「和泉流二十世宗家 和泉元彌」を商標登録することにしたそうです。その後も公演を直前でキャンセルしたこともあり、2002年、能楽協会から退会処分を受けました。

和泉元彌のお騒がせ2:駐車違反で逮捕?!

和泉元彌さんのお騒がせ事件の2つ目は、駐車違反で逮捕されたことです。和泉元彌さんは、時間料金払い式のパーキングエリアで、規定の60分超過し違法に駐車していたそうです。そこで、警察が6回も出頭要請したにもかかわらずそれに応じず、反則金を払わないことから逮捕に踏み切ったとのことです。

和泉元彌さんは逮捕され、取調べに対し「仕事が忙しかった」と話していたそうです。そして、和泉元彌さんは、同日に略式起訴され、簡易裁判所から罰金1万円の略式命令を受けました。その略式命令に応じたため、釈放されました。

和泉元彌のお騒がせ3:所得隠し疑惑が浮上?!

この所得隠し疑惑は、「株式会社和泉宗家」で起こった出来事です。この疑惑の内容は、ファミリーで運営する㈱和泉宗家が5年に渡り、和泉元彌さんの出演料や講演料などのギャラをメイン口座とは別の口座に振り込ませていたということで問題になりました。

メイン口座ではなく、別口座に振り込ませていたということで、国税局から意図的な隠蔽とし、所得隠しを指摘されました。申告漏れの総額は2億数千万円にのぼっていたとのことです。和泉宗家は東京国税局の調査を不服とし、異議申し立てを行いましたが、1億円以上の追徴課税額を受けました。

和泉元彌の姉は現在女狂言師として活動中?!

和泉元彌さんの2人の姉さんは、お父さんの独断で女狂言師になったそうです。女性が狂言を学ぶのは特に問題はないようですが、伝統として、女性は狂言師にはなれないとあるのですが、それを押し切って和泉元秀さんは、お姉さんを狂言師にしています。

多くの騒動があったがいまは家族で幸せそうに暮らしている

和泉元彌さんは、色々と世間を騒がせてきましたが、現在では、羽野晶紀さんと子供と幸せそうに暮らしているようです。羽野晶紀さんも芸能活動を再開し、和泉元彌さんの束縛を面白おかしくネタにしていたので、現在の関係は良好そうです。和泉元彌さんの今後の活躍にも期待です。