虚血性心不全ってどんな病気?前田健が亡くなった死因と原因はなんだったのか? エンタメ

虚血性心不全ってどんな病気?前田健が亡くなった死因と原因はなんだったのか?

「あやや」こと松浦亜弥さんのものまねで大ブレークしお茶の間の人気者になった前田健さん。そんな前田健さんの突然の訃報はみなさんの記憶にもまだ新しいのではないでしょうか。今回は前田健さんが亡くなった死因と原因について詳しく調べてみました。

前田健が亡くなったのはいつ?

前田健さんが亡くなったのは2016年4月26日です。午後7時過ぎに新宿三丁目の路上で突然倒れ、偶然通りかかったという医大生が心臓マッサージやAEDで手当てをされたそうですが病院に搬送され、2日後の26日に44歳という若さでお亡くなりになりました。

前田健のプロフィール

  • 生年月日:1971ね6月14日
  • 出身:東京都杉並区
  • 血液型:O型
  • 身長:174cm
  • 事務所:ケイダッシュステージ
  • 最終学歴:東京都立農芸高等学校卒業

高校卒業後、4年間マンハッタンに在住し、ブロードウェイダンスセンターでダンスと歌のレッスンを受けていた前田健さん。英語も得意で渡米していた4年間の経験が帰国後に日本で人気者になるきっかけとなったのではないでしょうか。

前田健の略歴

1994年に帰国するとタレントとして活動を始めます。テレビ番組『ものまねバトル』に出演し渡辺真知子さんの歌マネを披露すると一気に注目され、その後も女性シンガーのものまねで一躍お茶の間の人気者になります。

最も注目を浴びたのが「あやや」こと松浦亜弥さんのものまねで、松浦亜弥さん本人から「似ている」と認められていました。のちに人気アニメ「プリキュア」のダンスの振付を担当したり、俳優としてドラマなどで活躍もされています。

前田健が亡くなった死因はなに?

前田健さんの死因は「虚血性心不全」でした。心不全、ということは心臓の病気ということでしょうか?あまり聞きなれない病名ですが一体どんな症状でなにが原因なのでしょうか?前田健さんが亡くなったときと照らし合わせながら詳しく調べてみました!

前田健の死因となった虚血性心不全ってどんな病気?

(心筋)への血流が阻害されることにより起こる心臓病の総称。心筋に栄養を送る血管である「冠状動脈」が、動脈硬化などを原因とし狭窄(きょうさく)・閉塞することで発症する。虚血性心疾患とも言われ、代表的なものとして狭心症心筋梗塞(こうそく)がある。胸部の苦悶感や激しい痛み、悪心・嘔吐(おうと)などが起こり、多くは早期に適切な対処を行えば救命される。しかし急激に心臓の機能が低下し数分で心肺停止した場合には、すぐに救命措置を行ってもほとんどの場合救命できない。このようにして死亡に至った場合、特に虚血性心不全と呼ばれることが多い。

https://kotobank.jp/word/%E8%99%9A%E8%A1%80%E6%80%A7%E5%BF%83%E4%B8%8D%E5%85%A8-1726909#E7.9F.A5.E6.81.B5.E8.94.B5mini

虚血性心不全は心筋梗塞などの心臓病の一種のようで、助かる可能性もあるようです。しかし、前田健さんは周りの人の手当てがあったにもかかわらず亡くなってしまいました。もしかしたら前田健さんは虚血性心不全になりやすい人だったのではないでしょうか?

虚血性心不全が死因となる原因は?

虚血性心疾患の原因は1つではありません。冠状動脈をはじめとする動脈を硬くし、心筋梗塞や狭心症を起こしやすくする危険因子としては、「高血圧」「高脂血症」「喫煙」「ストレス」「肥満」「糖尿病」「高尿酸血症」などがあげられます。このうち「高血圧」「高脂血症」「喫煙」は心筋梗塞の三大危険因子と呼ばれるもので、これら危険因子が1つもない場合に比べて、どれか1つあれば2倍以上、2つあれば約5倍、3つともあれば10倍以上も心筋梗塞が発生する率が高いという調査結果があります。

http://www.eisai.jp/diseases-and-symptoms/detail/pbaid_3_nodeid_213_faqid_226_detail.html

虚血性心不全になる原因になる病名がたくさんありますが、なんとなく知っているというだけでどんな病気なのか詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?今回はあまりよく知られていない「高脂血症」「糖尿病」「高尿酸血症」について調べてみました。

虚血性心不全が死因となりやすい病気①高脂血症

血圧が高いとか低いとか聞くことはありますが詳しく分かる方は少ないのではないでしょうか。心臓は1日に10万回鼓動すると言われ、鼓動を打つたびに全身に血液を送る役割をしています。そのときに血管にかかる圧力のことを血圧と言います。

「高血圧」とは運動後やストレスなどで一時的に血圧が上昇するのが、何もない状態でも慢性的に起こることを言います。原因として、血液の増加や大動脈の硬化や劣化、指先などにある細い血管に血が流れにくくなるなどがあります。高血圧はいろんな要因が考えられるので原因を特定できにくい特徴があります。

予防・治療法は?

「高血圧」は生活習慣の乱れや喫煙などが発症の原因とされています。普段から適度な運動と食生活の見直しをし、ストレスの原因となることを排除していくことで予防できるそうです。治療に関しても、運動と食事療法が中心となります。忙しくて時間のない人でも軽い運動から始めてみてはいかがでしょう。

虚血性心不全が死因となりやすい病気②糖尿病

「糖尿病」は誰しも聞いたことがある病名ですね。「糖尿病」とは血液中のブドウ糖の濃度が上がる病気なのですが、インスリンの分泌の低下や遅延が原因とされる「2型糖尿病」が代表的です。「2型糖尿病」とは遺伝的要因もありますが、運動不足や食べすぎも原因とされています。

糖尿病ときくと老人がなる病気と思われがちですが、実は最近では若い人の糖尿病患者も増えてきているそうです。外食が多かったり運動不足になりやすい若者が増えているということでしょうか。糖尿病はよく聞く病名だけに安易に考えがちですが進行すると命の危険もあるのでしっかり治療しましょう。

予防・治療法は?

糖尿病は生活習慣病の1つとされていて、ストレスや食べすぎ、運動不足が原因となっています。予防・治療するなら普段の食事内容を見直しカロリーを必要以上に摂らない、また血糖値を上がりにくくする食事方法などを心がけましょう。

虚血性心不全が死因となりやすい病気③高尿酸血症

「高尿酸血症」というと聞いたことないかもしれませんが、「痛風」という病気は知っている人は多いのではないでしょうか。「痛風」は激痛が数日続きやがて治まるものですがその原因とされるのが「高尿酸血症」なのです。

「高尿酸血症」自体には自覚症状がないので治療しない人が少なくありません。体の中では新陳代謝で発生した老廃物である「尿酸」が増えすぎている状態を「高尿酸血症」と言います。尿酸が結晶化して関節などに溜まると痛風の原因になるのですが、ほかにも尿路結石や腎臓病といった合併症も起こります。

予防・治療法は?

「高尿酸血症」の患者の多くは肥満気味の方が多く、予防・治療するにはまず体重の減量が基本とされています。減量することでメタボリックシンドロームや動脈硬化の予防にもつながり尿酸値も下がります。また、アルコールなどのプリン体の多い食べ物を摂り過ぎないことも予防の一つです。

虚血性心不全が死因で亡くなった芸能人

2017年の12月に元プロ野球で監督の野村克也さんの妻でタレントの野村沙知代さんが虚血性心不全で亡くなっています。他にもハイ・ファイ・セットの山本俊彦さんや芸能リポーターとして活躍されていた武藤まき子さんも虚血性心不全で亡くなっています。

前田健はどうして虚血性心不全になったの?

前田健さんは不整脈の持病を持っていて通院もされていたといいます。心臓がもともと悪かったらしく周りにも「心臓が悪い」と漏らしていたそうです。友人のはなわさんには5月に不整脈の手術を受けることになっていることを話されていたそうです。

前田健は乱れた食生活をしていた?

また、前田健さんは食生活も乱れていてステーキやラーメンが大好きだったそうです。ラーメンなどはとくに炭水化物や糖分が多いので虚血性心不全の原因の一つ「肥満」になりやすいですね。栄養のバランスも乱れていたそうなのでもしかしたらそれが原因の一つになったのかもしれません。

前田健さんのツイッターを見てみると、お肉やパスタなど外食しているであろう画像が出てきます。外食が悪いわけではありませんが、やはり炭水化物や糖分の多い食事が多かったみたいですね。また喫煙もされていたそうなので心不全になりやすい体質だったのかもしれません。

前田健は予防できなかったの?

前田健さんは「金曜★ロンドンハーツ」の収録中、体調不良で医師に診察を受けていたこともわかっています。しかし、前田健さんは公称で体重80kgと言われていたらしく少し肥満気味でもあったところ、食事後に血糖値が上がってしまったのではないかと思います。

外食で炭水化物や糖分の多い食事画像をよく見かけましたが、健康も意識していたようでダイエットにも挑戦していたそうです。しかし、仕事などのストレスで暴食とまではいきませんがどうしても食欲を抑えるのができなかったようですね。

虚血性心不全の予防法は?

多くの場合、虚血性心疾患には前兆としての症状があります。動悸や息切れが代表的なものでが、それを加齢によるものと思い、見過ごしてしまう人が多いのです。また狭心症の症状は胸痛と思っている人も多いのですが、痛みはなくとも呼吸が一時しにくいといった胸の違和感を感じたら、まず専門の医療機関に相談しましょう。また、四〇歳を過ぎたら年一回は定期的な検査を受けるようにしましょう。その際に、運動後にとる心電図(運動負荷心電図)も検査するとよいと思います。日頃の生活習慣の改善と定期検診を行うこと、もし高脂血症や高血圧、糖尿病があれば、その治療をしっかり行うことが大切です。

http://www.jhf.or.jp/heartnews/vol31.html

今回のことでわかったことは、虚血性心不全にならないようにするには普段から生活習慣には気をつけることが一番大切なんだということがわかりました。また、まだ若いからといって安心するのではなく、定期的な検診や体調が悪くなっても放っておかずにすぐに病院で検査を受けることが大事ですね。

前田健さんのご冥福をお祈りします

今回虚血性心不全で亡くなった前田健さん。私たちはニュースなどでその訃報を聞くまでは病名を聞いても詳しく知らないことのほうが多かったはずです。前田健さんのニュースをきっかけに自分の体と向き合って普段から健康を意識するようになった人もいるはずです。

前田健さんの訃報は突然で本当に残念で悲しい出来事でしたが、虚血性心不全というのは他人事ではない、自分には関係ないと思わずいつ自分にもふりかかるかわからない病気なんだということをしっかりと認識して、今一度健康を意識してほしいです。