ザ・スパイダースのギタリスト井上堯之が死去!死因?ジュリーは?嫁と子供?葬儀? エンタメ

ザ・スパイダースのギタリスト井上堯之が死去!死因?ジュリーは?嫁と子供?葬儀?

GSの雄、ザ・スパイダースのギタリスト、井上堯之さんが2018年5月2日に死去しました。ジュリーのバックバンドや「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)などのテーマ曲を演奏ししたりと多才でした。その他、死因や嫁や子供、そして葬儀について調べました。

目次

[表示]

ザ・スパイダースのギタリスト井上堯之の死因などについて!

1960年代に隆盛を誇ったGSの雄、ザ・スパイダースのギタリストであった井上堯之さんが死去しました。死因は何だったのでしょうか。また、沢田研二さんがソロ活動を始めたときに井上堯之バンドを結成し、沢田研二さんのバックバンドを務めました。その他に「太陽にほえろ!」のテーマ曲の演奏や作曲家としても活躍しました。

そんな井上堯之さんに嫁と子供はいるのでしょうか。いるとすれば、どんな人なのでしょうか。また、近藤真彦さんとの関係はどんなものだったのでしょうか。あまりに多才に活動していた井上堯之さんのその活動に軌跡を一つ一つ追って、調べてみました。

井上堯之のプロフィール

  • 本名:井上堯之
  • 生年月日:1941年3月14日
  • 死没念:2018年5月2日(享年77)
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 学歴:兵庫県星陵高等学校卒業
  • 高校卒業後、板前をしていましたが、テレビのオーディション番組をきっかけに歌の世界に入ります
  • ギターを独学で習得し、ザ・スパイダース時代はボーカル・リードギターを担当していました。ザ・スパイダース時代は井上孝之と名乗っていました
  • 1971年、ザ・スパイダースが解散するとPYG(ピッグ)に参加します。また、沢田研二さんのバックバンドとして活動します。PYGのボーカルの萩原健一さんが出演したドラマ「太陽にほえろ!「(作曲は大野克夫さん)のテーマ曲の演奏など、ギタリストとして多才な活動を行います
  • 1993年、大人のロックを目指すべく宇崎竜童&RUコネクション with 井上堯之を結成するも1998年に活動休止します
  • 1999年、ザ・スパイダースのメンバーだった堺正章さんとかまやつひろしさんとともに音楽カルテット、ソン・フィルトルを結成、オリジナル曲「Yei Yei」で第50回NHK紅白歌合戦に出場します
  • 2005年、俳優として映画「カーテンコール」に出演、2006年に全国映連賞男優賞を受賞します
  • 2009年1月6日、引退を発表します
  • 2018年5月2日、死去します

死去したギタリスト井上堯之の死因は敗血症?

井上堯之さんの死因は敗血症であると所属事務所が2018年5月7日に発表しました。敗血症とは細菌、特に化膿菌が血管やリンパ管に入って起こる病気です。重症化すると4人に1人はなくなる病気で、かかりやすいのは新生児と高齢者で、井上堯之さんも細菌等に感染し、重症化したものと思われます。

ギタリスト井上堯之の死因は敗血症だったが病気と闘っていた!

井上堯之さんの直接の死因は敗血症でしたが、井上堯之さんは1995年には初期の胃がんと、そして肺気腫と闘っていました。つまり、肺気腫が重症化して体力が弱り、そこへ細菌に対する体制が衰えて敗血症になって、それが重症化し、亡くなったと思われます。敗血症は他の病気にかかって免疫力が弱っている場合に重症化しやすいのです。

井上堯之はヘビースモーカー!

井上堯之さんは1日30本以上タバコを吸うヘビースモーカーだったようです。それが原因と思われますが、井上堯之さんは肺気腫になり、突然、2009年1月6日に引退を発表します。引退の理由は肺気腫の他に音楽活動に不完全感を抱いていたことが報道されました。しかし、引退を発表したときは、まだ、肺気腫の自覚症状なかったそうです。

井上堯之の葬儀は?

井上堯之さんの葬儀は近親者と近しい知人による密葬でした。生前、井上堯之さんは、大々的な葬儀は必要ないと言っていて、その遺志に従って近親者で行われました。ただ、ザ・スパイダースの仲間は、後でザ・スパイダースのみのお別れ会を行いたいとのことでした。

 1960年代にグループサウンズ「ザ・スパイダース」などで活躍し、2日に77歳で死去したギタリストの井上堯之さんの葬儀・告別式が6日、東京都内で営まれた。密葬で行われ、近親者や元スパイダースの加藤充(84)、前田富雄(69)ら約20人が参列した。

祭壇にはギターを抱えて笑顔を浮かべる遺影が飾られた。井上さんが晩年、定期的にライブを開催していた東京都杉並区のライブハウス「Terra」の店長、寺田一仁さん(64)は「日本のロックの礎をつくってくれた、憧れのギタリストでした」としのんだ。

(引用:スポニチ)

井上堯之が作曲した近藤真彦の「愚か者」で日本レコード大賞!

1987年、井上堯之さんは近藤真彦さんの「愚か者」を作曲し、日本レコード大賞を受賞しました。「愚か者」は近藤真彦さんが大人の男へと脱皮を印象付けた楽曲で、さすが、井上堯之さんの作曲の楽曲だけあって、歌謡史に残る名曲です。近藤真彦さんではなく、萩原健一さんや宇崎竜童さんが歌った「愚か者」も聴きごたえ十分です。

ジュリーこと沢田研二のバックの井上堯之バンド!ツアーも!

ザ・タイガースのジュリーこと沢田研二さんがソロで活動を始めたときにそのバックとして井上堯之バンドが結成されました。「勝手にしやがれ」「時の流れのままな」など、沢田研二さんの代表曲のバックバンドが井上堯之バンドです。当時の沢田研二さんの人気は物凄く、井上堯之バンドは1975年、沢田研二さんのツアーのバックを行いました。

井上堯之さんが音楽を担当し先ごろ亡くなった樹木希林さんが出演していたドラマ「寺内貫太郎一家」(TBS系)の「ジュリー!」というセリフが忘れられません。井上堯之バンドは沢田研二さんのバックを務める傍ら、「太陽にほえろ!」のテーマ音楽の演奏をはじめ、「太陽にほえろ!」のサウンドをすべて手掛け、その鮮烈な演奏は不滅です。

沢田研二と萩原健一のツインボーカルグループのPYG!

沢田研二さんと萩原健一さんという豪華なツインボーカルグループ、PYGで井上堯之さんはギタリストを務めていました。PYGとは「豚のように蔑まれても生きてゆく」ということに由来して名付けられたバンドで、GS時代の反動としてアイドルのような扱いに反発してのものでした。「花・太陽・雨」は今も名曲として燦然と輝いています。

井上堯之は作曲家としても超一流!

「愚か者」をはじめ、井上堯之さんは作曲家としても超一流でした。「愚か者」で日本レコード大賞を受賞しましたが、その他に井上堯之さんが作曲した楽曲は、心の琴線に触れるものばかりで、そのメロディメーカーとしての井上堯之さんの顔は、さすがとしか言いようがなく、どの曲も印象深い楽曲に仕上がっています。

井上堯之の嫁と子供は?

井上堯之さんには2人の子どもがいます。長男の井上恭太さんと次男の井上慶太さんです。井上恭太さんは俳優をしているようです。井上慶太さんはデザイナーだそうです。井上堯之さんの嫁の情報は全くなかったので、一般の人と思われます。きっと井上堯之さんはよき夫であり、父親だったのだろうと思います。

井上堯之の音楽は不滅!

「太陽にほえろ!」のテーマ音楽の演奏をはじめ、井上堯之さんの音楽は永遠に残るものだろうと思います。それだけ、井上堯之さんの音楽は普遍性があり、それは井上堯之さんの音楽が時に鮮烈で、時に心の琴線に触れる美しいメロディで、いずれの作品も上質の音楽を聴かせているのです。特に、詞の世界を壊さない作曲は、素晴らしいの一言です。