荒井注のザ・ドリフターズ脱退理由は?妻と加藤茶は?死去・死因とカラオケ店って?エンタメ

荒井注のザ・ドリフターズ脱退理由は?妻と加藤茶は?死去・死因とカラオケ店って?

ザ・ドリフターズのメンバーとして活躍されていた荒井注さん。脱退と同時に芸能界からも一度引退されていますがその後復帰、多くの人々に笑いを与えて、荒井注さんはその後亡くなられました。今回は荒井注さんの死因とこれまでのことについてご紹介していきたいと思います。

目次

[表示]

荒井注が死去!ザ・ドリフターズの脱退理由は何だったのか?

2000年2月に亡くなられた荒井注さん。ドリフターズで活躍されていましたが、ドリフターズの脱退と共に一度芸能界から引退されています。死因は何だったのでしょうか?

また、ドリフターズを脱退した理由は何だったのでしょうか?じっくり見ていきましょう!

荒井注が死去!死因は何?病院嫌いで転々としていた…

2000年に肝硬変で亡くなった荒井注さんですが、実はそれよりも2年前から肝硬変の診断を受けており、緑内障の手術も受けられていたことが明らかになっています。

荒井注さんは病院が嫌いで入院しても1週間ほどで退院されており、6ヶ所ほどの病院を転々とされていたと言われています。

肝硬変が発覚!その後最後の仕事をドリフターズとこなす

1998年、荒井注さんは緑内障の手術を受けました。その時、肝硬変だと判明しています。

その後の1999年12月、富士フイルムのCM「フジカラーお正月を写そう」に出演。最後の仕事となったこちらのCMでは、ザ・ドリフターズメンバーと共演を果たしました。

元々は荒井注さんの出演予定はなく、女優・田中麗奈さんとザ・ドリフターズの5人で七福神を演じる予定だったそうです。

しかし6人しかいなかったため、もう1人の出演者は元メンバーの荒井注さんにしようという案が出ました。

荒井注さんはそれまでドリフ関係の仕事を断り続けていたので、ダメ元だったのですが、スタッフがオファーしてみたところ快諾されたとのことです。

1999年12月の初旬に撮影されましたが、その際はメンバーと再会し昔話で盛り上がっていました。

腹水を抜きながら撮影に挑んでいましたが、それすらも笑いに変えていたそうです。

荒井注が死去!死因は肝硬変で妻は後悔していた…?

2000年、荒井注さんの体調は悪化しほぼ寝たきり生活になっていたそうです。

亡くなられた時の様子についても報道されており、その日お風呂が大好きだった荒井注さんは自宅で太平洋を見渡せるという自慢のお風呂に入っていました。

普段から1日5.6時間は入浴されるほどのお風呂好きだったそうです。

入浴中意識不明になった荒井注さん。午後11時から入浴し、翌朝午前6時半過ぎに妻・まりさんが浴室で意識不明の荒井注さんを発見し、すぐに救急隊に来てもらいましたが既に亡くなられていたそうです。

入浴中の肝不全によって死去。死亡推定時刻は午前4時半とニュースにされておりました。

妻・まりさんは普段は1時間おきに見に行っていたそうなのですが、日頃の看病の疲れてたまっていたせいか、うたた寝してしまっていたそうで…寝てしまったことをとても後悔していました。

遺体を2階の和室に安置されたときも、妻・まりさんは片時も離れなかったと言われています。

なお、遺骨についてはオーストラリア・ケアンズで散骨されました。

荒井注の死因は腹上死という噂もあった?

sasint / Pixabay

荒井注さんは歳の離れた若く、美人な妻がいたせいか腹上死だったのではという噂もありました。しかしながら死因は肝硬変であるとはっきりしています。

荒井注の死去後は?遺産相続で揉めていた?

https://twitter.com/kusoneetbokujyo/status/1244529222321762304?s=20

荒井注さんの死後、弔辞を読んだのはいかりや長介さんでした。そして、荒井注さんの妻・まりさんは遺産で親族と揉めていたと噂になったのです。

NEXT:弔辞はいかりや長介が担当!
1/4