荒井注のザ・ドリフターズ脱退理由は?妻と加藤茶は?死去・死因とカラオケ店って? エンタメ

荒井注のザ・ドリフターズ脱退理由は?妻と加藤茶は?死去・死因とカラオケ店って?

ザ・ドリフターズのメンバーとして活躍されていた荒井注さん。脱退と同時に芸能界からも一度引退されていますがその後復帰、多くの人々に笑いを与えて、荒井注さんはその後亡くなられました。今回は荒井注さんの死因とこれまでのことについてご紹介していきたいと思います。

目次

[表示]

荒井注が死去!ザ・ドリフターズの脱退理由は何だったのか?

2000年2月に亡くなられた荒井注さん。ドリフターズで活躍されていましたが、ドリフターズの脱退と共に一度芸能界から引退されています。死因は何だったのでしょうか?

また、ドリフターズを脱退した理由は何だったのでしょうか?じっくり見ていきましょう!

荒井注が死去!死因は何?病院嫌いで転々としていた…

2000年に肝硬変で亡くなった荒井注さんですが、実はそれよりも2年前から肝硬変の診断を受けており、緑内障の手術も受けられていたことが明らかになっています。

荒井注さんは病院が嫌いで入院しても1週間ほどで退院されており、6ヶ所ほどの病院を転々とされていたと言われています。

肝硬変が発覚!その後最後の仕事をドリフターズとこなす

1998年、荒井注さんは緑内障の手術を受けました。その時、肝硬変だと判明しています。

その後の1999年12月、富士フイルムのCM「フジカラーお正月を写そう」に出演。最後の仕事となったこちらのCMでは、ザ・ドリフターズメンバーと共演を果たしました。

元々は荒井注さんの出演予定はなく、女優・田中麗奈さんとザ・ドリフターズの5人で七福神を演じる予定だったそうです。

しかし6人しかいなかったため、もう1人の出演者は元メンバーの荒井注さんにしようという案が出ました。

荒井注さんはそれまでドリフ関係の仕事を断り続けていたので、ダメ元だったのですが、スタッフがオファーしてみたところ快諾されたとのことです。

1999年12月の初旬に撮影されましたが、その際はメンバーと再会し昔話で盛り上がっていました。

腹水を抜きながら撮影に挑んでいましたが、それすらも笑いに変えていたそうです。

荒井注が死去!死因は肝硬変で妻は後悔していた…?

2000年、荒井注さんの体調は悪化しほぼ寝たきり生活になっていたそうです。

亡くなられた時の様子についても報道されており、その日お風呂が大好きだった荒井注さんは自宅で太平洋を見渡せるという自慢のお風呂に入っていました。

普段から1日5.6時間は入浴されるほどのお風呂好きだったそうです。

入浴中意識不明になった荒井注さん。午後11時から入浴し、翌朝午前6時半過ぎに妻・まりさんが浴室で意識不明の荒井注さんを発見し、すぐに救急隊に来てもらいましたが既に亡くなられていたそうです。

入浴中の肝不全によって死去。死亡推定時刻は午前4時半とニュースにされておりました。

妻・まりさんは普段は1時間おきに見に行っていたそうなのですが、日頃の看病の疲れてたまっていたせいか、うたた寝してしまっていたそうで…寝てしまったことをとても後悔していました。

遺体を2階の和室に安置されたときも、妻・まりさんは片時も離れなかったと言われています。

なお、遺骨についてはオーストラリア・ケアンズで散骨されました。

荒井注の死因は腹上死という噂もあった?

sasint / Pixabay

荒井注さんは歳の離れた若く、美人な妻がいたせいか腹上死だったのではという噂もありました。しかしながら死因は肝硬変であるとはっきりしています。

荒井注の死去後は?遺産相続で揉めていた?

荒井注さんの死後、弔辞を読んだのはいかりや長介さんでした。そして、荒井注さんの妻・まりさんは遺産で親族と揉めていたと噂になったのです。

弔辞はいかりや長介が担当!

弔辞はいかりや長介さんが担当しました。志村けんさんと高木ブーさんは仕事で葬儀に参加できないこと、加藤茶さんは渋滞のせいで到着が遅れていることなどを語り、最後は「じゃあ、いずれ」と話しています。

いかりや長介さんはその後、2004年3月20日に亡くなりました。

行くな、とは言わないぜ。でも途中、気を付けてな。飲もうぜ、絶対に飲むんだよ。飲まなきゃ駄目だ。飲むんだよ。おい、飲むんだぞ! 長話すると嫌われるから、この辺でな。飲む場所はあんたが決めといてくれ。じゃあ、いずれ

(引用:Wikipedia)

そして2020年には荒井注さんの代わりにメンバーとなった志村けんさんも死去しています。

荒井注さんの死後は、いかりや長介さんが追悼の意を込めて綴った自伝の「だめだこりゃ」を出版しており、いかりや長介さんが亡くなる前に文庫化もされました。

荒井の出棺時、霊柩車のクラクションと同時に参列者全員が、荒井のギャグ「何だバカヤロウ!」を叫んで見送った。インタビューを受けた仲本工事は、「私らの方が『何だバカヤロウ!』ですよ」と泣きながら答えていた。

(引用:Wikipedia)

妻・まりと親族は遺産相続で揉めていた?

ザ・ドリフターズは全盛期、営業1回でも1800万円ほどのギャラが支払われていたそうです。

また、「8時だョ!全員集合」は1回の出演料が500万円だったという情報もありました。

これが個人個人に払われたものか、メンバー全員分だったのかは不明ですが、分け合ったとしても高収入だったことは予想できます。

Counselling / Pixabay

荒井注さんは脱退しましたが、それまでの貯金額でしょうか。3億円の遺産があったといいます。

荒井注さん死去後は遺産を巡り、親族と妻・まりさんで揉めたそうです。年下の若い妻でしたし、遺産目当ての結婚だと思われたのかもしれません。

geralt / Pixabay

しかし、遺産の多くは妻が手にすることになっています。妻のまりさんがその莫大な遺産を手にしたことでしょう。

そのような経緯があったからなのか、妻のまりさんは現在目立たぬように生活しているために、今どのように暮らしているかなどの情報が出てこないのではと言われていました。

荒井注の晩年は?妻と伊豆で過ごした?

荒井注さんはドリフターズを脱退して15年ほど経った1989年頃、伊豆に引っ越しました。伊豆はこれまでも荒井注さんの疲れを癒してくれた地だったといいます。

お金と時間に余裕があったら、伊豆に来たいと漠然と思っていた。結局お金はできなかったけれど時間はできたから伊豆へ。東京に出かけることもあるけれど疲れるといったことを話していました。

Pexels / Pixabay

首都高速では空気が変わるのを感じるそうです。おそらく排気ガスなのだろうとも語っており、伊豆に戻るとほっとすると打ち明けていました。

その後は妻・まりさんと伊豆で幸せに生活していたそうです。

荒井注の脱退理由は体力の限界?加藤茶の暴露って?!

荒井注さんの脱退理由は、体力の限界だったという説が有力視されています。また、加藤茶さんも脱退を考えていたことが判明しました。

荒井注の脱退理由は体力の問題!

今でこそ知らない人たちも増えているのですが、「8時だョ!全員集合」は当時絶大的な人気を誇る場組で、視聴率は50%以上を記録しました。

当時を生きた世代の人達は「また見たい!」と言う人がほとんどなのではないでしょうか?それくらい人気の番組でした。

そんな人気絶頂の1973年6月に、荒井注さんは突然の脱退を申し出たそうです。

脱退理由については、いかりや長介さんがワンマンすぎて嫌になった、ギャラが不平等だったなどなど様々な噂がありました。

いかりや長介さんは脱退を一度は止めたものの、1974年、翌年の3月にはザ・ドリフターズを脱退し、その理由として体力の限界であったことを当時報じられています。何でも疲れ切っていたそうです。

芸能関係者も、荒井注さんが疲れ切っていたのだと告白していました。年齢は40代半ばで、加藤茶さんは15歳下でした。一緒になって毎週舞台で飛び跳ねるのがキツイと感じていたといいます。

また、そんなに欲がある人物でもなかったので、ここらで十分と思ったのではとも言われていました。

そして、いかりや長介さんも、荒井注さんが俺はもう十分働いた。自分でもこんなに働く人間だと思わなかった。もう遊びたいと話していたことを明らかにしています。

今すぐに脱退するとなると迷惑になるだろうから、残り半年は奉公すると告げられたそうです。

そうして脱退したのち、いかりや長介さんの付き人っだった志村けんさんが新たに「ザ・ドリフターズ」に加わっています。

加藤茶も脱退を考えていた?

実はこの脱退、荒井注さんだけではなく加藤茶さんも考えていたそうなのです。

当時二人で脱退話をしに行く筈だったのですが、荒井注さんが先に話をしてしまった為、加藤茶さんは言い出しにくくなり結局残ることに。

もしこの時一緒に加藤茶さんも抜けていたら「かとちゃんペッ」など無かったのかもしれません。

荒井注と加藤茶はいかりや長介が嫌いだった?

荒井注さんと加藤茶さんは、当時いかりや長介さんのことをかなり嫌っていたのだという説がありました。

その理由は、いかりや長介さんが支払われるギャラの9割を得ていたからで、故に脱退したのだとも言われています。

加藤茶さんはいかりや長介さんの車のホイールにおしっこをかけ、錆びさせたという噂もある程でした。

ザ・ドリフターズのことを考えて身を引いたという説も!

YanethLotero / Pixabay

荒井注さんは、リーダーのいかりや長介さんより年齢が上だったことを気にしていたと言われています。

年齢が原因なのかは定かではありませんが、いかりや長介さんが荒井注さんに遠慮をしていたといい、そのせいでザ・ドリフターズが進歩しないと考え、脱退することを選んだという説もありました。

荒井注の脱退&引退するも復帰?!ドリフと共演していた!

272447 / Pixabay

荒井注さんは脱退後、俳優としてドラマに出演していました。ザ・ドリフターズとの共演も果たしています。

脱退後にザ・ドリフターズと共演!

ザ・ドリフターズを脱退し同時に芸能界も引退した荒井注さん。ところが半年ほど経ったころに芸能界に復帰されました。

引退後は大学時代の友人宅を尋ねたり、全国に飛び回って釣りを楽しみ、釣りライフを満喫されていたようです。

そんな時に、プロデューサーのオファーによりテレビドラマ「時間ですよ・昭和元年」の出演依頼がきたのでした。

この出演依頼について悩み、いかりや長介さんに相談したところ「ぜひ出るべき」と進言され俳優として再び芸能界に戻ってきたのです。

この復帰にドリフメンバーが怒っていると報道されましたが、デマですね…いかりや長介さんの言葉のお陰で復帰しているようなものですので…。

Pexels / Pixabay

その後俳優として、お笑いタレントとして幅広い活動をされていた中で、ザ・ドリフターズの番組にもゲスト出演し共演した荒井注さん。

「仕事減ったからまたドリフターズに入ろうかな」といった相変わらずのキャラを炸裂する外、脱退についてもネタにされているので関係は良好そうです。

荒井注は脱退後、志村けんの加入を予想していた

荒井注さんは脱退後に、志村けんさんがメンバーに加入することを予想していたそうです。

志村はコントも音楽のセンスも実にいい。ふだんは物静かなのに本番では居直ったように弾けて魅力を発散する。これは天性のもの。俺が辞めた後、長さんは迷わず志村を選ぶと信じていたね

(引用:zakzak)

暇になり復帰を望んだという噂もあった

荒井注さんは復帰したものの、仕事があまりなく暇で、ザ・ドリフターズの面々に会い「俺を戻せ馬鹿野郎」と言ったという噂がありました。

この高飛車発言によりドリフからは永久追放となったと言われていますが、あくまで噂なので真相は不明です。

荒井注がザ・ドリフターズに入ったきっかけは?

荒井注さんがザ・ドリフターズに入ったきっかけは、いかりや長介さんです。

1964年にトリスのおじさんみたいな面白い顔をした人物がいるということを噂で聞いたいかりや長介さんが、荒井注さんをスカウトしたことが事の始まりでした。

しかし、いかりや長介さんは荒井注さんの身長が低いことやピアノの演奏力をちゃんとチェックしておくべきだったと後悔されていたことを、自伝にて書いていました。

とはいえ、荒井注さんのキャラクターはとても良かったし、ザ・ドリフターズに必要な人材だったと思いますので、失敗でもなさそうです。

荒井注がザ・ドリフターズに隠し事?年齢をサバ読みしていた?!

実は荒井注さんは、ザ・ドリフターズのメンバーに隠し事をされていたそうです。それは当時年齢を6歳もサバ読んでいたこと!

実際はいかりや長介さんよりも3歳年上の年齢だったのですが、リーダーがいかりや長介さんなのに、リーダーの年齢をより上の存在がいればリーダーが立たないという理由からのようです。

しかしこれについて、いかりや長介さんの意見は「荒井注は女性にモテたかった」というコメントを残されているそうです。

いかりや長介さんのことを気遣ってサバ読みされたのか、女性からモテたくてサバ読みされたのか…もしくはその両方か……真相は不明のままです。

NEXT:荒井注はカラオケ店経営を断念していた?現在廃墟に?
1/2