松井怜奈は本当の鉄道オタク!?元SKE48で鉄道ファンの反応は!? エンタメ

松井怜奈は本当の鉄道オタク!?元SKE48で鉄道ファンの反応は!?

元SKE48の人気メンバーで、現在は女優として活躍中の松井玲奈さん。最近ではファンだけでなく一般にもかなりの鉄道オタクである事が知られています。今回はそんな松井玲奈さんの鉄道愛をまとめる共に、好きが高じて鉄道関係の仕事にも多く挑戦する最近の様子も紹介します。

目次

[表示]

元SKE48松井怜奈はガチの鉄道オタク!

SKE48で人気メンバーとして活躍していた頃から、松井玲奈さんの鉄道好きはファンの間でよく知られていました。アイドルになってから鉄道にはまったという事もあって、当初はキャラ作りのためのにわかオタクなのでは?との疑念も湧き起こりましたが、年々その知識は深みを増し、様々なシーンで鉄道ネタを披露しています。

現在ではそのオタクぶりは古くからの鉄道ファンにも認められつつあり、一部の間では鉄道オタクのマドンナとも称されている様です。また、鉄道絡みの多くの仕事にも挑戦しており、一般的にもその鉄道好きぶりが認知されつつある様です。今回はそんな松井玲奈さんの鉄道オタクぶりを詳しく紹介します。

松井怜奈のプロフィール

  • 生年月日:1991年7月27日
  • 出身地 :愛知県
  • 血液型 :O型
  • 身長  :162cm

松井玲奈さんは、お兄さんの影響で幼少の頃からアニメや少年漫画、ゲームなどに興味があるオタク気質な一面があった様です。中学時代にAKB48がテレビで活躍するのを見て「2次元ぽい」との印象を持って興味を持ったのだとか。2008年名古屋でSKE48が発足すると聞いてオーディションに応募、見事合格を果たしデビューます。

その後すぐに人気メンバーの一人となり活躍します。2014年には交換留学という形で乃木坂46兼業としても活動開始、2015年に惜しまれつつもグループ卒業となりました。卒業後は女優として活動しています。プロ意識の高さに定評があり、挑戦する事が好き、やるとなったら真剣に取り組んで突き詰めていく性格なのだそうです。

松井怜奈が鉄道オタクになったきっかけとは!?

松井玲奈さんが鉄道にはまったのは2011年頃、SKE48のメンバーとしてアイドル活動を開始した後の事です。仕事でJR東海の鉄道博物館「リニア・鉄道館」に訪れた際にそこで保存されていた0系車両について、係りの人に「新幹線には色々な顔がある、この0系はコアラに似てる」と教えてもらいそれが興味を持つきっかけになったのだとか。

リニア・鉄道館に仕事で取材に来たときです。係の人に「新幹線にはいろんな顔があって、この0系はコアラに似ている」と教えくれた。確かにホントにそう見えるんです。丸い鼻があって眼があって、コアラみたい。

自分が乗っていた新幹線にこんなにいろんな顔があるんだ、と初めて知りました。今では0系の窓の部分が斜めになっているのが”困り顔”のように見える。愛おしいです。

(引用:東洋経済オンライン)

新幹線の顔が可愛いと感じた事がその後の興味に繋がった様です。きっかけはアイドルらしくて可愛いですが、その後どんどんその興味を突き詰めて行った事で、古くからの鉄道オタクにも認められていきます。鉄道に真剣に向き合う姿勢が好感を持って受け入れられたんでしょうね。

松井怜奈はその後勉強し古参の鉄道ファンの心も掴む!

松井玲奈さんはその後鉄道を好きになった事を度々公言し、その想いをSNSなどでも熱く語った事でファンからも鉄道好きを認知されていきます。また、鉄道に興味を持った後の勉強熱心な様子が従来の鉄道ファンの心も掴み、列車ごとの細かいディティールや走る音、匂いにまで言及する様子には「本物の鉄道オタ!」と絶賛されます。

松井玲奈さんが鉄道オタクとして広く認められた背景にはこの様なひたすら細かいところにまで突き詰めて興味を持つ姿勢にあった様です。確かに、元々好きだった人からしたら生半可な知識で語られたらイラっと来そうですが、松井さんの様に興味を持って勉強していく様子を見せられたら凄く嬉しいでしょうね。

松井怜奈は鉄道の顔が好きな顔鉄!?

松井玲奈さんは最初に興味を持ったきっかけが新幹線の顔を可愛いと感じた事だったのもあってか、鉄道オタクのジャンルとしては列車の正面から見た「顔」が好きな「顔鉄」に分類される様です。乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」では、メンバーの顔を鉄道に例えるというネタも披露し話題となります。

メンバー川後陽菜は「大阪走ってる”らぴーと” 関空から出ている形の変わったやつ」と言われ「変わってる?」と苦笑い。松井は「フォルムがカワイイ」とフォローした。

西野七瀬は「埼京線っぽい。ゆったりした感じのイメージ」と言われ、困惑した表情。

白石麻衣は、「阪急電車。車両がピカピカで有名。日本一キレイって言われている電車」と言われ「えぇ~」と照れ笑い。

川村真洋は、「都営浅草線。パッと見たイメージ」と言われ「ありがとうございます…」と、苦笑いだった。

電車や新幹線に例えられても、本人は「ビミョー」な感じかもしれないが、松井の指摘はなかなか的を射ているような気がする。

(引用:IRORIO)

松井怜奈が「リニア・鉄道館」の特別親善大使に!

鉄道好きを公言する松井玲奈さんでしたが、周りに鉄道好きが知られるにつれて鉄道関係の仕事も多くなっています。2015年には松井さんが鉄道にハマるきっかけとなった「リニア・鉄道館」の特別親善大使にSKE48メンバーと共に任命されています。またJTB時刻表の表紙を飾るなど、ガチの鉄道ファンからの人気も高い事を伺わせました。

松井怜奈が長年主演する鉄道ドラマも好評!

松井玲奈さんの鉄道関係の仕事としてはメーテレが製作するドラマ「名古屋行き最終列車」があります。このドラマは2012年から毎年松井玲奈さん主演で放送されており、名古屋鉄道を舞台に毎年同じメンバーのドラマがオムニバス形式で描かれるコメディタッチのヒューマンドラマになっています。

名古屋鉄道の全面協力を受けた作品で、終電後に実際に臨時列車を走らせての撮影なども行われ鉄道ファンにカルト的な人気を誇っています。2012年最初の放送時、21歳から毎年主演する松井玲奈さんの成長物語としても楽しむ事ができます。2018年には連続ドラマ化され話題になりました。

元SKE48松井怜奈が乗車して大興奮した「或る列車」とは!?

そんな松井玲奈さんが2018年3月「或る列車」に乗車して興奮する様子をブログに投稿しています。この「或る列車」というのはJR九州が2015年から運行している豪華列車の事。金と黒の高級感あるボディが特徴的で、車内ではコース料理始めスイーツや軽食なども楽しめるのだそうです。

松井玲奈さんは「笑神様は突然に…」での人気企画鉄道BIG4のロケでこの列車に乗る機会があったそうで、豪華でレトロな内装に松井玲奈さんが立つと雰囲気抜群ですね。次は月ごとのスイーツを食べるためにプライベートで来たいとお気に入りの様子です。

元SKE48松井怜奈がドラマ海月姫で鉄道オタク役を熱演!

2018年月9枠で放送されたドラマ「海月姫」にて松井玲奈さんは鉄道オタク・バンバさん役を熱演しています。松井さんは元々原作のファンでバンバさんを演じられる事が嬉しくてオファー時には思わずガッツポーズが出たとか。また、自身も鉄道オタクという事で間違った知識を言わない様に気を使ったとの事、ここでも真摯な鉄道愛が見えますね。

まとめ:松井玲奈の鉄道愛は本物で今後の活躍に期待!

松井玲奈さんの鉄道オタクぶりに焦点を当ててきました。仕事をきっかけにして鉄道の魅力に出会い、鉄道好き歴はまだ短く、にわかに鉄道好きを公言したりすると反発をくらいそうなものですが、その後の鉄道との真摯な向き合い方で歴戦の鉄道ファンからの支持も集めています。この辺りに松井さんの人柄が出ている気がしました。

その後も数々の鉄道関係の仕事を経験し、今やその鉄道オタクぶりは広く認知されています。今後も鉄道好きアイドルから鉄道オタ女優への道を切り開く松井玲奈さんを応援していきたいと思います。