倍賞美津子の年齢は?現在は病気で元旦那はアントニオ猪木?若い頃が美人すぎる! エンタメ

倍賞美津子の年齢は?現在は病気で元旦那はアントニオ猪木?若い頃が美人すぎる!

姉の倍賞千恵子さんとともに姉妹で活躍する倍賞美津子さんの若い頃は、その抜群のプロポーションで世の男性を魅了していました。その倍賞美津子さんの年齢はいくつになったのでしょうか。現在、病気と言われていますが、どんな病気なのでしょうか。

目次

[表示]

倍賞美津子の年齢は?現在の病気の状態や若い頃は?

倍賞美津子さんの年齢はいくつになったのでしょうか。現在の様子はどうなのでしょうか。病気と言われていますが、どんな病気にかかっているのでしょうか。

そして、抜群のプロポーションで魅了し、また、豪胆な演技で名監督に好かれた倍賞美津子さんの若い頃はどんなだったのでしょうか。

倍賞美津子のプロフィールと経歴

  • 本名:倍賞美津子
  • 生年月日:1946年11月22日
  • 出生地:茨城県
  • 出身地:東京都北区
  • 血液型:B型

倍賞美津子さんには姉がいます。姉の倍賞千恵子さんも女優として活動しており、映画デビュー作などで共演しています。2000年頃には、姉妹で居酒屋を営んでいました。

倍賞美津子の年齢は?

倍賞美津子さんは、1946年11月22日生まれですので、2020年で74歳になります。

“女を描かせたなら右に出る者はいない”と言われた名監督・五社英雄に好かれるなど、女の情念を表現させたならば、倍賞美津子さんに敵うものはいないと言わしめたほどにその演技に魅了されないものはいないでしょう。

倍賞美津子は年齢を重ねるごとに演技に深みが加わる!

倍賞美津子さんは、迫真の演技で女の情念というものを表現させたならば、ピカイチでした。さらに、年を重ねるごとに倍賞美津子さんの演技には深みが増してきます。

例えばドラマ「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」(2007年)で演じたオカン役での味のある演技は好評で、新たな一面を見せました。

倍賞美津子の現在は?

倍賞美津子さんがドラマ「半沢直樹」に出演した際に、「しわ」の多さに視聴者はびっくりしたようです。しかし、しわというものは人の人生の重みを表すものです。倍賞美津子さんは、次のように語っています。

「しわには笑ったり泣いたりこれまでの人生が現れている。しわを否定すれば、自分を否定する事になる。それは嫌なんです。」

(引用:viearth)

確かに人は寄る年の波に抗ったところで勝てません。倍賞美津子さんの言う通り、しわはその人の人生をそのまま表現していて、隠しようがありません。

アンチエイジングが盛んに言われていますが、倍賞美津子さんのしわについての考え方も素敵ですね。

「下町ロケット」などの作品に出演している

倍賞美津子さんは、2015年に放送された「下町ロケット」にも出演しています。主人公の母親約を演じました。孫娘の母親代わりとして世話をする女性を演じました。

2018年に放送された「ブラックペアン」でも、主人公の母親役で出演していました。この役はドラマオリジナルの登場人物です。

2019年公開の映画である「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った」では、癌を告知された母親役を演じました。癌の告知をされた母親との日々を描いた自伝漫画が原作の作品です。

2019年11月に放送されたドラマの「ドクターX」では患者役で出演しました。

2020年の出演作品は?

2020年には佐藤健が主演する「護られなかった者たちへ」という映画や、江口洋介さんが主演の「天使にリクエストを」というドラマに重要な役どころで出演しています。

映画「糸」に出演!2021年にソフト化

倍賞美津子さんは、菅田将暉さんと小松菜奈さんが主演をした映画「糸」に出演しています。2020年に公開されたこの映画のBlu-rayとDVDが2021年2月に発売することが決定しました。

豪華版では、インタビューや未公開シーン、メイキングなどの特典映像も収録されます。

声優として出演したアニメ映画が再上映

2020年6月から、全国の映画館で「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ゲド戦記」が再び上映されました。

倍賞美津子さんは「ゲド戦記」で、模造品の生地の商売をする元まじない師の女主人の声を担当しています。

倍賞美津子は現在、病気と言われている?

倍賞美津子さんは現在、闘病中と言われています。倍賞美津子さんの病気は直腸がんで、直腸のほとんどを切除しました。

しかし、倍賞美津子さんの生きる執念は物凄く、現在も女優を現役で続けています。それは頭が下がる思いで、倍賞美津子さんの女優魂は病気でもまったく衰えることがありません。

倍賞美津子に娘はいる?

倍賞美津子さんには娘が一人います。それはアントニオ猪木さんとの間に生まれた娘で、名前を倍賞寛子さんと言います。娘の倍賞寛子さんは元女優です。

ミュージカル「アニー」のアニー役も務めたことがあり、倍賞寛子さんは結婚していて、夫はプロレスラーのサイモン・ケリー猪木さんです。

倍賞美津子は病気で娘とのきずなが深まった!

倍賞美津子さんが大腸がんにかかってから、倍賞美津子さんと娘の倍賞寛子さんのきずなはとても深まったといいます。賠償寛子さんは、倍賞美津子さんが好きな曲を病室でプレゼントしたそうです。

がん治療は、直腸を全て摘出して人工肛門をつけることにしたそうです。2ヶ月治療にかかったそうで、退院2日後にはドラマの撮影をしたと言います。

倍賞美津子の若い頃は神々しかった!

続いては若い頃の倍賞美津子さんについて注目していきたいと思います。

倍賞美津子の経歴は?

倍賞美津子さんの若い頃ということで、生い立ちから経歴についてご紹介していきます。倍賞美津子さんは幼少時に東京都北区に移住し、北区立紅葉中学校卒業後、1962年に松竹音楽舞踊学校に入学します。

1965年、松竹歌劇団に第18期生として入団し、学校生時代の舞台実習を経て、グランドレビュー”東京踊り”でデビューします。そして、新人賞を受賞し、浅草国際劇場を中心に歌とダンスで活動を続けます。

1967年には、実姉の倍書千恵子さんと異母姉妹との設定の映画「純情二重奏」で映画デビューします。1969年には、五社英雄監督の映画「人斬り」で京都市民映画祭の新人賞を受賞しています。

その後、松竹に入社し、看板女優となった倍賞美津子さんは1971年、アントニオ猪木さんと結婚します。

1979年、今村昌平監督の映画「復讐するは我にあり」でブルーリボン助演女優賞を受賞し、女優としての確かな地位を確立します。

1985年、映画「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」「恋文」の演技で、国内の映画賞を総なめにし、2002年には、映画「OUT」で田中絹代賞を受賞しています。

倍賞美津子の若い頃の画像!現在との違いは?

上の画像は倍賞美津子さんの若い頃の画像です。個性的な美人ですね。

また、現在の倍賞美津子さんの”太っ腹な母”といった柔らかい感じの味わいはなく、瑞々しさが残るその色気に魅力を感じます。これに抜群のプロポーションですから、誰をも魅了しました。

こちらの画像は倍賞美津子さんがお年を召しての画像です。その表情には、何かを達観したかのようなとても落ち着いた味わいがあります。

懐が深く、何事に対しても慌てることなく自然に受け入れるその雰囲気は、倍賞美津子さんにしか出せないもので、年を重ねるごとにますますその魅力は強まります。

倍賞美津子の若い頃の魅力は?

倍賞美津子さんの若い頃は、抜群のプロポーションで世間の男性を魅了し、また、今村昌平、黒澤明、そして五社英雄といった名監督も魅了されました。

そして、倍賞美津子さんの迫真の演技は、それら名監督のもとで磨き鍛えられ、唯一無二の世界観を表現するまでになりました。

庶民的な姉の倍賞千恵子さんとは違い、都会的な女の情念を表現するのに長けていて、独自の世界観を切り開いています。

倍賞美津子の若い頃は豪快だった!

倍賞美津子さんの魅力の一つに、豪快で太っ腹な感じがあります。それは倍賞美津子さんが若い頃はもっと弾けていて、まさに豪放磊落な女性といった形容がぴったりの女優でした。

だから、倍賞美津子さんは特に男性を魅了してやまず、姉の倍賞千恵子さんとは全く違った魅力を振りまいていました。

倍賞美津子の旦那はアントニオ猪木だった!

倍賞美津子さんは、1971年にアントニオ猪木さんと結婚します。1億円を費やした結婚式で話題になった2人は仲が良かったそうですが、結婚生活は長続きせず、1988年に離婚しました。

離婚理由はそれぞれの異性関係と言われています。前述したとおり、倍賞美津子さんとアントニオ猪木さんの間には一人娘の倍賞寛子さんがいます。

倍賞美津子の離婚はショーケンとの浮気だった!?

倍賞美津子さんとアントニオ猪木さんが離婚に至った原因の一つは、倍賞美津子さんの浮気ではないかと言われています。相手はショーケンこと萩原健一さんです。

しかし、倍賞美津子さんと萩原健一さんとの関係も長続きせず、萩原健一さんの浮気で倍賞美津子さんと萩原健一さんとの関係は終止符を打ちます。

一方で、アントニオ猪木さんも浮気現場を週刊誌に撮られています。

プロレスショップに結婚式の引き出物がある?

東京の巣鴨にあるプロレスショップでは、アントニオ猪木さんと倍賞美津子さんの結婚式の引き出物がショーケースに飾られているそうです。

その他にもアントニオ猪木さんが着ていた入場ガウンなども、ショーケースに並んでいるのだそうです。

倍賞美津子はいつまでもその活躍を期待させる女優!

倍賞美津子さんは、若い頃は女性が胸底深くに持っているどうしようもない情念を迫真の演技でもって全身全霊で表現し、女優の新たな境地を切り開きました。

それは倍賞美津子さんにしか表現できない世界観で、それは観るものを魅了してやまないものでした。

そして、倍賞美津子さんは、人生経験を積み、また、女優を長く続けてゆくうちにある境地に達したのか、若い頃とは一味も二味も違った女性像を表現しています。

それはとても懐が深い、それでいて、年相応の色気が魅力的な母としての、祖母としての女性像です。それはとても魅力的です。

現在74歳となって、病気を抱えながら女優として活躍し続ける倍賞美津子さん。これからの活躍にも注目していきましょう!