鈴木杏樹のスピード婚した最愛の旦那が死去!その死因と現在は再婚??? エンタメ

鈴木杏樹のスピード婚した最愛の旦那が死去!その死因と現在は再婚???

端正な顔立ちで気品がありとてもアラフィフには見えない綺麗さです。いつも明るく仕事を頑張っていらっしゃる女優の鈴木杏樹さんですが、15年連れ添った最愛の夫を亡くしてしまったという壮絶な過去があります。涙無しでは語れない鈴木杏樹さんご夫婦について調べました。

目次

[表示]

鈴木杏樹さんとスピード婚した旦那さんとの馴れ初めは???

女優の鈴木杏樹さんとご結婚されたお相手は医師である「山形基夫」さんです。一般の方なのですが、芸能界でも名の知れた有名な外科医だったそうです。そんな山形さんと知り合ったきっかけは、鈴木杏樹さんが番組中に腹痛を訴え病院に搬送されたそうです。腸閉塞だった鈴木杏樹さんの手術を執刀したのが山形さんだったのです!

鈴木杏樹さんの夫はどんな人???

鈴木杏樹さんの夫の山形基夫さんは、駿河台日本大学病院に勤務していました。そこへ鈴木杏樹さんが搬送され、運命の出会いとなったのです。病院では優秀な外科医として活躍されていて、乳がんの名医でテレビで紹介された程有名だったそうです。有名外科医ですが、偉ぶる事もなかったようです。

山形基夫さんは料理上手!

鈴木杏樹さんの夫である山形基夫さんは有名外科医ですが、忙しい合間に必ず病室に顔を出し、患者さんとのコミュニケーションを取りつつ体調も確認していたそうです。温厚な性格であり、患者さんやもスタッフからも人気があり信頼されていたそうです。素晴らしい、料理の腕前も凄いそうです。料理の腕前も凄く、夜勤の際には

鈴木杏樹さんと旦那さんが交際しスピード婚!!!

出会ったきっかけが、鈴木杏樹さんの手術だったとは!どこで運命の人に出会うかわからないものです。鈴木杏樹さんは山形基夫さんの包み込まれる様な穏やかな性格に心惹かれていったのでしょう。交際を経て1998年二人は結婚する事になりました。鈴木杏樹さん29歳、山形基夫さん41歳の歳の差婚となり当時ワイドショーで話題になりました。

鈴木杏樹さんとスピード婚した旦那さんとの結婚生活は???

わずか交際4か月の超スピード婚&歳の差婚で話題になった鈴木杏樹さんと山形基夫さんは、13歳の年の差は出会った時から壁などなかったのでしょう。お二人の関係はとても穏やかでお互いに尊重しあっていたそうです。おしどり夫婦と言われたお二人は、暖かで幸せに満ち溢れた結婚生活だったのでしょう。

鈴木杏樹さんの旦那さんは料理の腕も凄い!!!

鈴木杏樹さんの旦那さんである山形基夫さんは、外科医としての腕も凄かったですが実は料理の腕も凄かったそうです。夜勤の時はスタッフや患者さんにカレーライスを振る舞ったりしていたそうです。鈴木杏樹さんにも毎日お弁当を作り、鈴木杏樹さんの身体を気遣う献立を考えお弁当に詰めていたそうです。幸せ溢れる結婚生活が目に浮かびます。

鈴木杏樹さんと旦那さんと頑張った不妊治療で子供は授かった??

鈴木杏樹さんと山形基夫さんとの間には結論から申しますと、子どもを授かる事はできませんでした。最初は自然に任せる方向で結婚から5年経過しましたが、子どもには恵まれませんでした。お姑さんの「孫の顔が見たい」の声に不妊治療を開始しました。お姑さんとの関係は良好でしたが、孫の期待の声には相当なプレッシャーだったそうです。

鈴木杏樹さんの旦那さんが病気に!!!

幸せな結婚生活を送っていた鈴木杏樹さん。平穏な生活が一変してしまう出来事が起こってしまいました。夫である山形基夫さんが病に襲われてしまったのです。結婚10年目の2008年に肝臓に重い病気を抱えてしまいました。鈴木杏樹さんは当時、山形基夫さんの病名を「内臓疾患」と公表するまでにしました。お二人の強い愛の絆が感じられます。

鈴木杏樹さんの最愛の旦那さんの移植手術!そして死因とは?

肝臓の重い病気を患った山形基夫さん。治したい気持ち一心で2012年末にアメリカのボストンへ渡米しました。ボストンで肝臓移植をするためです。2013年2月に肝臓移植の予定が経っており、その日に合わせて準備を進めていたようです。

鈴木杏樹さんの最愛の旦那さんが死去。。。

肝臓移植という大きな希望に向けて、準備をしていた山形基夫さん。ようやく待ちに待った肝臓移植日の2012年2月2日。目前に迫った2月1日、手術前日という日に山形基夫さんは帰らぬ人となってしまいました。

絶望の中でもプロとして仕事に向かう鈴木杏樹さん

鈴木杏樹さんは日本テレビ「ZIP」の本番に向かう前の午前5時50分に山形基夫さんが危篤だと連絡がきたそうです。そのまま本番へ向かったそうです。本当ならボストンへも一緒に行き、危篤状態でもそばにいたかったはずです。

鈴木杏樹さんと山形基夫さんとの最後の時間

本番中にも病院から留守電が入っていたようで、その時にはもう「意識が無くなった」状態だったそうです。ボストンの医師が携帯電話を山形基夫さんの耳元へ近づけ、鈴木杏樹さんは名前を呼びかけ「ありがとう。頑張ったね」っと必死で話しかけたそうです。鈴木杏樹さんはまだ本番中だったそうで、電話の後の番組は気丈にしていたそうです。

二人の再会は無言

山形基夫さんが亡くなられた翌日2月2日に鈴木杏樹さんはアメリカのボストンへ向かいました。本来は肝臓移植の日であり無事に手術が成功する事を祈り、これからが二人の再スタートとなる日でもありました。しかし無残にも一変してしまい、鈴木杏樹さんと山形基夫さんは無言の再会をする事になるという無残で胸が張り裂けそうなつらい現実です。

最愛の夫の死因とは?

周囲の人達も二人を見ると幸せを感じられるほど、仲の良いおしどり夫婦だった鈴木杏樹さんと山川基夫さん。結婚生活15年でしたが、一生分の幸せで満ちていたに違いありません!葬儀の喪主は鈴木杏樹さんで、鈴木杏樹さんと親交のあった加山雄三さんを始め、芸能界の間でも有名だった外科医ですので大物芸能人も数多く参列したようです。

愛の絆は強かった二人

表向きには「内臓疾患」としか発表していなかった鈴木杏樹さん。しかし移植手術が肝臓移植だった事がわかり、肝臓移植をするという事は病名は「肝硬変」か「肝臓がん」ではないか?っという噂が出ていました。「山形基夫さんのプライバシーを守ってあげたい」と強い愛の気持ちで最後まで病名は公表されませんでした。

鈴木杏樹さんの今は亡き最愛の夫の患者に対する気持ち

山形基夫さんは乳がんの患者の方に生前、「僕はあともって5年の命です。本当です。でもあなたはもっと長生きしなくちゃいけませんよ。僕よりずっと生きるんです」っと言っていたそうです。この患者さんもなんと言葉を返したらよいかわからなかったそうです。

山形基夫さんの口癖とは???

山形基夫さんの口癖は「患者の病気が治るのならば、僕の命を引き換えにしてもいい」だったそうです。「良い人は神様がすぐ連れていく」という言葉を聞いた事がありますが、悲しいですがまさに山形基夫さんです。

鈴木杏樹再婚はするの?

2013年に最愛の夫である山形基夫さんを亡くされ、若くして未亡人となってしまった鈴木杏樹さん。悲しみは今なお拭いきれていないと思います。そんな中、「再婚」の噂がでているようです。単なる噂にすぎません。マスコミや噂好きの世間は、なんの根拠もない事まで広めてしまうので恐ろしいです。

鈴木杏樹プロフィール

  • 本名 山形香公子(やまがた かくこ)
  • 生年月日 1969年9月23日
  • 血液型 AB型
  • 身長 161cm
  • 出身地 大阪府箕面市
  • 職業 女優・司会
  • 所属事務所 ジャパン・ミュージックエンターティメント
  • デビュー年 1991年

出生地は大阪箕面市ですが、育ったのは兵庫県神戸だそうです。デビュー作の「あすなろ白書」でも神戸女子の上品な雰囲気がプンプンしていました。神戸にあるインターナショナルスクールの「マリスト国際学校」に通う17歳にスカウトされ、歌手を志しロンドンにある音楽学校へ留学していたそうです。

夫を亡くし5年経った今も死因を公表しない鈴木杏樹さんの現在

最愛の夫を亡くしてから早5年。愛する夫との子どもも授かる事ができず、若くして未亡人となってしまいました。夫婦で過ごした15年間はとても濃密で鈴木杏樹さんの今後の人生に彩と生きる力を与えてくれているようです。現在の鈴木杏樹さんは二人で過ごした思い出を胸に仕事を頑張っていらっしゃいます。