押尾学とホステスのMDMA服用事件の真相、出所後の現在派手な暮らしをしていた!?

2007年に女優の矢田亜希子と結婚をするも、2009年に愛人のホステスと合成麻薬MDMAを服用し逮捕された押尾学。さらに一緒にいたホステスは変死し、一気に芸能界から姿を消した押尾学は今何をしている!?今回はそんな押尾学の過去と現在を徹底調査してみました!

押尾学がホステスと起こした事件の真相とは!?①

2009年8月2日押尾学が起こした事件に世間は驚きを隠せませんでした!今でも芸能界から姿を消す押尾学が起こしたいわゆる”押尾学事件”とは、六本木ヒルズのマンションの一室で、押尾学と愛人で銀座ホステスだった田中香織が2人でMDMAを服用し、田中香織のみ禁断症状を起こして泡を吹き死亡してしまった事件です。

押尾学の現在!妻がいる?彼女がいる?再婚の噂や嫁と子供についても紹介します!

押尾学がホステスと起こした事件の真相とは!?②

この事件では、押尾学は田中香織を見殺しにしたとして保護責任者遺棄致死罪で逮捕され、自身もMDMAを使用したことによる麻薬取締法違反と合わせて3年6ヶ月の実刑判決を受けました。しかし、死亡した被害者だと思われた田中香織は、多くの暴力団組員と関係を持ち、押尾学と出会う以前から薬物使用をしていたと見られています。

押尾学は現在再婚して子供もいる?幸せな生活ぶりから考えられる仕事とは?

押尾学がホステスと起こした事件の真相とは!?③

暴力団の組長と愛人関係にあった田中香織が押尾学に近づいた理由は、押尾学のバックについている人脈が狙いだったそうで、 初めて押尾学と関係を持った時、兄貴分に対し田中香織は「食っちゃった」と話したことが法廷で証言されています。この「食っちゃった」とは成功の足がかりに押尾学を虜にしたという意味合いだと言われています。

押尾学がホステスと起こした事件の真相とは!?④

暴力団組長の愛人であり、成功のために多くの男性と関係を持ってきた田中香織のストレスはかなり溜まっていたと言われています。クラブのママの証言では薬物を常用していたそうです。田中香織が働いていたクラブのママの調書では、麻薬を普段から使用していたことが明かされており、田中香織の家宅捜査によりコカインが押収されています。

押尾学がホステスと起こした事件の真相とは!?⑤

事件の報道直後は押尾学からMDMAの使用を勧められたという印象でしたが、愛人の田中香織は普段からコカインを常用していたと言う噂で、田中香織への同情の声は少なくなっていきました。事件当時、押尾学はMDMAを1錠、田中香織さんは3錠飲んだそうで、さらにコカインを合わせて使用したのが死亡に至った原因だと推測されています。

押尾学のプロフィール

本名・押尾学/生年月日・1978年5月6日/出身地・東京都/血液型・A型/身長・184cm/体重・78Kg/所属・エイベックスマネジメント(現在退社)/活動・俳優、ミュージシャン/

押尾学の愛人ホステスの死亡した原因はMDMA中毒!?

結婚的には田中香織の死因はMDMA中毒だとされており、コカインの成分が検出されたとハッキリとした情報はなく、事件当時は押尾学とコカインを使用したと言う報道はされていません。しかし、MDMAの中には粗悪品も少なくないそうで、中には致死性の高い猛毒成分であるダイオキシンが含まれているものもあるそうです。

事件当時の押尾学の妻・矢田亜希子との出会い!

事件当時、押尾学の妻であった女優の矢田亜希子。2人は矢田亜希子が主演を務めた2005年のTBSドラマ「夢で逢いましょう」での共演がきっかけで交際に発展、2006年11月13日に結婚。清純派女優として大活躍していた時に元々素行の悪さが評判だった押尾学との結婚により、イメージが低下!一気に仕事が激減する事になっていきます。

当時、押尾学の妻だった矢田亜希子の反応は!?

矢田亜希子は押尾学との結婚から3年後の2009年、仕事が徐々に減っていく中で、さらに追い打ちをかけるような押尾学の愛人MDMA事件により芸能界でも窮地に追い込まれていきました。事件が発覚した2009年8月すぐに押尾学との離婚を発表した矢田亜希子。押尾学との結婚により最後まで振り回される結果となってしまいました。

押尾学の起こした事件は父親の影響!?

押尾学の生い立ちは決してまともな家庭環境ではなかったそうで、押尾学の半生を記した著書『A.I.G.H』では押尾学の家庭環境は裕福で恵まれており、両親からの愛情も受けていたようですが、押尾学が歪んだのは父親のせいでもあったようです。押尾学の”ビッグマウス”は父親譲りだと本人が語っていたことも関係者が明かしています。

押尾学の起こした事件は父親の影響!?②

ホテルの総支配人だったと言う押尾学の父親は、その権力を手に職権乱用し、派手な生活をしていたそうです!押尾学が犯罪に手を染めるようになった背景として父親の存在が大きかったのかもしれません。自宅の購入資金を取引先企業を便宜する代わりに出資させたり、美人のコンパニオンをホテルに出入りさせ、愛人関係を結んでいたと言われてます!

押尾学は出所後どんな生活を送っている!?

押尾学は保護責任者遺棄致死罪で逮捕され、自身もMDMAを使用したことによる麻薬取締法違反と合わせて3年6ヶ月の実刑判決。刑務所内では芸能人ということで独房に入っており、炊場工場での刑務作業をしていたそうです。2014年12月に仮釈放されると、なぜか無職の押尾学が世間がびっくりするような暮らしをしていると言われています!

押尾学は出所後に派手な暮らしをしている!?

押尾学は仮出所後にSNSなどで派手な生活ぶりを披露しており、出所からわずか8ヶ月で美女との路上キスも週刊誌にスクープされました。押尾学は仮出所後、週刊誌のインタビューによれば職業は言えないものの芸能界で活動していた時よりも収入が良いことを明かしています。しかし、押尾学には資金援助者が付いているとも言われています。

押尾学には資金援助の後援者がいた!?

実は押尾学が起こした事件では森元総理の長男である故・森祐喜さんが関わっていたと言われており、口封じのために押尾学にはS氏という仲介役がいるようです。つまり、押尾学のタニマチは森喜朗であり、週刊誌の情報によれば資金援助しているS氏は現在ゴミ処理事業で成功している事業家だと言われており、一緒にいるところを目撃されています。

押尾学は誰かの身代わりで逮捕されていた!?

事件により押尾学が逮捕され、収監されましたが事件後から押尾学は身代わりになっているのでは!?という噂が絶えませんでした。犯人は他にいる!!といわれています。それが誰かというとあの森元総理の息子の森祐喜。田中香織が死亡して困った森祐喜は押尾学に電話。大金を払うから身代わりとして逮捕されてくれと話したと言う噂があります。

押尾学が身代わりの報酬に手に入れのは2億円!?

事件の約1年後に森祐喜はコンビニに車を突っ込む事故を起こし、その翌年に倒れ亡くなっています。事件が起きた直後に押尾学の周りでは不穏な動きがあったようで、森祐喜の不祥事として公になることを恐れた森喜朗は側近に命令して、当時押尾学のタニマチだったパチンコ業界関係者を通じて口止め料として2億円を振り込んだと言われています。

押尾学は今後芸能界復帰はあるのか!?

押尾学は現在再婚しており、インスタグラムとブログを開設し、そこから情報を発信しているようです。ここには再婚や現在の妻・子供に関する情報は掲載されていないようですが、近況については多少公開していました。現在では音楽活動も行なっている様でもしかするとまたメディアで押尾学の姿を見る時がくるかもしれませんね!