齋藤飛鳥さんは日本とミャンマーのハーフ?母や父などの家族エピソード!

国民的アイドルグループ・乃木坂46の一期生メンバーで一期生最年少の「あしゅりん」こと齋藤飛鳥さん。グループ随一の小顔を持ち、可愛らしい容姿でファッション誌の専属モデルも務めるなど注目が高まっています。何でも、家族エピソードが豊富なんだとか。

齋藤飛鳥さんの家族は?母はミャンマー人?

齋藤飛鳥は読書家だった!!彼女おすすめの本の作品のまとめを紹介!!

乃木坂46の齋藤飛鳥さんは、日本人の父とミャンマー人の母との間に生まれたハーフなんだとか。雑誌やテレビ番組などで時々、ハーフであることが紹介されているそうです。母親がミャンマー人だったんですね。しかし齋藤飛鳥さんは生まれも育ちも日本のようですね。

齋藤飛鳥さんのプロフィール!日本とミャンマーのハーフ?

齋藤飛鳥と秋元真夏の仲良しぶりを画像つきで紹介!顔の大きさが全然違う?

1998年8月10日生まれで現在20歳。肩書はアイドル、ファッションモデル、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、『CUTiE』の元専属モデル、『sweet』のレギュラーモデルである。元子役。東京都出身。身長158cm。血液型O型。1998年8月10日、東京で日本人の父とミャンマー人の母との間に生まれます。

名に「鳥」の字を含む2人の兄がいることから、父親から「飛鳥」と名づけられたそうです。小学4年生の時、学校のダンス部員が踊っていた曲が気になり、調べてみるとアイドルの曲だったそうで、それがきっかけでアイドルに励まされるようになり、自分もアイドルになりたいと思うようになったんだとか。

小学4年生の時はお笑いクラブ、小学5年生の時はテニスクラブに所属していたという齋藤飛鳥さん。小学6年生の時は合奏クラブで、ブラスバンドのティンパニを担当したそうです。中学生の頃は吹奏楽部に所属し、サックス、バスクラリネットを担当したようです。

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格します。オーディションでは西野カナさんの「if」を歌ったそうです。オーディションは中学校の友達に教えられ、知人の勧めで応募したそうで、合格後、夏に吹奏楽部を退部したのだとか。

齋藤飛鳥さんの家族!母は陽気でハイテンション?

齋藤飛鳥さんといえば、アイドル界最小ともいわれる二次元のような小顔と人形のようなキュートな顔。アイドルとして理想的なルックスを持っていますが、決してぶりっ子というタイプではなくルックスや年齢の割には、やけに落ち着きのある飾らない、自然体でシャイ、分類でいうとクールな性格です。

しかし、母親の方は言うと以外にも、とてもテンションの高い陽気で楽しい母親なんだとか。これは、2014年に放送された『NOGIBINGO!』でVTRで登場し、顔こそ伏せているものの齋藤飛鳥さんの母親がハイテンションで「エブリバディーエクササイズ、ハイ!」と歌いながら全力で踊る映像が流れたのだとか。

娘である齋藤飛鳥さんは基本的に大人しくシャイな性格なのですが、とてもその母親とは思えない天真爛漫な陽気で明るい性格なんだとか。親子で似た性格になったりもしますが、性格は似なかったようです。しかし正反対だからこそVTRも面白いものに仕上がったのでしょうね!

齋藤飛鳥さんの家族!母は過保護?

齋藤飛鳥さんが2016年頃に乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』で語ったところによると、齋藤飛鳥さんは割と最近まで母親と一緒に洋服を買いに行っていたとのこと。そして放送当時の時点では、1人で試着室で試着してから母と、当時乃木坂46メンバーだった伊藤万理華さんに写メを送り、

合格が出ないと服を買えなかったそうです。また、齋藤飛鳥さんの母は娘が朝髪をセットしている間にご飯を口に運んで食べさせているとのこと。齋藤飛鳥さんが言うには、母は食べさせるのが上手いのだとか。こうした齋藤飛鳥さんの母の過保護ぶりに、スタジオは少々ざわついたのだとか。

齋藤飛鳥さんの家族!父親は女性ぽい?

2017年6月17日に放送された「POP OF THE WORLD」というラジオ番組の「HARRY’S ENGLISH CLASS」というコーナーにて、齋藤飛鳥さんは自身の父について少しだけ語ったことがあったそう。齋藤飛鳥さんな言うには、父は女性っぽい一面があり、指輪などの光り物が好きでちょっと変な人とのことです。

そんな齋藤飛鳥さんのお父さんは、齋藤さんいわく「女性っぽい一面があるかもしれない」とのこと。例えば、指輪などのキラキラした物が好きで、剥がれやすい小指の爪を補強するためにつけているマニキュアでさえ「なぜか、すごいギラギラのラメのマニキュア、

普通に女性が使うようなものを塗っている」のだとか。「変です、パパは。ちょっと変な人です(笑)」と楽しげに話す齋藤さんに、「…んん?」相方のパーソナリティの方は困惑している様子だったそう。親の個性を受け入れられる齋藤さんは懐が深いのかもしれないですね。

齋藤飛鳥さんの家族 父親の死亡説!?

ネット上では何故か、齋藤飛鳥さんの父が亡くなった疑惑が出ているようです。一応本当かどうか調べてみましたが、特にこれといった確信は得られませんでした。ラジオ番組で父について「ちょっと変な人」と楽しげに語るぐらいですから、齋藤飛鳥さんの父はまだご健在かと思われます。

齋藤飛鳥さんの家族 兄弟 兄が2人

兄弟は兄が2人の3人兄妹のようですが、そのうちの1人の兄も母と同じようにテンションが高く、もっぱら家では2人でふざけあってるそうです。娘(妹)である齋藤飛鳥さんはそのテンションにはついていけず、仕事で疲れている時は事前にメールであまり絡んでこないように連絡するそうです笑。

齋藤飛鳥さんの性格は?

齋藤さんの母は乃木坂工事中で電話出演したときに「私も乃木坂のメンバーのみんなが大好きで、大好きな子達のこと本当は聞きたいんですねぇ」と訛りながら言っています。この言葉だけでこの母親は家族にだけでなく、メンバーみんなにも愛情を注ぐとても心優しい人ということが伝わります。

齋藤飛鳥さんもそのクールで飾らない性格で一部のファンには誤解をされてしまうこともあるそうですが、母親が風邪を引いた時は看病や家事をしたり、番組企画で1期生と2期生が対決する企画では2期生が可哀想ということで泣き出すほどとても心優しい方なんだそうです。

また、ミャンマーロケに行った時はサプライズで親戚にあたる母親の姉・妹・妹の夫が笑顔で登場し言葉は通じなくとも立派に成長した姪っ子の姿を見て涙しています、国籍や言葉は違えど齋藤飛鳥さんの家系は皆さん、仲睦まじい優しい人たちのようですね。

齋藤飛鳥さんはミャンマー語は話せる?

齋藤飛鳥さんは東京生まれの東京育ちです。幼少期にミャンマーに行ったことがあるそうですが、2016年夏のシングル「裸足でSummer」で自身がセンターを務めたことがきっかけで、真夏の全国ツアーの合間に、お笑いコンビのバナナマンがMCを務める

乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」の「裸足でSummerヒット祈願! inミャンマー」という企画で他のメンバー無しで齋藤さん一人と番組スタッフ数名でミャンマーでヒット祈願のロケをしています。母親はミャンマー人ですが、齋藤飛鳥さん自身は日本語しか話せず

ミャンマーの公用語のビルマ語や英語は話せない為、完全に母親の故郷というより、実質的には海外ロケのようなものになったそうです。しかし、本人いわく現地の子供達が自分の幼少期の顔立ちに似ていると言っており近いものを感じたそうです。

まとめ

今回は齋藤飛鳥さんについて紹介しました。誤解を受けるほどクールで自然体な齋藤飛鳥さんですが、温かい家庭で育ったようですね。また、バラエティやラジオで家族について語ったり、共演したりすることもあるかもしれないですね!