香川照之さん東大の神の最高傑作に激怒!首席卒業を隠していた理由!家系・両親は?! エンタメ

香川照之さん東大の神の最高傑作に激怒!首席卒業を隠していた理由!家系・両親は?!

香川照之さんが、今年のテレビ番組でマジギレしたという噂が流れています。実際どうして怒っているのか、東大の最高傑作とは何のことなのか?など調べてみたいと思います。また、香川照之さんも東大卒であるという情報があるので合わせて調べて見たいと思います。

目次

[表示]

香川照之さん東大の神の最高傑作にぶちギレ!!

香川照之さんは、2018年1月12日に放送されましたバラエティ番組『ぴったんこカン・カン』(テレビ朝日系)で、ゲストとして出演しています。同じくゲストの松本潤さんと一緒に東京大学の近くに店を構える老舗喫茶店を訪れました。

その番組で、会ってほしい人物がいるということで、提出した履歴書をみます。その履歴書や出演するにあたってこういった考えがあるという考えをもった男性だったことから、「結局何がしたいんだ」っていう思いがつのり、香川さんはモヤモヤしたのかもしれません。

神の最高傑作のタレント活動の動機は?

東大の神の最高傑作の方の彼が考えたタレント活動の動機は、「タレントとして活躍することで、本業の宣伝にもつながるんじゃないかと思ってます。バラエティやクイズ番組で活躍しながら、医療訴訟を扱う弁護士をするのが、いまの現実的な目標です。」と

香川照之さんがあった東大生の河野玄人さんとは?

その激怒した方は、安住アナに「会ってほしい人がいる」と紹介された現役東大生の河野玄斗(こうのげんと)さんです。日本最難関といわれている東大の理科三類に現役合格した頭脳の持ち主で、さらに医学部に進学後さらに司法試験に一発合格したというのです。

河野さんが喫茶店に姿を現すと、安住アナは「(医学と司法)両方できちゃうって、どんな気持ちなんですか?」と質問し、河野さんが「どっちもできるだけの才能を与えてもらえた」。周囲が拍手する中、香川さんは「一周して、バカですよ!」とツッコミました。

香川照之さんの厳しい言葉は?

香川照之さんは、河野玄人さんがタレント活動を『副業』のような扱いをする履歴書を読み激怒してるかのように、カメラに向かって、真剣な表情で話し出しました。『バラエティとかクイズ番組が片手間でできると思ったら大間違いだぞ!』

『なめんじゃねえぞ!ね!ホントに!冗談じゃないよ!』と言い、香川照之さん自身も東大卒のタレントという立場からだけではなく、仕事を「ついで」のようにいわれて少し腹が立ったのかもしれません。仕事はどんなものも真剣にやってほしいとの思いがあるのでしょう。

香川照之さん東大の首席卒業!!を隠していた理由は?

香川照之さんは小さいころから、母親である浜木綿子から、父と後妻の藤間紫を超える大物になるよう言われ続けてきました。」香川照之さんは勉強をかなり頑張ってきたようで、名門である暁星学園に入学し東大に合格したそうです。母親の思いや自分の立場を考えて頑張ってきたようです。

そして東大を首席で卒業すると、俳優として頑張って大物に!という思いも出てきます。それには学歴は関係なく実力でという思いも強かったのではないでしょう。役者の道を選んだ香川さんにとって学歴は絶対的に必要のないものでした。演技で勝負すると決めた以上は東大出身で話題性だけが先走りするのを避けたかったのです。

香川照之さんは東大で林修さんと同期で学部も?!

香川照之さんは東京大学出身という経歴を持っていますが、林修さんとは学部は違いますが同期だったのです。他にも芸能界には高学歴の方がたくさんいます。俳優界では他にも、堺雅人さん、藤木直人さん、内野聖陽さんなどが早稲田大学出身です。

堺雅人さんはは演技に集中するために大学を中退してしましました。しかし藤木さんと内野さんはちゃんと卒業しています。イケメン俳優の向井理は明治大学出身で、遺伝子学を研究して賞も取ったといいます。しかし研究職の大変さを知ると、心が折れてしまったようです。

香川照之さんの両親の家系①母親(浜木綿子)

なんと浜木綿子さんは1953年宝塚歌劇団に娘役として入団しました。寿美花代など相手役を務め活躍します。宝塚の40期生でトップ娘役でした。紫綬褒章と旭日章を受章している方なのです。1965年に香川照之の父親である三代目市川猿之助と結婚をし、12月に香川照之を出産します。

しかし1968年に離婚し、香川照之を育てながら女優を続けています。1960年代でシングルマザーっていうのはまだまだ制度も整ってない時代ですので、苦労されたと思います。香川さんが3歳の時に両親は離婚しました。浮気しその女性と暮らし始めた事などが原因のようです。また父子子関係においても長らく深い溝がありました。

香川照之さんの両親の家系②父親(市川猿扇)

香川照之さんの父である3代目市川猿之助は、祖父と父を相次いで亡くしていました。梨園の孤児となっていました。1968年「義経千本桜」で「宙乗り」などの演出を復活させ「猿之助歌舞伎」で一世を風靡すると、スーパー歌舞伎の創造に至るまで積極的に活動をしていき、歌舞伎に貢献してきました。

そして歌舞伎の面白さを世間に広めていきました。2003年脳梗塞を患いパーキンソン症候群を発症してしまいます。しかし、その病気と闘いながら2012年には2代目市川猿翁を襲名します。浮気の原因とされる女優の藤間紫さんは当時16歳も年上で既婚者で子持ちでした。

藤間紫さんとお父さんとの関係

二人は35年もの長い間同棲生を続け、藤間紫さんの離婚が成立した1985年から15年たった2000年に正式に結婚します。その愛はある意味一途です。香川照之さんの長男の誕生を機に猿之助の2度目の妻の藤間紫さんの取り計らいによって父子関係が修復しました。

香川照之さんの両親の家系③(市川猿之助)

市川猿之助(四代目)さんと香川照之さんはいとこになります。香川照之さんの父親が市川猿之助(三代目)であった事も重なり、兄弟という噂がありました。顔もそっくりなので、噂になるのも仕方ありません。従弟である市川亀治郎が4代目市川猿之助を襲名し、香川照之が市川中車襲名します。

息子である政明が5代目市川團子を襲名しこれまで活動をしていなかった歌舞伎役者の一員となりました。二人は2006年に祖母の墓参りで寛永寺を訪れた際、初めて会ったそうです。香川さんが歌舞伎を始めることについて、「無謀な。。」と思ったそうです。

香川照之さんが歌舞伎襲名!!

香川照之の長男の誕生を機に猿之助の2度目の妻の藤間紫の取り計らいによって父子関係が修復できたのは、先ほども紹介しましたが、その藤間紫さんの葬儀には香川も親族として参列する間になっていきました。2011年9月の合同襲名会見時には、市川猿翁と共に8年ぶりに公の場に登場したことでも話題になりました。

そして香川照之さんの息子政明さんは歌舞伎の世界へ進み歩き始めました。一時期は同居もしていており、稽古もつけてもらえるようにまでなっていました。香川照之が確執をそのままにしようとしなかったからこそ、そして藤間紫さんという方のおかげで父との確執も解消されました。

香川照之さん自身の俳優としての生き様!

香川照之さんは年齢を重ねる事に演技力を増していく魅力的な俳優さんです。ドラマに登場するだけで空気感が変わるのが分かります。この香川照之さんではなくては、務まらない役もたくさんあるのではないでしょうか。

学歴じゃなく実力勝負で、勝負し認められたからこその現在の地位があるのでしょう。これからは、歌舞伎役者としても演技派としてもこれからの香川照之さんに期待し今後も活躍してほしいです。息子さんとの歌舞伎役者でおなじ舞台に上がれることを期待します。