佐藤健の高校時代はどんなだった?出身高校の偏差値は?卒アルは?学歴は?

NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロイン・鈴愛の幼馴染みで恋のお相手の律を演じている佐藤健さんは、一体どんな高校時代を送っていたのでしょうか。進学校と言われる高校の偏差値や卒アル、そして、佐藤健さんの学歴などを調べてみました。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

佐藤健の現在の彼女はダンサー?吉岡里帆?歴代彼女11人もまとめて紹介!

佐藤健の今現在の彼女と歴代彼女といじめ!数々の女性と過ごす夜

佐藤健の学歴は?出身高校はどこ?高校時代はどんな生徒だった?

佐藤健さんは早稲田大学に進学したとの噂がありますが、それは本当なのでしょうか。また、佐藤健さんの出身高校はどこなのでしょうか。そして、進学校と言われる佐藤健さんが進学した高校での佐藤健さんはどんな生徒だったのでしょうか。それらのことを掘り下げます。

佐藤健のプロフィール

  • 本名:佐藤健
  • 生年月日:1989年3月21日(29歳)
  • 出身地:埼玉県岩槻市(現・さいたま市岩槻区)
  • 身長:170㎝
  • 血液型:A型
  • 高校2年生の時、東京都・原宿でスカウトされます
  • 2006年、テレビドラマ「プリンセス・プリンセスD」(テレビ朝日系)で俳優デビューを飾ります
  • 2007年、「仮面ライダー電王」(テレビ朝日系)の野上良太郎/仮面ライダー電王(声)役で連続テレビドラマ初主演を務め、一躍人気者となります。また、映画「仮面ライダー電王 俺、誕生!」で映画初出演・初主演します
  • 2010年、NHK大河ドラマ「龍馬伝」で岡田以蔵役を演じ、時代劇初出演を果たします
  • 2012年、舞台「ロミオ&ジュリエット」でロミオを熱演します。また、映画「るろうに剣心」で主演を務めます
  • 2014年、映画「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」の2部作が連続公開されます
  • 2015年、日曜劇場「天皇の料理番」(TBS系)で秋山篤蔵役で主演し、すべての調理シーンを代役なしで演じ切ります
  • 特技:ブレイクダンス
  • 好きなアーティスト:Mr.Children、ONE OK ROCK
  • 好きな漫画:『名探偵コナン』

佐藤健の出身高校は?偏差値は?

佐藤健さんの出身高校は、埼玉県立越谷北高校で偏差値は67の進学校です。県立高校ですので、推薦入学の可能性は低く、筆記試験で合格したものと思われます。母親の話だと佐藤健さんは、「半分、青い。」の律に似ていて、数学や物理などの理系の科目が得意だったそうです。

佐藤健さんは、幼い頃に両親が離婚し、母子家庭で育っています。母、妹の3人家族で、母親のモットーは子供を自由に育てることです。自由に育てられた佐藤健さんは、多分、物心ついたときに自由な自分に戸惑ったのではないかと思います。自由であることほど難しいことはありません。

佐藤健の出身高校はどんな高校?

佐藤健さんが通った越谷北高校は、1969年に普通科を設置して開校しました。1989年には埼玉県で初めて理数科を設置しています。授業時間は50分で、それは集中力を持続するのに適正な時間が50分なのだからだそうです。週32時間の授業時間なために週に2日は7時間授業があるのだそうです。

ここまで、徹底的に勉強に取り組む学校だった越谷北高校で、みっちりと鍛えられた佐藤健さんは、映画の初日に行われる舞台挨拶でも頭脳派の片鱗が垣間見え、例えば演技をパズルのピースに例えて非常に論理的に説明するなど、発想が豊かです。多分、佐藤健さんにとって演技は論理そのものなのだと思います。

佐藤健の学歴は?

佐藤健さんの最終学歴は埼玉県立越谷北高校卒業です。大学に進学しようと思えば、難なく進学できたはずですが、高校2年生の時に原宿でスカウトされ、それ以来、芝居の虜になっていったのか、大学に進学せずに、芝居にのめり込んでゆきます。

佐藤健さんは「何色にでもすぐになれる状態が理想」との心持で芝居に臨んでいて、実際、佐藤健さんは何色にも染まれる稀有な俳優です。それは佐藤健さんの過去の作品を通してみれば一目瞭然で、しかし、まだ、理想には程遠いと本人は思っているはずです。でなければ、年々、演技に深みは帯びません。

佐藤健の学歴が早稲田大学との噂があるが!

佐藤健さんの学歴が早稲田大学との噂があります。これは、佐藤健さんが進学校の高校を卒業し、また、「半分、青い。」で早稲田大学を連想させる大学へ進学して、そこでロボットの研究に励む演技があまりに似合っていて、現実とドラマの世界がごちゃ混ぜになってしまった結果のことと思われます。

または、佐藤健さんはタモリさんの大ファンで、タモリさんが結成した「早稲田中退会」に入りたくて、佐藤健さんは早稲田大学への進学を考えていたということが広く知られているので、佐藤健さんが早稲田大学へと進学したのではないかとの噂が広まってしまったのかもしれません。

佐藤健の高校時代①野球はしていない!

佐藤健さんは、出身中学校はさいたま市柏陽中学校で、野球部に所属していました。佐藤健さんは小学校から野球をしていて、ポジションはセンター、またはレフトでした。しかし、高校へ進学すると佐藤健さんは野球をやめてしまいます。それは、野球以上に夢中になるものがあったからなのです。

佐藤健の高校時代②ダンスに夢中!

佐藤健さんは小学生から続けていた野球よりも夢中になるものが高校時代にあったので、高校時代には野球をやめてしまいます。その代わり、佐藤健さんはブレイクダンスに夢中になります。後に佐藤健さんは、ダンスに夢中になりすぎて授業は寝てばかりいて恋もせず、高校時代は悔いが残ると述懐しています。

佐藤健の高校時代③表面的にはネクラだった!

佐藤健さんは、高校時代、友達を作らず、彼女も作らず、というよりも全くモテず、暇があるときは、ひたすら寝ていた、つまり、ネクラとして高校三年間を過ごしてしまったことを「失敗した」と「あさイチ」(NHK総合)に出演したときに語っていました。本当の佐藤健さんはネクラではありません。

佐藤健の高校の卒アル

佐藤健さんの高校の卒アルを見ると、髪が長く、普通の高校ならば、校則違反となるほどです。それだけ、越谷北高校は生徒の自由を重んじる校風と思え、生徒の格好は生徒自身で責任を持つことというが徹底されていたのかもしれません。多分、勉強に差し支えなければ、自由が保障されていた高校なのでしょう。

佐藤健はタモリの大ファン!

佐藤健さんはタモリさんの大ファンで、タモリさんが結成している「早稲田中退会」に入りたいという理由で早稲田大学へ進学しようと考えていたと言います。しかし、それをタモリさんに叱責されました。

実は、佐藤健はタモリの大ファンだったそうで、
そのタモリが早稲田大学を中退していて、
「早稲田中退会」という組織を結成しているそうで、
その組織に入る為だけに早稲田入学しようとした
佐藤は、それを知ったタモリに説教されたそう。

(引用:エントピ)

また、タモリさんが司会を務めていた「笑っていいとも」(フジテレビ系)の「テレフォンショッキング」に佐藤健さんが出演したことがあります。その時に佐藤健さんはタモリさんとゲーム対決をしました。

「国民的長寿番組だった『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の『テレフォンショッキング』に出演した際、オモチャの『ポカポンゲーム』で負けたことがないと豪語していました。ハンマーで相手の頭を打つゲームで、実際にタモリと対戦して勝ったのですが、CM明けにタモリから『CM中に私は1勝いたしました』との報告が。これに佐藤は『リベンジしていいですか』『負けず嫌いなんで!』と何度もゲーム対決を重ねていましたね。イケメン、かつクールな印象が強い佐藤ですが、そんな少年らしい魅力が交わるからこそ、より心引かれる視聴者が多いのだと思います」
(引用:AERA dot.)

佐藤健は次回作が見たくなる俳優!

「半分、青い。」などの演技を見てしまうと、次回作の佐藤健さんの演技がどのように変化するのか否が応にも見たくなる不思議な魅力を持った俳優が佐藤健さんです。頭脳派らしく、物事をとても論理的に分析していて、それだから、佐藤健さんの演技はとても奥深く、見ごたえ十分なのです。