藤井聡太、中学・高校はどこ?偏差値は?単位がピンチ⁈衝撃の高額支度金とは⁈ 芸能人

藤井聡太、中学・高校はどこ?偏差値は?単位がピンチ⁈衝撃の高額支度金とは⁈

公式戦史上最年少勝利を飾り、中学生棋士として一躍有名になった藤井聡太さん。天才棋士藤井聡太さんは、どこの高校に通っていらっしゃるのでしょうか。一躍人気者になった藤井聡太さんに衝撃の高額支度金を用意した高校とはどこだったのでしょうか⁈真相に迫ります!

藤井聡太が通う中学・高校はどこ⁈

デビューから破竹の29連勝で世間をあっと驚かせた、愛知県名古屋市出身の当時14歳の藤井聡太さん。天才的な藤井聡太さんの動向は連日注目され、将棋についてあまり知らなかった人たちにも藤井聡太さんのおかげで、将棋が浸透していきました。我が子にも藤井聡太さんのようになってもらいたいと、将棋教室に通わせる親たちも増えました。

藤井聡太さんが対局中に食べるお昼ご飯にも注目が集まり、将棋会館御用達の「みろく庵」は対局のある日はほぼ満席になることが多く見られました。藤井聡太フィーバーはとどまることなく、藤井聡太さんが幼少の頃に学んでいた「モンテッソーリ教育」を習わせる学校にも注目が集まりました。

とにかく藤井聡太さんの影響力は多大なものになりつつあり、それは藤井聡太さんの進学にも影響しそうになりました。いったい何があったのでしょうか。藤井聡太さんはこの春に高校に進学しましたが、一体どこの高校に通っているのでしょうか。そして中学校はどこだったのでしょうか?詳しく調べてまいりたいと思います。

藤井聡太、中学・高校が判明!

藤井聡太さんが通っていた中学校は、「名古屋大教育学部附属中学校」というところです。この学校は公立でも私立でもなく、国立の学校です。国立の学校は全国にありますが、どこもレベルが高いと言われています。藤井聡太さんは将棋も天才的ですが、勉強のほうも人並み外れた頭脳をお持ちのようです。

プロ棋士になるには、東大に入るよりも難しいと言われています。つまり東大生よりも圧倒的に頭の回転が速く天才的頭脳が必要と言われているのです。プロ棋士になるための奨励会に入ることも難しいと言われていますが、そこからプロに上り詰められるのもほんの一握りの人しかいないのです。

藤井聡太さんは中学生でプロの棋士になって、将棋の世界に身をおくことになりました。将棋は20歳くらいまでが吸収がはやく、1番力をつけられる時期だと言われています。将棋と学業を両立させるのはとても難しいと言われており、藤井聡太さんも最後まで進学を悩んでいました。ですが最終的に名古屋大教育学部附属高校に進学しました。

藤井聡太、中学卒業に伴い様々な高校からスカウト⁈

藤井聡太さんが名古屋大教育学部附属高校に通うことを決める前に、裏では様々な高校による藤井聡太さんの争奪戦が繰り広げられていました。あれだけ影響力のあるそして天才的な藤井聡太さんが我が校に入ってもらえれば、学校の評判が上がると高校のスカウトたちはにらんだのです。

そこで大変な話題になったのが「支度金」の存在です。支度金とは一体どういうものなのでしょうか。それは凡人には縁の遠い話ですが、影響力のある若者たちには非常によくある話のようです。藤井聡太さんを我が校に迎え入れるため、お金のある学校のスカウトたちは多額の「支度金」を用意したと言われています。

藤井聡太、衝撃の支度金とは⁈

藤井聡太さんを獲得するため、実際にスカウトを知り衝撃の支度金を用意したと言われる学校は、二校あります。それはどこの学校なのでしょうか。そして藤井聡太さんに用意された支度金とはいくらだったのでしょうか。詳しい高校名が判明しました。それでは紹介していきましょう。

藤井聡太、どこがスカウト?第一学院高校ーウィザス

まずは主要都市に52キャンパスを持つ「第一学院高校ーウィザス」という学校です。こちらの学校が用意した支度金は、数百万円と言われています。卒業生にはあのサッカー日本代表「香川真司・酒井宏樹・原口元気」がおられるそうです。自分の没頭することと学業を両立させることを応援してくれる、そんな学校のようです。

藤井聡太、どこがスカウト?学校法人角川ドワンゴ学園

藤井聡太さんをスカウトしたもう一つの学校は「学校法人角川ドワンゴ学園」です。こちらの学校が藤井聡太さんに用意した支度金はなんと、数千万円だと言われています。驚きの金額ではありますが、藤井聡太さんが入学してくれるならこれだけの価値があると思われたようです。

他にもスカウトした学校はいくつもあったと思いますが、高額の支度金を用意するなど実際に名前がわかったのはこの二校でした。どちらも将棋の道を進みたいであろう藤井聡太さんが、学業に手を煩わせたくないということに着目したのでしょう。ですが実際には藤井聡太さんは出身中学からの内部進学を選びました。

藤井聡太、名古屋大学教育学部附属高校の偏差値は?

これほど天才だと言われている藤井聡太さんが通う学校の偏差値は一体いくらなのでしょうか。名古屋大教育学部附属高校の偏差値は62だと言われています。これは普通に考えれば高い方です。ちなみに全国で1番偏差値が高いと言われている灘高校は偏差値78です。そう言われるとそんなに高くないと思われるかもしれません。

ですが、藤井聡太さんは学校は正直あまり行きたくなかったそうです。大好きな将棋に打ち込みたいので、中学校までは義務教育ですから通わなければいけませんが、高校進学はめんどくさいと言って行く気はなかったようなのです。将棋が強くなるためには学業が高い壁になってしまうようです。

藤井聡太、単位がピンチ⁈

将棋に打ち込むためになぜ学業が高い壁になるかというと、単位の問題があるのです。高校は授業に出席し、ある程度の成績を残さなければ単位が取れません。単位が取れないと卒業ができないのです。ですが、将棋の対局は平日に行われることが多く、学校にも通わなくてはいけない藤井聡太さんにとって、煩わしいものであるに違いありません。

高校を卒業するには、それぞれの科目授業の3分の2の出席数がないといけません。藤井聡太さんの将棋の対局はだいたい火曜日に行われることが多いので、火曜日にしかない授業があるとその科目が単位が取れないのです。こういった問題があるため、あの羽生善治王位も途中から通わなくても良い通信制に編入したのです。

藤井聡太、学業と両立できるのか⁈

藤井聡太さんが今後どうされるかはわかりません。また将棋連盟から特別措置があるかどうかもわかりません。ですが、羽生善治王位などのようにプロ棋士として生涯成功すれば良いのですが、プロ生活を続けるにはある一定の条件があることから、途中で離脱せざるをえない状況にもなり得るのです。

そのことを考えたとき、中学卒業だけでは不安だと思われる親御さんも多数いらっしゃいます。実際にプロ棋士の世界から離脱せざるをえなくなり、その頃には年齢は重ねているものの将棋しかやってきていないので就職などをする際に障壁になってしまい困っている方も多数いると言われています。

藤井聡太さんの場合は、今のところ将来はプロ棋士として成功しているであろうと思われます。それだけ彼の力の付け方は想像を絶するのです。すでに藤井聡太さんは16歳にして、師匠である杉本昌隆七段に並んで、七段に昇格しているのです。今後どこまで力をつけて強くなっていくのか、将棋ファンならずとも注目するところです。

藤井聡太のまとめ

いかがでしたでしょうか。幼い頃から将棋に興味を持ち、負けず嫌いな性格も相まって天才プロ棋士となった藤井聡太さんに注目してまいりました。まだ16歳ですから、これから世間をたくさん驚かせるような人物になっていくのではないでしょうか。そして、将棋が藤井聡太さんのおかげで人気が出たのは言うまでもありません。

なかなか誰でも入れるような世界ではありませんが、将棋の世界が憧れのものになっています。プロ棋士の年収はとても高額だと言われていますが、これからもっと注目され将棋人口が増えれば、もっともっと盛り上がっていることでしょう。これからの藤井聡太七段に大注目です!