飯島愛の親友ホステスが語る本当の死因とは?怪死の真相を検証!自殺説もある? エンタメ

飯島愛の親友ホステスが語る本当の死因とは?怪死の真相を検証!自殺説もある?

人気タレントとして人気絶頂期に突如引退し、孤独死していたことが日本に衝撃を与えた飯島愛さん。彼女の死については様々な憶測があり、中には陰謀論のような噂まで存在します。今回は飯島さんの周囲の人が明かした飯島愛さんの姿や死因などをまとめてみました。

目次

[表示]

飯島愛の自殺説もある死因の真相とは?①正確な死因は肺炎

当時、死亡のニュースが流れてた時は日本中に衝撃が走りましたが、飯島愛さんの衝撃的な死からまもなくして週刊誌やネットメディアなどで様々な憶測が流れ始めました。正式の死因が公表されるのも遅れたために、自殺説なども含めて憶測はどんどん加速していきました。飯島さんが発見されたのは2008年12月24日でした。

東京都渋谷区桜丘町の渋谷インフォスタワーの自室で亡くなっているのが親戚の女性によって発見されました。警察などの捜査によって、死後1週間経過していたことが判明して孤独死が囁かれることに。結局は東京都監察医務院による病理検査の結果が警視庁渋谷警察署から発表され、正式な死因は『肺炎』であると断定されました。

飯島愛の自殺説もある死因の真相とは?②孤独死?

飯島さんの発見時は12月と真冬だったのですが、室内の暖房が点けられたままであったために遺体は腐敗が進んでいたということも衝撃の内容でした。 そのために孤独死というワードがクロースアップされました。さらには自殺説が根強く残るなど、多くの謎を残しているようです。特に自殺説はネット上でささやかれ続けている死因ですね。

飯島さんは引退前から精神的に病んでいることを告白していて、亡くなる前にも幻聴に悩まされるほど精神的に追い詰められていたそうです。さらに彼女は睡眠薬も常用していたことから睡眠薬の過剰摂取やオーバードーズなどによる自殺に近い事故死という意見も多くありました。病死というのが正式発表されているのに、憶測はなくなりませんでした。

飯島愛の自殺説もある死因の真相とは?➂体調不良はエイズ?

飯島愛さんは腎臓病であることが疑われていて「症状が予想以上に重く、仕事を続ける意欲を完全に失っているという。」という理由で引退していますが、この体調不良の原因は『エイズ』だったのではないかと噂されています。飯島さんの過去の職業や経歴から飯島さんの主治医であった赤枝恒雄さんも飯島愛さんのHIV感染を疑っていたそうです。

しかし赤枝恒雄さんは3度に渡る検査をしたそうですが、飯島愛さんの血清抗体検査では3度とも陰性だったことからHIVへの感染は無かったようです。しかし医師が疑うほどに飯島愛さんの病状は深刻だったということが分かりますね。飯島さんの場合は自殺説も出るほど精神的に繊細な方でしたから、ストレス性の免疫不全だったのかもしれません。

親友ホステスが語る飯島愛①16歳からの親友

飯島愛さんには16歳のホステス時代に知り合った親友がいます。この親友とは自身の著書『プラトニック・セックス』を巡って、もめてしまい疎遠になってしまったそうです。さらにその親友を語って飯島愛さんのブログに誹謗中傷が書き込まれるようになり、この親友はいわれのないバッシングを受けるようになってしまいました。

こうした書き込みを真に受けたファンたちは飯島さんの死後、『お前のせいで死んだ!』という過激なバッシングに晒されたようです。これに反論することはなく、飯島さんの死を悼んでいたそうです。発端となった書き込みには法的に訴えを起こして、勝訴し逮捕者まで出たようです。この親友も飯島さんに翻弄された人の一人のようです。

親友ホステスが語る飯島愛②あらぬバッシングを受けることに

こうしたバッシングでこの親友も精神を病んでいってしまったそうです。しかし飯島さんの死後、数年たって飯島さんの過去の姿を雑誌に語るなどノンフィクション作家として活動しています。飯島さんが亡くなる直前には関係も改善しており、彼女の死後には彼女の真実を知らせる活動もしているようです。

デヴィ夫人が飯島愛の真相を告白?

様々な憶測が流れる中、生前親交があったデヴィ夫人が投稿したコメントによって陰謀説が加速します。デヴィ夫人は『私は聞いてしまったのです。彼女にとんでもない事が巻き起こっていた事を・・・。彼女は“遊び”が過ぎて、とんでもない事をしていた様です。』と投稿して、飯島愛ファンは騒然となりました。さらにこう続けています。

『映像や写真を撮られ、所持していた人達にゆすられ、恐喝され、つきまとわれ、公表の恐怖にさらされながら生きた心地もなく、暮らしていた様です』と記しており、こうしたことが引退の原因だと断言しました。真偽のほどはわかりませんが、これが飯島愛さんがただの病死じゃないという方の根拠になっているようです

デヴィ夫人のプロフィール

  • 芸名:デヴィ夫人
  • 本名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)(インドネシア名)・根本 七保子(旧名・日本名)
  • 生年月日:1940年2月6日
  • 年齢:78歳
  • 出生地:東京府東京市麻布区霞町(現:東京都港区西麻布)
  • 国籍:インドネシア
  • 職業:タレント
  • 配偶者:スカルノ
  • その他の活動:NPO法人アースエイドソサエティ総裁・株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役

マスコミが飯島愛の憶測を加速させた?

飯島愛さんの死に様々な憶測が流れてしまっているのは、週刊誌やテレビなどが原因だとも言われています。突然の急死で様々な自称飯島さんの知人という方が多くのコメントや取材を受けて好き勝手持論を語ったために、陰謀論のような話まで広がってしまったようです。ミステリアスな雰囲気のある飯島さんなのでこういった説が出たようです。

飯島愛の著書『プラトニック・セックス』がベストセラーに!

タレントとして確固たる地位を確立した飯島愛さんは2000年には半自伝的な小説『プラトニック・セックス』を出版しました。その著書で過去のリンチ被害、AV出演や性病感染、中絶手術、整形手術などを赤裸々にカミングアウトし170万部を超えるベストセラーになりました。この作品は映画化やテレビドラマ化もされ、社会現象になりました。

飯島愛は死後も人気があり続けた!ブログにメッセージも

飯島愛さんは死後もファンに愛され続けたタレントでした。彼女の死後もブログに飯島さんへのメッセージを書き込む人が居続けました。ブログは両親が管理しており、飯島さんの死後から八年たってブログの閉鎖が発表されました。最終日時点での最終的なコメント数は約72700件に達しており、飯島さんが愛されていることが分かりますね。

飯島愛のプロフィール

90年代から2000年代にかけて高い人気を博して、いまでも彼女のタレントとしてに才能を惜しむ人も多い飯島愛さん。今の若いの人はもう彼女の存在を知らないようですね。しかし今でも芸能界に残した功績は大きいと言われており、AV女優の社会的地位を上げた有名人としても知られています。そんな彼女のプロフィールをまとめてみました。

  • 名前:飯島愛
  • 別名義:大久保 松恵(本名)
  • 愛称:愛珍(あいちん)
  • 生年月日:1972年10月31日
  • 没年月日:2008年12月17日
  • 没年齢:36歳(数え37)
  • 出身地:東京都江東区
  • 死没地:東京都渋谷区
  • 血液型:A型
  • 身長:163 cm
  • 体重:43 kg
  • BMI:16.2
  • スリーサイズ:86 – 56 – 85 cm
  • デビュー:1992年
  • ジャンル:タレント・AV女優
  • モデル内容:ヌード
  • 活動期間:1992年 – 2007年

飯島愛の今後の活躍は?

今回はAV女優からタレントとして大成功した稀有なタレントである飯島愛さんの死因などを見てきました。飯島さんは『肺炎』という死因が出てるにも関わらず、彼女の死を受けれられない人たちが憶測を生んでいるようです。今後も飯島さんはネットの世界で人々の噂の中で生き続けていくのかもしれません。