市川右團次の嫁は?離婚歴が凄かった!?現在の嫁は明子?息子もいる?! エンタメ

市川右團次の嫁は?離婚歴が凄かった!?現在の嫁は明子?息子もいる?!

歌舞伎役者として活躍中の市川右團次さん。いまやドラマでの活躍も話題となっています。そんな市川右團次さんは結婚しているのでしょうか?妻や子供はいるのでしょうか?歌舞伎役者として活躍している市川右團次さんについて調べてみました。

目次

[表示]

市川右團次の嫁って誰?三度も結婚していた!?

市川右團次さんは、日本舞踊飛鳥流家元の長男として誕生しました。父親は、日本舞踊飛鳥流家元の飛鳥峯王。市川右團次に歌舞伎の血縁はないとはいえ、芸事に関してはサラブレッドの血筋です。そんな市川右團次さんですが、三度目の結婚をしていたそうです。そんな家族や妻について調べてみました。

市川右團次のプロフィール

  • 生年月日:1963年11月26日
  • 本名:武田右近
  • 出身地:大阪府
  • 屋号:高嶋屋(たかしまや)
  • 血液型:A型
  • 襲名歴:初代市川右近、三代目 市川右團次
  • 学歴:慶應義塾大学法学部 政治学科卒業
  • 出身地:大阪府
  • 父:飛鳥峯王
  • 子:武田タケル(二代目市川右近)

三代目市川右團次さんは、日本舞踊飛鳥流の家元の子供でした。1972年右團次さんが11歳の時に、二代目猿翁(当時三代目猿之助)さんと出会いました。小学校を卒業すると同時に、三代目猿之助さんに弟子入りしました。弟子入りする条件として、三代目猿之助さんは、「慶応に入ること」を提示しました。

そこで右團次さん(当時は右近少年)は、一生懸命に頑張って、慶応に入りました。1987年3月に、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業しました。歌舞伎役者にとどまらず、テレビドラマでも存在感を示し、現代劇の舞台に出演したり、オペラの演出も手がけています。

市川右團次が三度目の結婚!嫁の名前は明子?!

市川右團次さんのお嫁さんは、9歳年下で、お名前は「明子」さんです。とてもきれいな方なんですよね。右團次さんより9歳年下ということは、右團次さんが1963年生まれなので、1972年生まれでしょうか。そうすると、2018年には46歳ですね。右團次さんと明子さんは2006年12月に結婚しました。

市川右團次の嫁の前の職業は音楽団体の事務職をしていた?

明子さんは一般人でありながらモデルの経験があるそうで、とてもスタイルが抜群なんだそうです。そして美人で有名なんだという噂もあります。元モデルということは相当な美人なこと間違いないですよね。前の職業は音楽団体の事務職をしていたそうです。

市川右團次の嫁・明子が金銭感覚を暴露?!

市川右團次さんのお嫁さんの明子さんからのタレコミでは、「金銭感覚が破たんしていて、結婚前は毎月300円しか残っていない通帳を渡され、しかも借金だらけだった」と暴露されました。芸人はお金に執着してはいけないと昔はよく言ったようです。それをそのまましていたということでしょうか。

また、妻へのプレゼントは、好みがよくわからないということで、「現金」なのだそうです。「クリスマスが20万、お誕生日が30万」なのだそうです。プレゼントというより、「お手当」って感じですね。それだけくれれば、好きなものを買えるし、現実的で良いと思います。羨ましいですね。

市川右團次と現在の嫁・明子との間に息子がいた!名前はタケル?

2010年4月18日に長男が誕生しています。名前は、演目のスーパー歌舞伎の「日本武尊」にちなんで「タケル」君と命名されました。タケル君は、昨年週刊誌が「見事第一志望の大学付属小学校に合格」と報道しています。ハッキリ小学校名を出している訳ではありませんが、

父・市川右團次さんと同じ慶應義塾大学の付属小学校の「慶應義塾幼稚舎」に通っています。歌舞伎役者の子弟の場合、舞台の稽古が出来るように、大学までエスカレーター式に行ける大学の付属小学校に通うケースが多いようです。タケル君も2016年6月に歌舞伎役者として初舞台を踏み、

2017年1月には父の前名を受け継ぎ2代目市川右近を襲名しています。右近君は辛抱強い性格ということで、学校から帰ると歌舞伎の稽古を欠かさないと言います。右近君にとっても大学までいける付属小学校の方が、歌舞伎の練習に多くの時間を割く事ができ都合がいいと思われます。将来が楽しみですね。

市川右團次の離婚歴が凄かった!一人目の嫁は元モデル!

最初の結婚は1991年市川右團次さんが28歳の時に元モデルの方と結婚しています。しかし、1年ももたずスペード離婚となりました。離婚原因は詳しくは語られていませんが、一門を支えるためだったということです。

歌舞伎役者の嫁は「梨園の妻」として裏方に徹して夫を支えなければいけないのですが、昔ながらの習慣や作法も多く身に付けるだけでも大変だといいます。そんな「梨園の妻」に元モデルの嫁が合わなかったようです。

市川右團次の離婚歴!二人目の嫁は天羽享子だった!

2度目の結婚相手は、元キャビンアテンダントでレースクイーンでも活躍された天羽享子さんと、1999年に市川右團次さんが36歳の時に結婚しました。171cmの長身でスレンダー美人だったそうです。しかし、こちらも3年で破局を迎えてしまいます。離婚の原因は何だったのでしょうか?

市川右團次の二度目の離婚の原因は嫁のサルサダンス?

離婚の原因は、天羽享子さんがサルサダンスにハマり、その腕前は日本代表にも選ばれるほどだったようです。しかし、これでは「梨園の妻」としての仕事はできるはずも無く、離婚することにしたようです。市川右團次さんは、家に役者が二人いるようだったと語っています。

市川右團次が突然の襲名!

市川右團次さんは、2017年1月3日、東京の新橋演舞場「寿新春歌舞伎」にて、「三代目市川右團次」を正式に襲名しました。81年振りの名跡復活ということで、市川右近改め市川右團次さんは、「代々の右團次の名を辱めぬよう努力と精進を重ねてゆく所存です」と神妙な面持ちで宣言。

自らが41年名乗っていた「右近」の名は、長男であるタケル君が2代目を襲名しました。2016年5月の突然の襲名発表に歌舞伎界は大いに揺れましたが、本人は、「急に決まった話ではないんですよ」と語っています。実は、この市川右團次襲名には、ある大物歌舞伎俳優の存在がありました。

市川右團次襲名には市川海老蔵の存在があった!

その人物とは、歌舞伎界のプリンス「市川海老蔵」。8年ほど前から、「市川宗家に市川右團次という名前があるので、右近さんどうですか」と打診を受けていたそうです。市川右團次さんは、上方出身なので、大阪府出身の市川右近と同じ。「右」という名前も同じです。

さらに、宙乗りや早変わりといった奇抜な演出がスーパー歌舞伎と似ていることに共感した市川右近さんは、右團次襲名を決心します。しかし、何より襲名へと駆り立てたのは、長男タケル君の存在でした。「歌舞伎役者になりたい」そう願う息子の気持ちと、9歳の時の自分の境遇を重ねあわせたのかも知れません。

市川右團次の嫁や離婚歴についてのまとめ

市川右團次さんは三度の結婚をしていることがわかりました。現在の嫁である明子さんとの間には長男のタケル君がいます。はじめての子供で市川右團次さんもとても可愛がっているそうです。そんなタケル君も歌舞伎役者になりたいと言っているそうで、市川右近の名を襲名しています。

市川右團次さんとしても、タケル君との稽古はとても貴重な時間なのかもしれません。タケル君も市川右團次さんのことを見ているので、もしかしたら俳優になりたいと言う日もくるのかもしれませんね。親子でドラマでの共演なんてこともあるのかもしれません。楽しみにしています。