北斗晶の余命は?乳がんのステージは?現在の病状は?仕事にも復帰!?

元女子プロレスラーの北斗晶さんが乳がんを患っていることが発覚したことは記憶に新しいですね。最近芸能人でもがんで亡くなっている方が多い印象を受けます。北斗晶さんはどのように病気と向き合っているのでしょうか。北斗晶さんの現在の病状、治療方法などを調べてみました。

北斗晶の余命は?現在乳がん治療中?

北斗晶さんは2015年、ブログで乳がんを患っていることを公表しました。7月7日の七夕の日に医師から告知されたようです。初夏、胸にチリチリとした痛みを感じていたという北斗晶さん。がんは直径2㎝大の腫瘍でした。

北斗晶さんといえば鬼嫁としてテレビ番組等で活躍されてきた方です。元女子プロレスラーなだけあって大変気が強く口調も少々キツイ、けれどそれが面白いと人気でしたね。あんなに元気でむしろ病気になんてなりそうにもない方が乳がんになってしまったのです。

大変驚いたニュースでした。そんな北斗晶さん、余命は宣告されているのでしょうか。気になって調べてみたところ結構ヘビーな数字を伝えられていました。それでも笑っていられるから強いですよね。

北斗晶の現在の余命や乳がんの病状は?!手術・闘病などをまとめてみました!

北斗晶に乳がん発覚!ステージは?余命は?会見で明かす!

右乳房の全摘出手術を受けた北斗晶さんは退院後、所属事務所で記者会見を行いました。ステージは極めて3に近い2のBとのことです。けっして軽い病状ではありませんね。全摘出せざるを得なかったのですから軽くはないことは明らかでした。

人は胸に目がいくけどそれでいい、と本人は語っていましたね。やっぱり注目されてしまうものなのだと思いました。あんまりじっと人の胸を見るなんて失礼なこと、普通はできないのですが世の中には色々な方がいますもんね。

いつも気丈に振る舞っていた北斗晶さんらしいコメントだと思いました。そして余命も明らかになったのですが乳がんだけなら五年後生存率70%、だったのですが北斗晶さんは脇に転移していたことが判明していたのです。

大病を患った北斗晶さんがブログを突然休み、話題に?理由は親友Aの死?

余命は5年後に生きている確率50%!

脇に転移していたとなると生存率が下がるようでその確率は5年後生存率50%…高くない数字ですね。本当に気丈な方ですがそれでも怖いと思います。愛する家族もいるわけですから死にたくないという気持ちは強いでしょう。

がんの治療だってけっして楽ではありません。苦痛を伴います。髪の毛が抜けるなんて女性にとっては大変辛いことですからね。胸を摘出して髪の毛が抜けるのにも耐えての治療で五年後50%の生存率とは実に厳しいものだと感じています。

北斗晶の乳がんはリンパ節にも転移!脇の感覚がない…

右脇のリンパ節に転移していたことが判明し悪性だったので神経をすべてとってしまったらしいです。なので感覚がまったくないそうですね。次から次へと明らかになっていった衝撃的ながんの病状と治療ですがつまるところ事態はよっぽど深刻だったのですね。

ふくらみのなくなった右胸を服の上から見せ、「胸がなくなるって、こういうことなんです」と涙する場面もあったが、「がんに負けないように闘います」と気丈に宣言。

(引用:サンスポ)

北斗晶さんはこのような発言もしています。女性として悲しいことばかり経験されているので胸が痛みます。それでも闘うと宣言しているのがやっぱり勝負の世界で生きてきた方なのだなと思いますね。精神的な強さが目に見えるようです。

NEXT 北斗晶のがんの原因は食事?