柴田恭兵の息子がガンの病気で死去していた!?経緯などの詳細を紹介します!!

様々なドラマや映画等の有名作品に出演し、活躍されている大物俳優・柴田恭兵さん!!そんな柴谷恭平さんの息子さんが病気で亡くなられていることが判明しました。そこで今回は柴田恭兵さんの息子さんの情報にスポットを当てて死去の詳細を紹介したいと思います!!!

柴田恭兵の息子が病気で死去していた!?詳細を紹介!!

ドラマ『太陽にほえろ』や映画『ハゲタカ』などの様々有名番組に出演し、歌手としても活動されている柴田恭兵さん!!そんな柴田恭介さんは1983年に元モデルであった一般女性と結婚し子宝にも恵まれ幸せな家庭を過ごされていたそうなのですが、次男の息子さんがある病気で亡くなっていたことが判明したのです!!

そこで今回は柴田恭兵さんの亡くなられた次男の息子さんにスポットを当てて、死去判明時や病気の詳細等の病気に関する様々な情報をいくつかに分けて紹介していきたいと思います!!紹介の前に、まずは柴田恭兵さんのプロフィールをのぞいてみましょう!!!

舘ひろしさんの弟さんは医者だった?実家は病院を経営していた?

息子が死去していた柴田恭兵のプロフィール!!

名前:柴田恭兵 生年月日:1951年8月18日(67歳)最終学歴:日本大学経済学部 出身地:静岡県静岡市清水区 身長:176cm 血液型:AB型 職業:俳優・歌手 事務所:柴田恭兵事務所 妻:一般人 です!!

竹内力の若いころの画像が城田優似の爽やかイケメンだった!?

柴田恭兵の息子・鮎が死去・・訃報の詳細。

ドラマ「あぶない刑事」や映画「北のカナリアたち」等の様々な有名作品に出演している大物俳優・柴田恭兵さん!!そんな柴田恭兵さんに2004年12月末、某情報番組で次男であった鮎さんが自室で急死したという突然の訃報が流れたのです・・・。

次男の鮎さんは高校を卒業後、柴田恭兵さんたち親元を離れて九州の某大学でコンピューター音楽を専攻していたそうです。関係者によると次男・鮎さんは2004年12月中旬に突然連絡が取れなくなり、知人が鮎さん宅を訪れたところ自室で亡くなられていたそうなのです。

柴田恭兵の息子・鮎の死因は『心臓発作』で持病もあった!!

2004年12月中旬に自室で急死していた柴田恭兵さんの次男・鮎さん!!警察の調べで、死因は『心臓発作』であることが判明したそうです。その後柴田恭兵さんと妻は東京から飛行機で九州入りし、病院の遺体安置所で帰らぬ愛息子と対面したそうです。

さらに柴田恭兵さんの所属事務所「柴田恭兵事務所」は、某新聞社の取材に『柴田恭兵さんの次男・鮎さんは、喘息の持病を持たれていて自宅で発作を起こしたようです。息子さんの死後、柴田恭兵さんにとってはつらい日々だったでしょうがこれ以上は申し上げられません。』と言葉少なめに持病の喘息の発作が棋院であったことを話していたそうです。

柴田恭兵の息子・鮎が患った病気『心臓発作』の原因と症状は?

次に、柴田恭兵さんの息子・鮎さんの死因となった『心臓発作』の症状や原因について紹介したいと思います!!『心臓発作』とは循環器に関わる持病の突発的な発作の総称を意味します。多義的であるため医療現場などではあまりこの病名を使用せず、より具体的な病名で表現されることが多いそうです!!

『心臓発作』の症状としては、みぞおちを中心とした肩や首の付け根あたりまでの不快感や痛みを感じるそうなのです。『心臓発作』になる原因としては、コカインなどの薬物の使用や冠動脈の解離、塞栓などが原因として挙げられているそうです。

その後、柴田恭兵も病気『肺がん』を患っていた!!

2004年12月中旬に愛息子である次男・鮎さんの持病である喘息がキッカケとなり「心臓発作」を起こして急死してしまいましたが、愛息子の死から約2年後の2006年。今度は柴田恭兵さんが『肺がん』を患ってしまっていたことが明らかになったのです!!

ですが柴田恭兵さんが患った『肺がん』は早期発見であり、症状も初期段階であったため、2006年7月に手術をして同年8月には退院をして自宅療養に専念していたそうです!!重い病気にならないでよかったですね。。。

柴田恭兵が『肺がん』を克服し、現場復帰!!

2006年7月に『肺がん』の手術を行い、同年8月からは自宅療養に専念していた柴田恭兵さん!!そんな柴田恭兵さんが自宅療養を経て、約4ヵ月後の12月にはドラマで現場復帰を果たしたそうなのです!!

ですが復帰当初の柴田恭兵さんは手術前と比べるとかなり痩せられていたそうで、復帰後の柴田恭兵さんを目の当たりにした視聴者やファンの間では「まだ治っていないのでは?」と心配の声が多く挙がっていたそうです。

柴田恭兵が患った『肺がん』は再発の可能性がある!?その①

見事2006年12月に俳優として現場復帰をされた柴田恭兵さんでしたが、柴田恭兵さんが患った『肺がん』は再発率が高いことで知られている病気なのです。そのため、前述のように「治っていないのでは?」と思う方はとても多かったと思います!!

柴田恭兵さんは元々ヘビースモーカーで有名であり、『肺がん』になったのも少なからずそれが原因になっているのではないかと懸念され続けていました。さらに、『肺がん』は通常5年再発しなければ完治しているという風に言われています。

柴田恭兵が患った『肺がん』は再発の可能性がある!?その②

ですが柴田恭兵さんは2006年7月に患った『肺がん』を機に、たばこの禁煙にも成功して禁煙のCMにも出演されています。おかげでその後も『肺がん』を再発させたという報道が出ていないですよね。やはりそれだけ柴田恭兵さんは今回の『肺がん』には考えさせられたところがあったのでしょう!!

柴田恭兵さんだけでなく、奥さんや長男の息子さんもとても心配されたと思います。ですが、家族が団結して気丈にも息子さんの死や肺がんを乗り切った柴田恭兵さんの今後の活躍に乞うご期待です!!

柴田恭兵が患った『肺がん』の症状や原因は!?その①

最後に、柴田恭兵さんが患った『肺がん』の症状や原因について紹介していきたいと思います!!『肺がん』とは肺にできるがんのことで、近年の『肺がん』患者の数が増加傾向にあるのだそうです。『肺がん』にみられる主な症状には「咳」「呼吸困難(息切れ・息苦しさ)」「体重減少」「痰」

「血痰」「胸の痛み」等があります。ですが早期の『肺がん』は症状が出にくく、症状があったとしても「風邪やタバコのせい」だと思って気づかないことがあるそうなのです。咳などの症状が続く場合にも医療機関を受診することをお勧めします。

柴田恭兵が患った『肺がん』の症状や原因は!?その②

そして『肺がん』を患う原因は、肺の細胞の中にある遺伝子に傷がつく(変異する)ことで生じるそうです。傷をつける原因にさまざまなものがありますが、代表的なものが喫煙と受動喫煙です。その他にもアルミニウムやヒ素・アスベストなどが原因になることが知られています。

柴田恭兵さんの息子・鮎さんの死因・病気等についてのまとめ

柴田恭兵さんの息子・鮎さんの死因・病気等についてのまとめついて個人的ではありますがお話しします。2004年12月末に次男の愛息子・鮎さんを亡くしてしまった柴田恭兵さん。その後は家族と団結して悲しみを乗り切り、柴田恭兵さんも俳優として復活しましたね。

ですがそんな中で2006年『肺がん』を患い、2006年7月に手術をして8月には自宅療養をして12月には見事俳優を果たしました。今後も俳優として、そして父として活躍する柴田恭介さんを応援しています!!