天地真理の現在は?母の浪費癖で苦労した娘の青木真保は今も苦悩が続いている?! エンタメ

天地真理の現在は?母の浪費癖で苦労した娘の青木真保は今も苦悩が続いている?!

1970年代のトップアイドル歌手といえば天地真理さんですね。天地真理さんの現在はどうなっているのでしょうか?噂の浪費癖で一体どうなってしまったのでしょうか?娘の青木真保さんも話題に出てきましたが、気になる娘さんの様子など現在の様子に迫っていきます。

目次

[表示]

1・天地真理の昔のアイドル全盛期ってどれくらいすごかったの?

1970年前半にトップアイドルとして、大活躍していた歌手であり、女優でもあります。1973年の女性ブロマイドの年間売り上げは1位を記録するなど、チャーミングで天使のようなトップアイドルでしたので、当時のアイドルとしてのファン人数は相当すごかったようです。

当時のアイドルといえば、インターネットのある今のアイドルとはちょっと違い、ファンからとの距離感がもっと遠い時代でした。昔は「ブロマイド」といって、好きなアイドルの写真が1枚がいくらかで売られているような時代ですので、ブロマイドが売り上げ1位って、とてもすごい事なのです。

2・天地真理のプロフィール

芸名:天地真理(あまちまり)。本名:青木眞理(あおきまり)。1951年11月5日生まれ(平成18年現在は66歳)。埼玉県出身。O型。身長158cm。体重:46kg(いずれもデビュー当時のサイズ)。天地真理さんが2歳の時に両親が離婚している。

その後は母と東京に引っ越し、小学5年の時に母親に買ってもらった88鍵のピアノにのめり込み、腕をあげて上達したおかげか、1964年には国立音楽大学附属中学校に入学。1967年には,同高校に進学し、1970年に卒業の後に、翌年はついにデビューしました。

3・天地真理の波乱万丈な人生!~青木真保が生まれる前編~

まだ18歳だった1971年に、アイドル歌手としてデビューして、初の曲「水色の恋」はいきなりのオリコン3位とヒットしました。その後もオリコンシングルチャートで5曲が1位とさらに大ヒットした記録で、1970年初期では国民的アイドルとして、おおいに活躍されていました。

そして、「真理ちゃんシリーズ」の冠番組も3年続けましたが、25歳の時に甲状腺の病気で活動中止になってしまいました。トップアイドルの急なニュースにファンも心配でした。じつに2年半の休止活動となってしまい、それが人気の曇りの兆しとなってしまい、うつ病を発症してしまう事態になってしまったのです。相当つらかったと思われますね。

NEXT:4・天地真理の昔の変化に戸惑ったメディア出演?青木真保も心配
1/3