吉永小百合の旦那の岡田太郎の現在は?病気と言われているが本当? エンタメ

吉永小百合の旦那の岡田太郎の現在は?病気と言われているが本当?

吉永小百合さんは1973年に、当時、フジテレビディレクターの岡田太郎さんと電撃結婚しました。年の差は15歳です。その旦那の岡田太郎さんの現在はどうなのでしょうか。病気とか、はたまた、死亡説までありますが本当のところはどうなのでしょうか。

目次

[表示]

吉永小百合の旦那の岡田太郎の現在は?病気なのか?

岡田太郎さんは吉永小百合さんより15歳年上なので、現在90歳です。現在、岡田太郎さんはどうしているのでしょうか。

90歳と言えば、病気の一つや二つがあってもおかしくない年です。しかし、岡田太郎さんに関しての情報はほとんどないのが実情です。

それは吉永小百合さんが気を遣って外部に家庭内のことは極力伏せているのだと思います。でも、ネットでは岡田太郎さんのことが話題となっています。

どこか悪いのでしょうか。とても気になるところです。中には死亡説までありますが、本当なのでしょうか。

吉永小百合のプロフィール

  • 本名:岡田小百合
  • 生年月日:1945年3月13日(75歳)
  • 出身地:東京都渋谷区
  • 身長:155㎝
  • 血液型:O型
  • 1957年、渋谷区西原小学校6年生の時にラジオ東京(現・TBSラジオ)の連続ラジオドラマ「赤胴鈴之助」でデビューします。10月にはラジオ東京制作のテレビドラマ「赤胴鈴之助」でテレビデビューします
  • 1959年、松竹映画「朝を呼ぶ口笛」で映画デビューします
  • 1960年、渋谷区立代々木中学校を卒業、東京都立駒場高校入学と同時に日活撮影所に入社します
  • 1961年、私立精華学園女子高等学校に転入学します
  • 1962年、映画「キューポラのある街」にヒロイン役として出演します
  • 1965年、早稲田大学に高卒と同等以上の学力があると認められ早稲田大学第二文学部西洋史学専修に入学します。
  • 1969年、早稲田大学第二文学部西洋史学専修を卒業します
  • 1982年、テレビドラマ「続 夢千代日記」で第19回ギャラクシー賞・選奨を受賞します
  • 1985年、「おはん」「天国の駅」で日本アカデミー賞最優秀主演賞を初受賞します。その後、計4度度賞を受賞します
  • 2006年、紫綬褒章を受章します
  • 2015年、菊池寛賞を受賞します
  • 2016年、第25回日本映画批評家大賞・実写部門 ダイヤモンド大賞を受賞します

吉永小百合の旦那の岡田太郎の現在は?病気?①

両親に結婚を反対され、そんな両親に嫌気が指して、岡田太郎さんとの結婚で吉永小百合さんから結婚を迫ったと言います。電撃結婚した吉永小百合さんと岡田太郎さん。

吉永小百合さんが28歳の時のことでした。岡田太郎さんはフジテレビディレクターから代表取締役まで上り詰めています。

そんな岡田太郎さんは一度大病をしているそうです。そのために吉永小百合さんは、自宅を改造し、バリアフリーにしています。

ここに吉永小百合さんの岡田太郎さんへ対する気遣いと感謝の気持ちがあふれています。多分、吉永小百合さんの心的な危機を岡田太郎さんが救ってくれた恩返しなのだろうと思います。

吉永小百合の旦那の岡田太郎の現在は?病気?②

自宅を改造し、バリアフリーとしていた工事期間、吉永小百合さんは自宅の近くにマンションを購入しました。

吉永小百合さんと岡田太郎さんが別居と、話題となりましたが、吉永小百合さんは、自宅とマンションを行き来しながら岡田太郎さんの生活を甲斐甲斐しく支えています。

岡田太郎さんは吉永小百合さんが作る味噌汁が大好きで、それが一日の楽しみとなっています。

また、吉永小百合さんは義母の世話にも熱心で、岡田だろうさんの仲睦まじく生活しています。岡田太郎さんが大病を患ってからより一層2人の愛情は深まっているように見えます。

吉永小百合の旦那の岡田太郎の死亡説!

岡田太郎さんは、大病をしてから毎年のように死亡説が浮上します。これはサユリストと呼ばれる吉永小百合さんの熱狂的なファンが吉永小百合さんを心配してのことだと思いますが。

しかし当の吉永小百合さんは、多分、「またか」と、全くそのような報道には取り合わないだろうと思います。

吉永小百合さんは岡田太郎さんと電撃結婚する前に俳優の渡哲也さんと大恋愛をし、両親の反対を説得できずに破局し、そのストレスと仕事のストレスから一時的に声が出なくなってしまいました。

それを救ってくれたのが岡田太郎さんなのです。だから、岡田太郎さんの死亡説が出ても全く動じないと思います。

結婚を機に料理教室へ通っていた!

stevepb / Pixabay

ストレスにより、心がボロボロになっていた時期に岡田太郎さんの結婚した吉永さん。実は当初目玉焼きぐらいしか料理ができなかったそうです。

そのため、料理教室に通いだしの取り方、魚の三枚おろしなどからできるようになったそうです。当時の吉永さんは「家庭のことだけをやって、奥様稼業に専念しよう」と決心したそうで、

料理教室に通い始め、新しいことに触れるたびときめいていたそうです。吉永さんにとって結婚はとてもいい転機になったのでしょう。

吉永小百合の旦那の岡田太郎は肝臓を患った!

岡田太郎さんは大病を患いましたが、それは肝臓の病気だったようです。一時はかなり厳しい容体だったそうですが、現在は、元気になったそうです。

危篤説まで流れたほど重篤だったようですが、元気になって幸いです。吉永小百合さんはそんな岡田太郎さんのために自宅をバリアフリーにしました。

吉永小百合が子供を持たないという選択をした訳は?

まず、子供を産むと女優が続けられないと考えて吉永小百合さんは子供を産まない決心をしたことが一つです。

そして、吉永小百合さんが子供を産まない決心をした大きな要因に、吉永小百合さんの家庭環境があります。吉永小百合さんの母親は熱心なステージママだったのです。

「人間である前に女優たれ」というのが吉永小百合さんの母親の口癖だったと言います。後年、吉永小百合さんは述懐しています。

「きちんと親から教育を受けたことがない」「子供をどう育てたらいいのかわからない」という吉永小百合さんは、子供を産まない決断をしました。

吉永小百合の旦那の岡田太郎は離婚しバツイチ!

岡田太郎さんは、吉永小百合さんが渡哲也さんとの大恋愛の末の破局後に悲しみに暮れていた中、親身になって吉永小百合さんの話を聞いていたそうです。

それが縁で、吉永小百合さんと岡田太郎さんは結婚したのですが、岡田太郎さんは離婚しバツイチで「結婚は大変だよ」と吉永小百合さんとの結婚を渋っていたそうです。

しかし、業を煮やした吉永小百合さんの方が岡田太郎さんに結婚を迫り、電撃結婚に至りました。確かに一度離婚を経験すると結婚には二の足を踏むのかもしれません。

けれども、そもそも吉永小百合さんの話を親身になって聞くということは岡田太郎さんも吉永小百合さんに惹かれていたはずです。

吉永小百合と旦那・岡田太郎の結婚式は5人のみの挙式だった

OlcayErtem / Pixabay

披露宴と会見は公の場で行われていましすが、お二人の挙式はたった5人で行われたそうです。

「新郎新婦に、立会い兼仲人の形で僕とみどり、それに小百合ちゃんの母親代わりの介添人として先輩女優の奈良岡朋子さんに来てもらった」

(引用:Asagei+)

これは、フジテレビ開局時代からプロディーサー業をになっていた、千秋(せんしゅう)与四夫さんがある取材で語った言葉です。

千秋さんのご自宅にある和室で、千秋さん、千秋さんの奥さんである畠みどりさん、先輩女優の奈良岡朋子さん、そして新郎新婦のたった5人で行われた挙式でした。

吉永さんは花柄模様のワンピースを着用、とてもシンプルな式となったのです。猛反対されていた吉永さんご家族は参列することはありませんでしたが、当時の彼女にとってはこの形がベストだったのかもしれません。

「母だから女だから」吉永小百合の母親が本を出版?

吉永小百合さんの母親は、吉永さんが結婚した3年後の1976年、「母だから女だから」という随筆集を出版しました。なんとその中には、「娘を岡田太郎さんに取られた」という言葉が綴られています。

渡哲也さんとの結婚話も猛反対されていたのに加え、岡田太郎さんとの結婚も反対。ご両親の気持ちは図ることはできませんが、この本から吉永さんの結婚が一筋縄も二筋縄も行かなかったことがはかり知れますね。

結婚が吉永小百合を業界に留まらせた!

吉永さんは、仕事を休んでいた時期、人間らしい生活をしたいと考えていました。その時期結婚に至ったのは、彼女の人生の助けになったようです。

先ほどご紹介したように、奥様業に専念し新しい生活をするようになってから、徐々に女優としての自分とバランスを取れるようになりました。

つまり、彼女が岡田さんと結婚していなかったら、女優をやめていた可能性も十分にあったということなのです。

吉永小百合の旦那の岡田太郎は社長にまでのし上がる!

858265 / Pixabay

吉永小百合さんと結婚した当初フジテレビディレクターだった岡田太郎さんは、その後、フジテレビの社長にまで上り詰めました。大変な出世と言えます。

フジテレビの一会社員が社長にまでなるのはかなり異例中の異例のことのようで、岡田太郎さんは人徳がある方なのだと思います。

吉永小百合の後悔!

寅さんで知られる渥美清さん主演の「男はつらいよ」に吉永小百合さんは二度気難しい物書きを父に持った歌子役で出演していますが、平成に入り三度目の出演依頼があったそうです。

しかし、吉永小百合さんのスケジュールが合わず、三度目の出演はありませんでした。

しかし、渥美清さんが1996年8月4日に亡くなってしまいます。今年、22年ぶりに山田洋二監督が「男はつらいよ」の新作を制作すると発表しました。

しかし、渥美清さんが亡くなった時、吉永小百合さんは、何としても三度目の「男はつらいよ」の出演を受けるべきだったと後悔しています。

吉永小百合と旦那の岡田太郎がいつまでも仲睦まじく!

現在、75歳の吉永小百合さんと90歳である旦那・岡田太郎さんが、いつまでも仲睦まじくあることをお祈りいたします。

吉永小百合さんがいつまでも若々しくあるのは、きっと岡田太郎さんの存在が大きいと思いますので、岡田太郎さんが元気であることが何よりです。

そして、吉永小百合さんを見守っていてほしいものです。