徳永英明を襲ったもやもや病とはどんな病気?手術後の現在は? エンタメ

徳永英明を襲ったもやもや病とはどんな病気?手術後の現在は?

歌手の徳永英明さんが緊急入院したというニュースが飛び込んできました。徳永英明さんと言えば以前から「もやもや病」を患っているということが有名ですが、今回も「もやもや病」が関係しているのでしょうか?今回は徳永英明さんの気になる現状と病気についてまとめてみました。

目次

[表示]

徳永英明はもやもや病?現在の病状は?

徳永英明さんは以前から「もやもや病」という病気を患っており、体調不良が続くなどして音楽活動を休止していた時期が何度かありました。この「もやもや」病って一体どんな病気なんでしょうか?そして、つい先日体調不良で緊急搬送されたというニュースもあり、徳永英明さんを心配する声が相次いでいます。

「もやもや病」の影響からか、以前には手術をしたということも明かした徳永英明さん。今回の緊急搬送により予定していたコンサートも延期だそうで、今後は回復の状況を見ながら復帰への準備をすることを発表しています。

徳永英明のプロフィール

  • 名前:徳永英明(とくながひであき)本名の表記は德永英明
  • 生年月日:1961年2月27日
  • 出身地:福岡県柳川市
  • 身長:175cm
  • 職業:シンガーソングライター

1986年1月にアルバム『Girl』シングル「Rainy Blue」でデビュー。1987年の8月にはフジカラーのCMソングとなった「輝きながら…」がヒットし翌年には初の日本武道館コンサートを成功させています。1990年7月に発売したシングル「壊れかけのRadio」が大ヒット。後にこの曲は徳永英明さんの代表曲となります。

2005年には女性ボーカリストのみををカバーしたアルバム「VOCALIST」を発売。このアルバムは「VOCALIST 4」まで発売しており首位を獲得するなどの大ヒットとなりました。また、私生活では1994年9月に元モデルの女性との結婚を発表し、1995年には第一子も誕生。さらに1998年には第二子も誕生しています。

徳永英明を苦しめる「もやもや病」はどんな病気?

徳永英明さんが「もやもや病」を発症したのは2001年のことでした。それまでは「もやもや病」というものがあまり知られておらず、徳永英明さんがこの病気を発表したことにより、一般的に知られることとなりました。そもそも、この「もやもや病」とは一体どんな病気なのでしょうか?

「もやもや病」は脳に血液を送る血管が徐々に詰まり、脳が血液不足を起こしたり出血を引き起こしてしまうという難病。日本人に多い病気と言われており、この病気自体も日本で最初に見つかった疾患です。発症年齢は5歳頃、30~40歳頃と二回山があり、女性がかかりやすい病気と言われています。

症状としては、手足のまひや言語障害などを起こす「虚血型もやもや病」や脳出血を起こす「出血型もやもや病」の2種類に別れているようで虚血型は小児に多く、出血型は成人の半数を占めています。徳永英明さんはコンサート中に歌詞が出てこなくなるという症状が現れ、病院にかかったところ「もやもや病」と診断されたそうです。

徳永英明の病気「もやもや病」の原因は何?

病名からは想像できない怖い病気「もやもや病」ですが、病気にかかる原因は何なのでしょうか?徳永英明さんは「めちゃくちゃな生活のツケが来てしまった」とコメントをしていましたが、この「もやもや病」の原因は未だ不明と言われており、謎の病気とも呼ばれているそうです。

もやもや病と言っても僕の場合はかなり軽症だった。お医者さんが脳の手術はリスクのあることなので、だから今の状態でも大丈夫じゃないかと…(引用:FNNプライム)

徳永英明さんは、全国ツアー中に病気が発覚し、その後は病気療養のため無期限活動休止を発表。その1年半後には音楽活動を再開しており復帰会見も行いました。「もやもや病」の原因は不明なものの、徳永英明さんは医師から「軽症」と診断されたそうで手術も行わなかったそうです。

徳永英明「もやもや病」再発!?脳梗塞発症予防で手術も!

「もやもや病」を克服して復帰した徳永英明さん。医師からは軽症と診断されていたものの、2016年2月上旬に右手が重くなるなど再び「もやもや病」の症状が現れました。医師の診察の結果やはり「もやもや病」で、手術や療養が必要との診断も受けたのだとか。

このような診断が下ったことからも、今後のことを考え「もやもや病」による脳梗塞発症を予防するため開頭手術を行ったそうです。退院後はリハビリも兼ねて3月いっぱい活動を休止し、翌月には復帰を果たしました。もやもや病を克服したと思われていた徳永英明さんですがまた再び「もやもや病」が再発したとは・・・本当に怖い病気です。

徳永英明が入院!?軽度の脳梗塞と診断!

徳永英明さんは2018年4月に激しい立ち眩みのような症状が現れ緊急搬送されたとニュースになりました。病院で精密検査をしたところ「軽度の脳梗塞」と診断を受けたそうです。このニュースにファンからも心配の声が相次いでいます。

4日に激しい立ちくらみのような症状で救急搬送された歌手の徳永英明(57)が、精密検査の結果、脱水症状による軽度の脳梗塞と診断されたことが5日、公式サイトで発表された。1週間程度の入院を要し、8日の新潟テルサ(新潟)、9日のオーバード・ホール(富山)公演を一旦延期。その後については、経過観察後の状態をみて随時判断していくとした。(引用:オリコンニュース)

コンサート期間中だっただけに、前回のもやもや病が頭をよぎったファンも多いのではないでしょうか。当の本人である徳永英明さんは至って元気という情報もありますが、これまでの経緯があるので心配になってしまいます。

徳永英明が無事退院!現在、病気の症状は?

1週間ほどの入院で9月11日には無事に退院を迎え経過も良好という徳永英明さん。SNSでもファンの心配する声が多数投稿されていました。そんな心配しているファンに向けて徳永英明さんは次のようなコメントを発表しています。

今まで感じたことのない症状に戸惑いましたが、原因がわかり少しほっとしています。体調と体力回復に努めますので、もう少しお待ちください(引用:FNNプライム)

これまでの度重なる活動休止に徳永英明さん自身はもちろん、ファンも心配していたことでしょう。特に今回は緊急搬送されたうえ、「軽度の脳梗塞」と診断されたわけですからなおさらです。ですがこうやって徳永英明さんから直接ファンへ向けてコメントを発表してくれることでファンも安堵したのではないでしょうか?

徳永英明、退院後の復帰はどうなる?

退院してからまだ間もない徳永英明さんですが、ファンにとってはいつ復帰するのか待ち遠しいものです。9月11日に徳永英明さんのオフィシャルサイトでも退院の報告がされており、今後の復帰については日常生活を送り経過を見ながら復帰の準備を行うという発表しています。

徳永英明、過去にはポリープの手術もしていた!

「もやもや病」による脳梗塞発症予防の手術を受けた年の7月、8月には性咽頭喉頭炎のため再び全国ツアーを一部延期していたという徳永英明さん。全国ツアー中に喉の不調を訴え、診察したところ「性咽頭喉頭炎」との診断。大事を取ってツアーの一部を延期するという決断をしたようです。

徳永英明さんは2001年に「もやもや病」を発症してからというものの、何かと体調不良が続いています。音楽界でもトップクラスの歌手ですからハードスケジュールが続き、体調不良を引き起こしているのかもしれませんね。

徳永英明のもやもや病と現在の症状について【まとめ】

徳永英明さん発症した「もやもや病」、知れば知るほど怖い病気ですね。何か予防策でもあればいいのですが、原因不明の難病ということから、予防することは難しいのかもしれません。また、今回幸いにも「軽度」の脳梗塞だったのは前回の手術のおかげでもあるかもしれませんね。

オフィシャルサイトでも発表されている通り、退院後は回復状況を見ながら復帰の準備を進めるとのことですので、早い復帰を望むファンも多いかと思いますが、とりあえずは焦らずにゆっくり休養して回復してほしいと願います。