菅井きんが死去!!現在の近況を語っていた?引退の真相!!認知症?? エンタメ

菅井きんが死去!!現在の近況を語っていた?引退の真相!!認知症??

昭和を代表する大ベテラン女優の菅井きんさんが先月、亡くなられた事が報じられました。昭和と言う時代の、大ヒット時代劇ドラマ『必殺仕事人』等では、お茶の間を和ませる名脇役の母を演じ切りました。どんな役でもこなして魅せる名女優と言える人物です。

目次

[表示]

菅井きん、現在の近況を語った事実上の引退??その真相!!

世間から気に去れてた菅井きんさんは、2014年フジテレビ系列『ノンストップ!(NON STOP!)』に出演されました。芸能界から姿を消された本当の理由、大腿骨を骨折された事とリハビリに励まれている事を説明、認知症説や特別養護老人ホーム説に反発し、自身で否定する為に出演されたのです。中には、引退を仄めかす発言も。

菅井きん、現在の近況を語った、その訳は??真相に迫る!!

現在の近況を語る事と成った事の発端

2010年に大腿骨骨折をされ、活動休止、リハビリに専念され、現役から身を惹かれました。84歳の事です。しかし、こう言った報道は、長く報じられる訳も無く、皆さんの人生のほんの一瞬とも思える期間しか報じられません。報道は記憶に残る事も無く、菅井きんさんは、世間から消え去った女優と成ったのです。

注目されてたが故、出た話題

出演され無く成り、女性誌により要介護3認定説や認知症説、特別養護老人ホームに入居され徘徊が始まっている等の説が丁稚上げられてしまったのです。それだけ、嘘の報道が出る程、脇役で在りながら人々から意識され気に成る存在で、気付かぬ内に、昭和・平成世代の多くの人に、母の様に愛されていた方でした。

菅井きんに対し、女性セブン等の記者は何故??

2014年6月12日号女性セブン等で掲載された内容には、菅井きんさんの知人らしき人物がコメント去れて居て、娘さんがとても苦労去れて居ると人伝の内容が掲載されていました。伝言ゲームの慣れの果てとも言える内容は、ヒートアップした記事見出しを飾りました。更に当人・家族の心境を他所にネット上でフェイクニュースが拡散。

嘘の情報「いじめ」!!認知症!!要介護!!老人ホーム!!

誰もが感じた事が有ると思いますが、もし他人に、「認知症」や「ボケて徘徊してる」「特別養護老人ホームに入っている」なんて事を言われたら、皆さんも不愉快な感じをされると思います。菅井きんさんは、誰とも判らない心無き人物により報道と言うネットワークを利用し拡散され、いじめとも言える侮辱を受けたのです。

家族・自宅・近隣・社会の目。菅井きん、女優としてのケジメ!!

菅井きんさんは、嘘の記事(フェイクニュース)に対し「腹が立ちました、弱い者いじめ」と反論されています。近隣や報道の目を気に去れた菅井きんさんは、不自由になった体に鞭を打ち車椅子を使用してでも成るべく外出する事にした事を番組内で報じられました。とても素敵な洋服を着てリハビリする姿は、とても活発にも見え気丈な姿でした。

菅井きん、現在の近況を語ったその真相と真意!!引退?!

「もう女優じゃないです。無理ですもん。」と寂しそうに言われました。しかし、リハビリをする姿を見せ「足が丈夫に成って動物園に行けるように」とお茶の間に頑張る姿を披露。彼女は生前「女優もたばこも命掛け」と口癖のように言われていたそうです。菅井きんさんは亡くなる迄、女優で在り続ける事を諦めて無かったと感じられます。

死去された菅井きんさんとは?

意欲に満ちた菅井きんさんのプロフィール

菅井きんさんの本名は佐藤キミ子さん、1926年2月28日生まれ身長155㎝でB型、東京都目黒区出身。所属事務所は旦那さんが生前立ち上げた株式会社仕事に所属。終戦翌年、20歳で夢を実現する為に演劇の道を選び、1951年25歳で芸能人として映画でデビュー。心不全の為2016年8月10日、家族に看取られる中、他界されました。

菅井きんの家族

旦那は映画プロデューサーで、日本映画テレビプロデューサー協会会長を務められた佐藤正之さんです。22年前の1996年に亡くなられました。御2人には、娘さんが一人とお孫さんとひ孫さんも居て、娘さんの名前は三上中子さん(62歳)と言われてます。中子さんはアメリカで登さんと出会い結婚、喪主を務められた三上登さん。

菅井きんを引退に追い込んだ大腿骨骨折とは??

骨盤と脚の付け根側に当たる脚の骨の根元に位置する骨で、こちらが折れると痛くて歩けなく成ります。太ももの付け根に位置する太い骨で折れ難いイメージが在りますが、お年を召された方には、チョットした転倒や躓きで簡単に折れてしまうそうです。容体(病名)は違いますが、部位が近い芸能人として坂口憲二さんが挙げられます。

消えたかに思えたフェイクニュース、現在再び!!菅井えり?

昨年から、菅井きんさんが、2016年に死去説が出た等と嘘の情報が連鎖拡大、現在巻き込まれた人物が1人浮上、菅井えりさんです。順を追って行くと、確かに2016年4月に根拠のない製作者が露骨な注目集めの為に「死去??」と掲載に使用しネットにアップしている記事が在りました。記事には特別養護老人ホームに入居と迄在ります。

死去後、巻き込まれた菅井えりさんとは?一体何故?

本名:渡辺敏子さん、大阪出身のミュージシャン1961年1月6日生まれ、2016年12月21日(55歳)に亡くなられています。大瀧詠一さんの三ツ矢サイダーの曲の影響を受けた音楽家の一人。旦那:渡辺格さん。世間には余り知られていませんが、一時期、世界的に有名と成った音楽家で、2016年に体の不調から入退院去れています。

認知症説と徘徊説の原因?!リハビリで?

表舞台から姿を消される直前に2010年から放送された、福山正治さん主演のNHK・大河ドラマ「龍馬伝」に出演、菅井きんさんは武市智役を演じ、セリフを覚えるのが大変だったと感想を漏らされていた様子。この事が切っ掛けで認知症の疑いと飛躍され、骨折後、踏切や階段を家族に支えられる姿を目撃された事から噂されたと考えられます。

老人ホーム説の原因?!

大腿骨骨折により、安静を余儀なくされた菅井きんさんを支えた御家族は、治療療養の為、介護の有る施設に入居(入院)を選択されました。姿が見え無い事を心配される方も多かったのでしょう。しかし、その心配から生まれる噂が歪み病院では無く、老人ホーム、そして特別養護老人ホームと成り、結果、要介護3認定と変化したと考えられます。

菅井きんと菅井えりの乱立するフェイクニュースの流れ!!

  • 2010年菅井きんさん、大腿骨骨折の為、舞台から姿が見れなくなる。
  • 菅井きんさんの姿を見ない事から、近所等で変な噂が拡散。
  • 2014年5月情報誌の報道記事に認知症説と要介護3と老人ホーム入居の情報が出る。
  • 2014年10月2日、菅井きんさん否定の出演される。
  • 2016年4月に死去説が釣り掲載の為のタイトルとして使用され、介護施設から、特別養護老人ホームと掲載される。
  • 2016年12月21日菅井えりさんが癌の為亡くなられました。
  • 2017年、中途半端な情報提供者が、記事の順序も調べる事も無く、2016年の菅井きんさんの死去説と菅井えりさんの死去を関連付ける情報が流され出回る。
  • 2018年菅井きんさんが8月10日に亡くなられます。
  • 2018年、菅井きんさんの記事として、否定出演はむなしく2016年と2017年の、死亡説と特別養護老人ホーム入居説をネット上に掲載されてます。

菅井きんさんの演技は、ギネスにも登録されていた!!

演技

優しい御婆さんから小姑迄幅広い演技を見せ視聴者を楽しませてくれた菅井きんさん。必殺仕事人シリーズでは、「婿殿」と藤田まことさんが演じる、家に帰って来た中村主水に対し、姑役として出演。食事にメザシを出しながら、裏で尾頭付きの魚をこっそりチラつかせ、嫁とニコヤカに微笑む姿は、ドラマ全体の流れを変える素晴らしい演技でした。

ギネス登録

2008年、当時の世界最高齢主演女優として、菅井きんさんは82歳の時に、映画「ぼくのおばあちゃん」に出演された事で、ギネス認定されました。名脇役の俳優の中で、日本人女性の女優が世界に名を広めたのです。

死去後、最終的に一番傷ついた者達

デマは瞬く間に広がり、収集の兆しを見せる事無く、ネット社会で永遠に生き続けるのです。最愛の人物を無くされた苦痛と苦労を他所に飛躍し、行き過ぎた内容が公表され続け、一番苦脳されたのは御遺族の方達でした。自身の為だけでは無く、社会的批判から遺族を守る為、菅井きんさんは『ノンストップ!』に出演されたと思われます。

菅井きんさんの一連の記事を通して、菅井きんさんの最後まで女優と言える、素晴らしい信念と生き様を目の当たりにし、あの目を細めた優しく微笑む笑顔がもう見れないという哀しみ、そして、簡単に人を傷つけてしまう情報社会に少し心苦しくも思えました。菅井きんさん、菅井えりさん、両家ご家族に、ご冥福お祈り申し上げます。