山口百恵の壮絶な生い立ち!現在、父親は施設に?引退理由は三浦友和との結婚? エンタメ

山口百恵の壮絶な生い立ち!現在、父親は施設に?引退理由は三浦友和との結婚?

昭和を代表するアイドルとして伝説となっている山口百恵さん。引退から30年以上経っても、その人気は健在です。彼女の壮絶な生い立ちと父親との確執は昭和のファンにはよく知られるところです。今回は山口百恵さんの生い立ちや家族などのエピソードを調べてみました。

目次

[表示]

山口百恵の壮絶な生い立ちとは①不倫相手の子のため母子家庭

14歳でデビューした山口百恵さんですが、デビュー当時は山口百恵の生い立ちは母子家庭に育ったとされていました。そんな女手一つで育てた母のために働いているとされていました。

しかし、実は百恵さんは認知はされていたものの、愛人の子であったという生い立ちだったことが空前のベストセラーとなった自叙伝「蒼い時」で明かされました。

山口百恵さんの父親には本妻がいて、時々家に通っては来るものの、結局本妻と離婚はしませんでした。そんな父親に山口百恵さんは嫌悪感を抱き、自分から遠ざけるようになりました。

山口百恵の壮絶な生い立ちとは②若い頃から父親とは疎遠

百恵さんは母子家庭で育ててくれた母親に「楽をさせてあげたい」と、大金が稼げる歌手という職業を選択しました。

それほどに母親思いの山口百恵さんは本妻と別れない父親への憎悪の感情を抱いていったようです。デビュー前から父親とは疎遠になっていて、ほとんど会っていない状態だったそうです。

山口百恵の壮絶な生い立ちとは③『私に父親はいない』

こうした生い立ちについても書かれている自伝『蒼い時』では「私に父はいない。私はあの人の存在を認めない。」といった内容が書かれている衝撃の内容でした。

それほどまでに父親が母親にした行為を許せなかったようです。そのため有名になっても、父親の存在は明かすことはなく、愛人の子という事は隠していたようです。

山口百恵の壮絶な生い立ちとは④父親に手切れ金を渡す

山口百恵さんが大スターになると、この父親は事務所に勝手に借金をしたり、まだ10代だった山口さんの親権を母親から奪おうとしました。

そのため百恵さんは自分で稼いだお金から多額の手切れ金を渡し、父親と完全に縁を切ったそうです。この父親は山口百恵さんにとって最悪の存在のようですね。

そうした経緯から完全に父親への思いは消滅したでしょう。この生い立ちが山口百恵さんの憂いを秘めた魅力を醸す一方、家族を大切に平穏にいきたいという願望から引退を選んだとも言われています。

山口百恵の人生を翻弄した父親の噂について

幼い頃から壮絶な生い立ちにあり、山口百恵さんを苦しめた筆頭は、間違いなく父親の存在でしょう。結局認知だけしかしなかった実父に関する、いくつかの噂の真偽を探ります。

山口百恵の父親の職業は「医師」?

Free-Photos / Pixabay

山口百恵さんの父親の職業は、医者であったと伝えられています。百恵さんご自身が語ったことではないですが、どうもこれは本当のことのようです。

母は看護師で医師である父親とは職場で知り合った?

geralt / Pixabay

父の職業が医師だったことを裏付けるものとして、母の山口正子さんは看護師だったことがあげられます。つまり職場で知り合った妻子ある男性が、父親だということらしいのです。

医師であれば通常は高給取りなイメージもありますが、前述の通り百恵さんの家庭には一切の資金援助はありませんでした。その背景には、本妻が百恵さんたち家族を疎ましく思っていた様子もあります。

山口百恵の父親は在日韓国人?

また山口百恵さんの父親は、在日韓国人ではないかという噂が未だ消えません。しかしこれは全くの事実無根だったようです。この誤解の理由は、当時暮らしていた地域に関連します。

百恵さん一家は当時、神奈川県の「横須賀」に住んでいて、ここはコリアンタウンとして有名なのです。さらにはこの父親が、仕事関係で朝鮮に行くことがあったせいだとも言われています。

この在日韓国人説だけは、全くのデマで、父も純粋な日本人だったことは確実のようです。

山口百恵の芸能生活秘話!デビュー前は新聞配達をしていた?

山口百恵さんは、14歳でデビューしましたが、その動機の1つには貧しい家計を助けるためというものがあります。スターを夢見る側面もありながら、過酷を極める現実もあったのです。

中学1年生の頃は新聞配達をして家計を助けた?

meineresterampe / Pixabay

スター誕生に応募する前の、中学1年の頃には、百恵さんは新聞配達のバイトをしていたそうです。言うまでもなく、小遣い目当てなどでなく、家計を助けるためだったそうです。

時代的には1971年、昭和で言うと46年頃の話になるでしょう。その当時も母子家庭の暮らしは非常に厳しいものでしたが、中1で新聞配達というのはかなりの少数派だったと言えます。

この頃同い年の、森昌子さんが歌手として活躍している姿をテレビで目にして、スター誕生へ応募したと言われています。

「スター誕生」出身で同期の桜田淳子がホリプロだったかもしれない?

百恵さんが出た年のスタ誕では、少し前に桜田淳子さんが、番組記録のプラカード25枚を達成して大注目されていました。プラカードとはスカウト希望の芸プロがあげる札のことです。

桜田淳子さんを25社の中から獲得したのが、サンミュージックの福田氏でした。この時後に百恵さんを獲得したホリプロも、桜田淳子獲得に乗り出していたのだそうです。

数カ月の差で、ホリプロが山口百恵さんをスカウトしたことは、当時ライバルとも言われた桜田淳子さんとの関係もあったのだと回顧されました。

気の利かないマネージャーのせいで水着撮影は生理用品を変えた?

山口百恵自叙伝「蒼い時」にはこんな逸話もあります。デビュー直後から世話になった年配の男性マネージャーは、水着撮影と生理日がぶつからないよう「黙って」いても調整してくれる達人でした。

しかしその後任に来た若い男性は、そうしたデリケートな内容も露骨に口にするデリカシーのない人だったそうです。女性の尊厳に関わる話に屈辱感があった百恵さんは凛とした態度に出ます。

それは生理用品を、内装タイプにと変更し、いかなる場合でも水着撮影に対抗できるようにしたことです。芯の強さは壮絶な思いを乗り越えてきた、百恵さんの強さだと言える逸話です。

山口百恵の家族たち

10代にして、昭和の歌姫として芸能界の頂点を極め、そして静かに引退していった山口百恵さん。華やかな芸能界を去り、幸せに暮らす現在の家族たちに触れてみましょう。

山口百恵の家族①:夫・三浦友和

山口百恵さんの夫は、2012年秋の褒章で紫綬褒章を受章した俳優の三浦友和さんです。彼は百恵さんの現役時代には『ゴールデンコンビ』と言われ、数々のドラマで共演していました。

友和さんは50代になってから、評価が急上昇しており、日本アカデミー賞やブルーリボン賞など数々の映画賞の獲得しています。

三浦友和のプロフィール

  • 本名:三浦稔(みうら みのる)
  • 生年月日:1952年1月28日
  • 年齢:68歳
  • 出生地:山梨県甲州市
  • 身長:178 cm
  • 血液型:AB型
  • 職業:俳優
  • ジャンル:テレビドラマ・映画
  • 活動期間:1972年 –
  • 事務所:テアトル・ド・ポッシュ
  • 主な出演作:映画『伊豆の踊子』『大日本帝国』『さよならジュピター』『台風クラブ』・テレビドラマ『西部警察 PART-II』『独眼竜政宗』

山口百恵の家族②:長男・三浦祐太郎

三浦友和さんと山口百恵さんの長男で、アーティストやラジオDJをしている三浦祐太郎さんです。

彼は中学時代の同級生でバンド『Peaky SALT』を結成し、2008年11月26日に『Peaky SALT』としてシングル「イトシセツナナミダ」でメジャーデビューしました。

ラジオでの声の良さや話しの上手さが評価されています。

三浦祐太郎のプロフィール

  • 名前:三浦祐太郎
  • 生年月日:1984年4月30日
  • 年齢:36歳
  • 出身地:東京都
  • 学歴:成城大学 法学部
  • ジャンル:J-POP・ロック
  • 職業:シンガーソングライター・俳優
  • 担当楽器:ボーカル・ギター
  • 活動期間:2008年 –
  • レーベル:ユニバーサルJ(2012年 – 2013年)
    TOWER RECORDS(2014年 – 2015年)
    ユニバーサルミュージック(2017年 – )
  • 事務所:株式会社ドリームゼロワン

山口百恵の家族➂:次男・三浦貴大

三浦友和さんと山口百恵さんの次男で、俳優の三浦貴大さんです。大学時代は精神保健福祉士に興味がありましたが、順天堂大学卒業直前に俳優を志すようになりました。

順天堂大学では体育会のライフセービング部に所属していて、『ベーシックライフセーバー』の資格を取得するなど、スポーツ万能の俳優としても知られています。

三浦貴大のプロフィール

  • 本名:三浦貴大
  • 生年月日:1985年11月10日
  • 年齢:34歳
  • 出生地:東京都
  • 身長:178cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優
  • ジャンル:テレビドラマ・映画
  • 活動期間:2010年 –
  • 著名な家族:三浦友和(父)
    三浦百恵(母)
    三浦祐太朗
  • 事務所:アノレ

山口百恵の引退理由は?

山口百恵さんは、1979年に大阪厚生年金会館で行われたリサイタルで『私が好きな人は、三浦友和さんです』と、三浦さんとの恋人宣言を突如発表しました。

その後三浦友和さんも同様に記者会見で「結婚を前提にして付き合っています」と語りました。長年ドラマを共演していた『理想のカップル』として日本中から祝福されました。

翌年には三浦さんとの婚約発表と同時に引退を発表。百恵さんは「我儘な…生き方を私は選びました。お仕事は全面的に、引退させて頂きます」と語り、7年間の芸能活動に終止符を打ちました。

芸能界を離れて穏やかな結婚生活を選んだというのが、大方の見方のようです。人気の絶頂の中、結婚・引退というのは今なお、伝説になっています。

山口百恵のプロフィール

引退から30年以上たった今でも、日本で知らない人はいない伝説のアイドル山口百恵さん。彼女は引退以来、メディアに姿を現すことは全くありませんでした。

若い人は彼女の名前や顔は知っていても、詳しい経歴を知らない人も多いようです。ここでは山口百恵さんの簡単なプロフィールをまとめてみました。

  • 本名:三浦百惠(みうら ももえ)(旧姓:山口)
  • 別名義:横須賀 恵(よこすか けい)(作詞時のペンネーム)
  • 生年月日:1959年1月17日
  • 年齢:61歳
  • 出生地:東京都渋谷区恵比寿(出身地:神奈川県)
  • 身長:158cm
  • 血液型:A型
  • 職業:元歌手・元女優
  • ジャンル:テレビドラマ・映画・歌謡曲
  • 活動期間:1973年 – 1980年
  • 配偶者:三浦友和(1980年 – )
  • 著名な家族:三浦祐太朗(長男)
    三浦貴大(次男)

山口百恵は現在何してる?

引退後、メディアには姿を現さない山口百恵さんですが、現在はいったい何をしているのでしょうか?調べてみると、現在はキルト作家として活動していているようです。

彼女の作ったキルト作品が『東京国際キルトフェスティバル』等の展示会に出品されることもあります。その際はワイドショーなどでも報じられていますね。

山口百恵の今後の活動は?

今回は伝説のアイドルである山口百恵さんの、壮絶な生い立ちについて見てきました。山口百恵さんにとって父親の存在は、彼女の人生観を左右する出来事だったようです。

それは、その後の人生にも色濃く影響しています。今では家族と幸せに生活している様子がうかがえますので、山口百恵さんの今後も、温かく見守っていきましょう。