早見優の痙攣事件の噂!舘ひろしが病院へ搬送!真相は?今現在は? エンタメ

早見優の痙攣事件の噂!舘ひろしが病院へ搬送!真相は?今現在は?

早見優さんと舘ひろしさんの間で起こった、いわゆる「痙攣事件」、二十数年前、二人の性行為時に挿入したものが抜けなくなり共に救急搬送されるというスキャンダラスな出来事、黒歴史がありました。また最近では、早見優さんが「子宮筋腫」摘出手術のための休養を発表しました。

目次

[表示]

早見優の痙攣事件の噂!舘ひろしが関係?真相は?

日本で生まれ、アメリカで育ち、様々な経歴を持つ早見優さん。昭和の終わり頃の1980年代や1990年代で広く活躍してきた歌手、タレントとして多くの方の記憶に今も残っていることでしょう。「花の82年組」と言われた方々の中の一人として、当時の日本の音楽界を牽引してきたことは言うまでもありません。

そんな素敵な女性である早見優さんですが、彼女にはある黒歴史的な出来事が以前ありました。この話題を覚えてらっしゃる方はおりますでしょうか?あることがきっかけで早見優さんは病院へ搬送されるという苦い出来事でした。今回はそんな出来事のお話です。

早見優の簡単なプロフィール

早見優(はやみゆう)。1966年9月2日、静岡県熱海市で生まれました。彼女は同市に3歳まで住み、その後はアメリカ合衆国(特にグアムやハワイで暮らした年数は長い)で育ちました。血液型はA型、1980年代のアイドルとして、歌手として、タレントとして幅広く活躍しています。

所属事務所は「キープスマイリング」というところです。実のお父さんは、ジャズシンガーの井上良(いのうえりょう)さんです。共にアーティストとして日本の音楽業界に関わってきました。彼女の歌手デビューは1982年4月、シングル「急いで!初恋」でした。

デビューの年、早見優さんは東京都にある堀越高等学校に入学、その後は上智大学外国語学部比較文化学科へ入学・卒業し、学業に励みながらもアイドル歌手としての活動を続け、数々の名曲を歌いながら昭和後期の日本の音楽界を席巻してきた一人と言えるでしょう。

(引用:Career Find)

早見優と舘ひろしの痙攣事件の噂!

早見優さんの黒歴史、この話は遡ること約二十数年前でしょうか、早見優さんと舘ひろしさんとの間に起こった大スキャンダラスで前代未聞の出来事でした。当時早見優さんと舘ひろしさんは交際していたそうです。そんな交際中に苦い出来事が起きました。

見出しにもあるように、そんな交際していた2人は「痙攣事件」というとんでもない騒動を巻き起こしてしまったのです。言葉からしてとても難しいように見えますが、当時大問題になったそうです。

早見優と舘ひろしの痙攣事件、病院に搬送され騒動に!

それではこの「痙攣事件」についての経緯をご紹介します。交際していた早見優さんと舘ひろしさんが六本木のとあるラブホテルから救急車で運ばれるという騒動がありました。それだけでも衝撃ですが、話は続きます。

目撃者の証言によれば、救急車に運ばれる時に見えた光景は、上半身衣服を身に着けサングラスをかけた舘ひろしさんと見られる男性の上に、上半身衣服を身に着けた早見優さんが重なったままストレッチャーに載せられ、下半身は毛布でくるまれていたそうです。

しかし救急車に乗る直前、毛布が風で煽られて下半身が見えてしまい、その場にいたホテル利用客が多数目撃していたとの噂があります。しかも見えた光景がかなり異質なものでした。それはこの事件のキーワードである「膣痙攣」を読み解くと分かります。

早見優と舘ひろしの身にふりかかった膣痙攣とは?

「膣痙攣」聞き慣れない言葉ですが、これは女性の膣に起こる突発的な痙攣により、膣口が不随意に引き締まる状態の事をさします。簡単に言えば性行為時、膣に陰茎を挿入した際に膣口の括約筋を強く締めてしまい、挿入が困難かあるいは挿入に強い痛みを伴う症状だそうです。

また、まれに挿入中に陰茎が抜けなくなってしまうこともあるようです。2人が一緒にくっついて救急搬送ということは、挿入中に抜けなくなってしまった、医学的にも稀なケースと言われる現象が起こってしまったと考えられます。二十数年前にこんな出来事が起こっていました。

早見優と舘ひろしの痙攣事件、都市伝説とも言われている

確かにこの事件は目撃情報が多数あり、報道もされ、当時多くの方々がこの事実を知ったはずですが、あまりに事が事なだけに、なた発覚した経緯が普通ではなかったため、いわゆる「都市伝説」とも言われています。

不倫などのスキャンダルで報道される芸能人は多いですが、性行為中のアクシデントで救急搬送され話題になるなんて、誰も思わないですし、目撃していない人からすればあまりにも想像の範囲を超えているわけですから、都市伝説化しても不思議ではありませんね。

早見優と舘ひろしの痙攣事件の真相は?

さて、ここまで早見優さんと舘ひろしさんとのスキャンダル、いわゆる「痙攣事件」をお伝えしてきました。これが真実かどうか、また男性は本当に舘ひろしさんだったのかなど、未だに誰もが確証を持てる事件とはなっていないようです。しかし多くの目撃情報がある以上、信憑性は高いと思われます。

早見優、子宮筋腫摘出することに!今現在は?

舘ひろしさんとの劇的な出来事を紹介した後ですが、少し前に早見優さんが子宮筋腫の摘出手術をするため、しばらく休養すると発表しました。今回は「子宮筋腫」摘出手術という事だそうです。子宮壁にできるこぶのような良性の腫瘍で、筋肉が異常増殖したものを取り除く手術です。

卵巣から分泌される女性ホルモンが影響しているそうで、成人女性の3~4人に1人ほどに見られます。貧血、頻尿、便秘、強い月経痛という症状が受診のきっかけになるようですが、自覚症状はほとんどないそうです。手術が無事終わり、早期に復帰できるといいですね。

早見優の生い立ち

早見優さんは1966年9月2日、静岡県熱海市で生まれ、3歳まで熱海市で生活後、多くはグアムやハワイというアメリカの地で育ちました。当時学校での愛称は「キャシー」だったそうです。1980年、14歳の時にハワイ三越のエレベーターでスカウトされたことがきっかけで一人で帰国、「サンミュージック」と契約しました。

その後は日本のアメリカンスクールに通いながら、タレントとしてのレッスンを受け、1982年4月にはシングル「急いで!初恋」でアイドル歌手デビューを果たしました。同年より東京都にある堀越高等学校に入学、その後は上智大学外国語学部比較文化学科へ入学・卒業し、学業に励みながらもアイドル歌手としての活動を続けました。

在学中に活動していた同期は他にもおり、松本伊代さんや堀ちえみさん、小泉今日子さんや三田寛子さん、中森明菜さんや石川秀美さんなどたくさんおります。まとめて通称「花の82年組」ともよばれた時代でした。なお、堀越高等学校入学の年には、第24回日本レコード大賞新人賞を獲得しています。

1996年に結婚し、2人のお子さんを授かりました。昭和最後の華やかな日本の音楽界を支え、平成につなげていった早見優さん、以前に比べて減ってはいますが、現在もテレビやラジオなど、彼女を見かける機会はまだありますね。

(引用:Career Find)

早見優の痙攣事件の噂!舘ひろしが関係?真相は?のまとめ

いかがだったでしょうか、今回は早見優さんと舘ひろしさんの間で起こった、いわゆる「痙攣事件」についてお届けしてきました。二十数年前、二人の性行為時に、挿入したものが抜けなくなり共に救急搬送されるというスキャンダラスな出来事、黒歴史がありました。また最近では、早見優さんが「子宮筋腫」摘出手術のための休養を発表しました。

「花の82年組」という言葉がキーワードになった当時のアイドル歌手の一人、早見優さん。「何を言う。早見優」などの当時流行った言葉とも合わせて時代を担ってきたことは間違いありません。今後はどんな場面で早見優さんの姿を拝見できるかが楽しみなところです。