大谷翔平の両親に離婚の噂?職業は?兄弟は?家族全員が高身長ってホント?! エンタメ

大谷翔平の両親に離婚の噂?職業は?兄弟は?家族全員が高身長ってホント?!

プロ野球選手になる前から注目の高かった大谷翔平選手。そんな大谷翔平選手のご実家やご家族・ご兄弟とはどういった方々なのでしょうか?気になっている大谷翔平選手の父親・母親・兄・姉など家族の情報などを調べてまとめましたのでご覧ください。

目次

[表示]

大谷翔平の両親に離婚の噂が?!家族全員身長が高かった?!

ドラフト1位で指名された大谷選手でしたが、メジャーへの憧れが強く、一度は入団を断ったのだそうです。しかし幾度とご両親も交え、話し合いがもたれ、日本ハムファイターズに入団することを決意したのだそうです。そんな大谷翔平選手を育てた両親とは一体どんな方なんでしょうか?離婚の噂まで調べてみました。

大谷翔平のプロフィール

  • 本名:大谷翔平
  • 出身地:岩手県奥州市
  • 生年月日:1994年7月5日
  • 身長:193 cm
  • 体重:97 kg
  • 出身高校:花巻東高等学校
  • 所属チーム:北海道日本ハムファイターズ(2013~2017)、ロサンゼルス・エンゼルス(2017~)

岩手県奥州市の出身で、小学校3年生の時に地元のリトルリーグで野球を始めました。小学校当時から大谷翔平さんの球の速さは有名だったようで、同じ年頃の捕手が思わず逃げてしまうほどだったそうです。大谷翔平さんは小学校5年生にしてすでに110km/hの記録を出していたようです。

大谷翔平さんは中学校にあがると一関のリトルシニアに所属します。このリトルシニア時代にも大谷翔平さんは全国大会に出場されています。高校は西武ライオンズの菊池雄星さんに憧れ、花巻東高校へと進学されました。当初は野手としてスタートした大谷翔平さんでしたが、151km/hの球速を記録するなどして注目を集めました。

大谷翔平の両親ってどんな人?①父親の職業って?

大谷翔平選手の父親は岩手県にある自動車メーカーに勤務されていたそうです。元々は三菱重工の社会人野球選手として活躍されていましたが、肩の負傷により、25歳で野球を引退。岩手県に戻り、現在の奥さん加代子さんとご結婚されたそうです。仕事から帰ると息子たちのチームのコーチを引き受けたりと、野球教育も熱心にされていたと言います。

こうしたことが現在の大谷翔平選手を作り上げていったのかもしれませんね。大谷翔平選手のお父さんも身長180㎝と、かなり高い方です。大谷翔平選手の背の高さはお父さんゆずりだったのですね。お父さんも自分を超える身長になるとは思ってもみなかったかもしれませんね。

大谷翔平の父親は退職して現在は少年野球の監督だった!

定年退職には少し早い2016年末に自動車工場を退職するという、アーリーリタイアを選択しています。その理由が「徹さんが会社を辞めたのは事実。もちろん翔平くんのサポート体制充実のためではありますが、もうひとつの理由が地元の野球チーム『金ヶ崎リトルシニア』の監督業の活動に専念するためです」

「金ヶ崎リトルシニア」は、2014年に結成された中学生を対象とした少年野球チームとなりますが、創部3年目の2016年に全国大会出場を決めるなど、監督としての徹さんの手腕はかなり高いようですね。

大谷翔平の両親ってどんな人?②母親はそっくり?

大谷翔平選手の母・加代子さんといえば、息子にそっくりな顔をしていることでも有名です。身長170cmと、女性としてはかなり長身な加代子さんは、元実業団のバドミントン選手だったとか。中学卒業後は、神奈川県立横浜立野高校に進学した加代子さんは、在学中にインターハイに出場するなど大きな実積を残しております。

高校を卒業後、三菱重工横浜製作所に実業団選手として就職を果たしていますが、こちらで徹さんと出会い、社内結婚をする形になりました。ちなみに、加代子さんは横浜市旭区出身の浜っ子らしく、進学から就職までを地元横浜で全部賄ってしまったことになります。

大谷翔平の両親が離婚?!

大谷翔平選手について調べてみると、大谷翔平選手の両親の離婚の噂がでてきました。これだけの才能を持った大谷翔平選手を育てた両親に離婚の噂なんて信じられません。気になったので詳しく調べてみました。しかし、離婚はしていませんでした。

離婚していないことには一安心したのですが、なぜこのような噂がでてしまったのでしょうか。今でも大谷翔平選手の両親は仲良く一緒に暮らしているそうです。真実はわかりませんが、大谷翔平選手の父親が仕事を辞めてしまったことから、離婚の噂が広まってしまったようです。

大谷翔平の兄弟って?①兄も野球をやっていた?

大谷翔平選手には、7歳年上の兄・大谷龍太さんもいます。身長187cmと恵まれた体格をしている龍太さんは、大谷翔平選手同様に少年時代から野球に打ち込んでおり、中学を卒業後は岩手県立前沢高等学校に進学をしております。龍太さんは、甲子園にこそ出場出来なかったものの、高校卒業後は水沢駒形野球倶楽部という、

東北を代表する名門社会人野球クラブへ入団します。その後は、2009年11月に、四国アイランドリーグPlusの高知ファイティングドックスからドラフト2位指名を受けた龍太さんは、晴れてプロ野球選手という身の上となります。その後2年間プレーをした後は、トヨタ自動車東日本へ入社し、実業団チームの選手兼コーチとなりました。

大谷翔平の兄弟って?②姉は看護師?

大谷翔平選手には、2歳年上の姉・結香さんもおります。他の家族たち同様に168cmの長身である結香さんは、学生時代はバレーボールに打ち込んでいたようですね。大谷家では珍しく一般就職をした結香さんは、高校を卒業は岩手県内の看護大学に通い、現在は母・加代子さんの実家のある神奈川県横浜市で看護師をしているそうです。

大谷翔平が野球を始めたきっかけは兄弟の影響?

幼少期から、体を動かすのが大好きで水泳やバドミントン、野球に明け暮れていたという大谷翔平選手が、本格的に野球に打ち込み始めたのは小学2年の時でした。兄・龍太さんたちと一緒に野球で遊んでいるうちに野球の魅力に取り憑かれてしまった大谷選手は、小学2年の時に父・徹さんに「水沢リトル」への入団を希望しております。

リトルリーグは本来は小学3年生以上が入団条件だったりするわけですが、息子の熱意に負けた父・徹さんは、「水沢リトル」関係者に頼み込み大谷翔平選手の入団を許可して貰うことになりました。岩手のエリート野球少年たちが集まっているチームと言える「水沢リトル」ですが、そんな中に混じっても、大谷さんの才能は際立っていたそうです。

大谷翔平は数々の伝説を残していた!

中学1年の夏以降は、「一関リトルシニア」に所属することになった大谷翔平選手ですが、河川敷の練習グラウンドだったせいで、打撃練習中に川にポチャリと入るホームランを連発してしまったという伝説が残っております。練習用の硬式野球ボールは、1個数百円と中々なお値段なため、

大谷さんの打撃練習中に川底に消えてしまうボールを補填するだけでも結構な額になってしまう状況でした。そのため、「一関リトルシニア」の監督から飛距離の出る引っ張り打ちを禁止されてしまった大谷さんでしたが、そのうち流し打ちでも川ポチャホームランを打てるほどの成長を見せて、周囲をさらに驚かすことになりました。

大谷翔平の両親や兄弟、離婚の噂までのまとめ

大谷翔平選手の両親から兄弟までについてまとめてきました。家族全員が高身長ということには驚きでした。父180㎝、母170cm、兄187cm、姉168cmという高身長家族です。一家がそろうとすごい迫力になりそうですね。大谷翔平選手の体格の良さがわかりますね。

そして、両親や兄弟ともにスポーツ一家として小さい頃から天才ぶりを発揮していた大谷翔平選手ですが、これからも数々の伝説を残してくれることでしょう。まだまだ若いのでこれからの活躍が楽しみです。日本のファンのみならず世界から注目されている大谷翔平選手をこれからも応援しましょう。