AKB48メンバーたちの卒業後の現在!その後の運命は雲泥の差だった!? エンタメ

AKB48メンバーたちの卒業後の現在!その後の運命は雲泥の差だった!?

言わずと知れた大人気アイドルグループAKB48。オリジナルメンバーが次々と卒業していき、世代交代の真っ最中です。卒業生が増えると目立つのが、その後の活躍。同じグループで苦楽を共にしていたはずが、卒業後の進路によって、その格差が拡大してきているようです。

目次

[表示]

AKB48を卒業した現在は?元メンバーたちのその後を追う!

毎年の開催されるドラマチックな総選挙がたびたび話題になるAKB48。グループで活躍しているときも、常に競争にさらされるシビアな世界で生きていた彼女たちですが、卒業後ももれなく比較されてしまうのは、AKB48に加入したためのさだめだというのでしょうか。

しかし、AKB48の現役時代と卒業した現在の状況では、彼女たちの活躍ぶりに大きな変動が起きているようです。今回は、数多くいる卒業生の中から、特に成功していると思われる例と、悲惨だと思られる例を取り上げてご紹介していきたいと思います。

AKB48とは?

秋元康さんのプロデュースにより2005年12月8日に誕生した大人気アイドルグループ。東京・秋葉原を拠点として活動しています。結成時の初期メンバーは、前田敦子さん、板野友美さん、高橋みなみさん、小嶋陽菜さん、峯岸みなみさん、川崎希さん、大島麻衣さんらを含む20名。

クラスの3~4番目に可愛い子たちを集めるというコンセプトのもと集められました。20人から始まったAKBグループですが、SKE48NMB48、乃木坂46、欅坂46など徐々に姉妹グループを増やしながら拡大。今や、延べ人数が3桁を軽く超える大所帯にまで成長しました。

AKB48人気メンバーのその後も悲惨!?卒業後の現在を比較!

毎年開催されるAKB総選挙は、見ているこちらが苦しくなってしまうほどの真剣勝負。あまりのプレッシャーから、過呼吸などで体調を崩すメンバーも少なくありません。そのプレッシャーから解放された彼女たちの現在は、いったいどのようなものなのでしょうか。

AKB48卒業後の悲惨例①板野友美

まずは、現役時代の栄光から一転、現在あまり目立った活躍亡くなってしまったメンバーの紹介です。1人目はともちんこと、板野友美さん。可愛らしいアヒル口が印象的で、おしゃれなファッションリーダーとしても人気でした。

デビュー当時からのオリジナルメンバーとしても知られており、総選挙では常に上位にランクインしていました。2013年8月にAKBを卒業したともちん。ポスト安室奈美恵も狙えるのではないかと期待されていましたが、現実はそう甘くはありませんでした。

ソロ名義で売り出した曲の売り上げも伸びず、今ではほとんどテレビで見かけることもなくなってしまいました。現在では、若者向けの小さなクラブにゲストとして出演しているという目撃情報もありますが真意は定かではありません。いずれにせよ、AKB卒業を機に、一気に転落してしまった例の典型と言えるでしょう。

AKB48卒業後の悲惨例②篠田麻里子

2人目は、まりこ様こと篠田麻里子さん。総選挙では常に5位以内を維持していた大人気メンバーです。長身でスタイルが良く、モデルとしても活躍していたため、女性からの支持も厚かったと記憶しています。

まりこ様は2013年7月にAKBを卒業。その後は女優路線を目指して、ちょこちょこドラマに出演していましたが、その演技力が女優になるには力量不足だったのでしょうか。目立った実績を積むことなく、ドラマで見かけることはなくなってしまいました。

さらに、AKB時代の2008年からずっと専属モデルを務めていた女性ファッション誌『MORE』からも20187月号をもって卒業しています。テレビの仕事もモデルの仕事もない今、切迫している状況なのではないかとささやかれているようですが真意は定かではありません。

AKB48卒業後の悲惨例③大島優子

3人目は、絶対的エースのあっちゃんとツートップを張っていた大島優子さん。総選挙のたびに、次のトップはどっちだと世間の注目を集めていました。総選挙の順位は常に1位か2以下のどちらか。いわずと知れたトップメンバーでした。

大島さんがAKBを卒業したのは2014年6月でした。子役時代から芸能界にいた大島さんは演技力にも定評があり、卒業後は女優としての活躍が期待されていました。その期待に乗るかのように、卒業してすぐの頃には数々のドラマや映画に出演し、この先も順調に芸能生活を歩んでいくと思われていました。

しかし、卒業からしばらくたつとその人気にも陰りが見え始め、徐々にテレビで見かける回数が減っていきました。現役メンバーが総選挙で結婚宣言をした際に、暴言を吐き、世間からバッシングを浴びた後、海外留学をしていたようですが、そのころからめっきり見かけることはなくなってしまいました。

AKB48卒業後の成功例①前田敦子

続いては、卒業後成功の道を歩いているメンバーをご紹介しましょう。まず1人目は、AKB時代から絶対的エースだったあっちゃんこと前田敦子さん。グループ結成当初からエースとしてずっとトップを走り続け、人気絶頂の中2012年8月にAKBを卒業しました。

卒業したばかりの頃は、演技力に批判が集まることが多かったように思いますが、様々な作品に出演して経験を重ねるたびに女優としての評価も徐々に上がってきています。プライベートでは、俳優の勝地涼さんと結婚、第1子妊娠を発表し、現在幸せいっぱいのあっちゃんです。

AKB48卒業後の成功例②川崎希

2人目は、現在タレントと実業家の2足の草鞋を履いて活躍している川崎希さんです。結成当初からのオリジナルメンバーでしたが、AKBに在籍していた時にはあまりぱっとせず、4年間のグループ活動の中でシングル選抜入りしたのはわずか3回。アイドルとしての成功はできていなかったんですね。

しかし、卒業後は一転。AKB時代の貯金40万円を元手にアパレルブランド「ANTIMINSS(アンティミンス)」を立ち上げ、やり手女社長としてめきめきと頭角を現しました。現在の川崎さんの年収は1,000万円~2000万円とも言われているそうです。

プライベートでは2013年にモデルのアレクサンダーさんと結婚し、2017年に第1子となる男の子を出産しています。仕事、プライベートともに大きな成功と幸せを手に入れているといえるでしょう。

AKB48卒業後の悲惨例③川栄李奈

3人目は、現在女優として大活躍中の川栄李奈さん。AKB時代には、おバカキャラとして知られており、握手会襲撃事件でけがを負わされたころでも話題となりました。襲撃事件の翌年となる2015年にAKBを卒業しています。

卒業後に初主演した舞台「AZUMI」では、殺陣シーンもある難しい役どころながら、それを感じさせないほど高い演技力を見せつけたちまち女優としての才能を開花させました。今では、朝ドラから民放ドラマ、映画など様々な作品に引っ張りだこ。女優として評価するのであれば、AKBの卒業生の中で1番の出世株と言って間違いないでしょう。

その後は天国と地獄!?メンバーのその後の現在が違いすぎた!

これまで、AKB48の卒業生たちのその後についてお届けしてきましたがいかがでしたか?グループ在籍時に人気メンバーだったからと言って、必ずしも成功できるわけではないことがよくわかっていただけたのではないでしょうか。

しかし、転落するのも一瞬なら、何かのきっかけで再ブレイクできるのもまた芸能界。現在姿を消したと思われているメンバーでも、ある日突然何か大きな才能を開花させて戻ってくる可能性も大いにあります。AKBを卒業した彼女たちからも、目が離せません。