舟木一夫は誰と結婚した?!子供は慶応?妻と子供の現在は? エンタメ

舟木一夫は誰と結婚した?!子供は慶応?妻と子供の現在は?

舟木一夫さんは、橋幸夫さん、西郷輝彦さんと共に「御三家」と呼ばれていたほど、大人気の歌手でした。現在も、歌手としてテレビやコンサート、舞台俳優としても活躍中で、幅広い層から根強いファンを集めています。そんな舟木一夫さんについて調べてみました。

目次

[表示]

舟木一夫が結婚した妻はどんな人?現在子供は何歳?

舟木一夫さんは、1974年4月29日に紀子さんという女性と結婚しています。もうすぐ結婚45周年を迎える舟木一夫さんですが、奥さんはどんな人なのでしょうか。舟木一夫さんの奥さんは、宮城学院女子大学の音楽科を卒業している才媛でそれ以上の情報はありませんでした。

また、舟木一夫さんには子供がいて、名前は「上田純」というそうです。舟木一夫さんの長男の上田純さんは、1980年12月9日に誕生されました。そのため、現在は38歳になります。舟木一夫さんは、息子さんが生まれた時のことをエッセーに書いていました。

舟木一夫とは?舟木一夫のプロフィール

  • 出生名:上田 成幸
  • 生誕:1944年12月12日
  • 出身地:日本, 愛知県一宮市
  • 学歴:自由ヶ丘学園高等学校
  • ジャンル:演歌、歌謡曲
  • 職業:歌手、タレント
  • 担当楽器:歌
  • 活動期間:1961年 –
  • レーベル:日本コロムビア
  • 事務所:ホリプロダクション→
    第一共栄プロダクション→
    舟木音楽事務所→
    アイエス

(引用:Wikipedia)

舟木一夫さんが、歌手を目指すきっかけとなったのは、中学生の時に13歳年下の弟ができたことから始まりました。当時、家が貧しかったようで、弟が物心つくまでに人並みの生活をさせてあげたいと思い自分の才能で短時間に稼げる世界を探していたところ歌手に出会いました。

高校時代に、松島アキラショーで松島アキラさんが、誰か一緒に歌わないかと客席に投げかけたところ一緒にいた同級生が舟木一夫さんの手を挙げたそうで、そこで一緒に「湖愁」を歌ったそうです。偶然そこに取材に来ていた記者が興味をもち、その記者がホリプロの会長だった堀さんに話したことがきっかけで、ホリプロに所属することになりました。

1963年にデビュー曲「高校三年生」が発売1年で100万枚の大ヒットとなりました。その後も発売した曲は次々とヒットし、舟木一夫さんは瞬く間にブレイクしました。そして、二度も日本レコード大賞を獲得し、一躍スター歌手へと変身を遂げました。

舟木一夫はどん底時代に今の妻と結婚していた?!

1969年までは高い人気を保持していた舟木一夫さんですが、1970年に入るとTVドラマへの需要が無くなり、歌謡界の変化に伴いテレビの仕事は激減し舞台と地方公演が主な活動の場となっていったそうです。この時期から舟木一夫さんの低迷時代は始まりました。

そんなどん底時代を支えたのが今の奥さんで、舟木一夫さんが低迷していた時期に2人は結婚しました。その後も、舟木一夫さんの活動の幅は著しく狭まり続けますが、奥さんはそんな辛い時期でも支え続けたそうです。そんな中、第一子である長男も生まれプライベートは、幸せに満ちていました。

舟木一夫の妻と子供の現在は?!子供の学校は慶応?職業は?

舟木一夫さんの家族の詳しい情報は、調べても出てきませんでしたが、自身のエッセイで、家族について語る場面もありました。舟木一夫さんの子供は、慶応卒のエリートらしく、職業は不明ですが、おそらく一流企業に勤めているとのことです。

舟木一夫さんの奥さんと息子さんの画像がないか、調べてみましたが、子供時代の長男さんの写真は公開されていますが、現在の奥さんと息子さんの写真は全く出回っていませんでした。舟木一夫さん自身が家族のことについてはあまり語らないのでしょうか。

舟木一夫さんの長男さんは、現在38歳ということでご結婚されているのではないでしょうか。長男さんが結婚しているのであれば、現在は、奥さんと2人で仲良く暮らしているのでしょうか。また、孫がいるとすれば、幸せの絶頂期でしょう。

舟木一夫は子供と一緒にテレビに出たことがある?!

舟木一夫さんは、息子さんと一緒にテレビ出演したことがあります。そのテレビ番組とは、昭和の名番組「風雲たけし城」です。息子さんが自ら出演したいと言い、舟木一夫さんは、ゲストではなく、一般参加したとのことです。

当時6歳の息子さんは、最年少ながらも必死に頑張り、その結果、舟木さん親子は、最後のたけし軍団との戦いまで進んだ3組の中の1組になりました。残念ながら最後の戦いには負けてしましましたが、敢闘賞をとりました。一般参加までする舟木一夫さんの息子さんに対する愛情が伝わってくるエピソードです。

舟木一夫の子供への教育方針は男の約束は絶対?!

舟木一夫さんは、子供に「男同士の口約束は絶対に守れ」という教育方針だったそうで、自身も子供が小学校4年生のときに「自分の部屋がほしい」と言ったので「あと2年待てるか」と言い、実際に2年後に中学受験を控えた息子さんに部屋をプレゼントして「男の約束」を身をもって伝えたそうです。

舟木一夫は一時期消えていた?!

大ブレイクしていた舟木一夫さんにも、低迷時代がありました。テレビドラマへの需要がなくなった時代に、舟木一夫さんの仕事は激減していき舞台と地方公演のみの活動でした。その後十数年に渡り不遇時代が続いたそうで精神的にも追い込まれていきました。

舟木一夫は不遇時代に3度も自殺未遂を起こしていた

舟木一夫さんは、低迷時代に悩み、1970年、1971年、1972年と3度も自殺を図りました。しかし、全て未遂に終わり、その後心身の不調で10ヶ月間静養することになりました。また、私生活でも可愛がっていた年の離れた弟が、死亡したりと不幸がつづきました。

しかし、その低迷時代にも幸せなことがあり、3度の自殺未遂や、心身の不調後を支えたのが現在の奥さんで、舟木一夫さんの唯一の心のよりどころだったのではないでしょうか。また、奥さんの支えがあったからこそ、低迷時代を乗り越えられたのでしょう。

30周年に人気再燃!2度目の舟木一夫ブーム

舟木一夫さんが再ブレイクしたきっかけは、デビュー30周年プレ公演を行ったことでした。それを機に主に中高年女性のアイドルとして人気が再燃しました。現在でも、「高校三年生」は、その年代の人々に慣れ親しんだ曲です。舟木一夫さん本人も「同じ青春を過ごした仲間にしか通用しない歌い手でいい」と述べています。

舟木一夫の生い立ちがやばい!父の女癖が悪かった!母が9人?!

舟木一夫さんの父が事業に失敗して両親は離婚し、父親に引き取られた幼少期は、極貧の長屋暮らしという過酷な暮らしを送っていました。そして、舟木一夫さんの父の女性関係は乱れていたようで、父が亡くなるまで9人の女性を母親と呼んだそうです。

そういう家庭環境から、舟木一夫さんは、生まれたばかりの弟を養うのは、自分しかいないと思ったのでしょう。そこから歌手を目指しスター歌手にまで登りつめました。しかし、その弟さんまでも亡くなり不幸のどん底だったでしょう。

辛い過去を乗り越え結婚!現在は幸せに!

過酷な生い立ちからブレイクをし、一躍スター歌手の仲間入りをした舟木一夫さんですが、低迷時代もありました。しかし、その時に結婚した現在の奥さんと息子さんと一緒に乗り越え、再ブレイクを果たし、今の幸せな生活を手に入れました。70代になってもまだまだ活動し続ける舟木一夫さんの活躍に目が離せません。