内田裕也と樹木希林夫婦の現在は?驚愕の結婚生活の実態に迫る! エンタメ

内田裕也と樹木希林夫婦の現在は?驚愕の結婚生活の実態に迫る!

何かとスキャンダルが絶えない内田裕也さんですが、奥さんである樹木希林さんとも「奇妙な夫婦」として有名ですね。そんな奥さんが18年9月15日に亡くなり、奇妙な夫婦生活に終止符が打たれました。今回は、お二人の奇妙な破天荒な結婚生活について調べてみました。

目次

[表示]

樹木希林さんがご逝去。夫・内田裕也さんの現在は?

5年前に全身ガンを公表した樹木希林さん。夫の内田さんからは「何で癌になったんだ」「頑張れよ」との励ましの言葉がかかったと言います。2004年の乳がん発症から14年間、次々転移する癌と闘病生活を続け、その間も「死ぬ死ぬ詐欺です」とおどけて見せた樹木希林さんでしたが、ついに2018年9月に亡くなられました。

都内にある自宅で、家族に看取られながら息を引き取ったという樹木希林さん。しかし、その中に長らく別居中の夫・内田さんの姿はなかったそうです。内田さんは現在、突然の訃報にショックを隠せないでいる様子でいる…と関係者は明かしています。

樹木希林さんが亡くなったその日、多くの報道陣がコメントを求めに内田さん宅に押し掛けたそうです。いくら有名人とは言え、亡くなられてすぐに遺族コメントを求めるのは、コメントを求められる方はもちろん、聞く側の報道陣にとっても辛い話ですよね。

内田裕也さん夫婦の現在ではありえない馴れ初め

内田さんと樹木希林さんの馴れ初めも、まさに内田さん色の「ロッケンロール」というものでした。樹木希林さんの出演しているドラマを内田さんが覗きに来た事がきっかけで、何と交際半年でスピード結婚をしたそうです。

更にロッケンロールなのが、内田さんは自身の結婚式にジーパン姿で臨んだという事。そして樹木希林さんは、婚姻届を内田さんのサインなんか関係なく、樹木希林さんが自分で書いて提出したとの仰天エピソードを語っておられました。

この様に、内田さんと樹木希林さんは結婚当初から、世間の反応や一般的な考え方には捉われず、かなり奇抜な行動で世間を賑わせてきました。そう言った意味では内田さん夫婦はとても似た者同士でお似合いの二人だった…と言えますね。

樹木希林さんと内田裕也さん夫婦の現在までの結婚生活

結婚に至るまで、まさにロッケンロールだったお二人。フィーリングが合う者同士、結婚生活も奇抜なものの、とても順調だったのでは…と感じてしまいますが、実はお二人の45年間に渡る結婚生活は、その殆どが別居という形で構成されていました。実は内田さん夫妻は73年に結婚した後、わずか2年で別居生活を送っていたのです。

別居生活を送っていて、離婚騒動もありましたが結局は婚姻関係を結んだまま、40年余りを過ごしたお二人。付かず離れずの絶妙な距離感で関係を保っていたそうですが、その生活が出来たのも、樹木希林さんの深い懐があってこその物でした。それでは、樹木希林さんはどんな面で懐が深かったのでしょう?

結婚生活中に度重なる内田裕也さんによる壮絶な暴力や浮気

内田さんは、結婚生活中に度々、樹木希林さんに暴力を奮っていたそうで、それもかなり激しいもので、樹木希林さんはろっ骨を折られた事もあったとか。内田さんは何に怒るのか分からず、いきなり平手打ちをされたりする事もあったそう。ロッケンロールという言葉では片付けられない様な壮絶な結婚生活ですね。

そこまで激しく暴力を奮う内田さんに対して、果敢に立ち向かったそうですから、彼女も中々の猛者ですね。ある時は、樹木希林さんは今では見かけない黒電話という重たい電話を持って応戦し、両者流血もの夫婦喧嘩をしたそうです。しかし万が一の時は警察が直ぐに駆けつけてくれる様に頼んでいたとの事。

また、内田さんは別居後には浮気を繰り返したそうで、浮気の末にその浮気相手の女性に対してストーカー行為を行い、「暴力団と知り合いだ」などと脅迫したり住宅に押し入るをするなど、執拗にその女性に迫り、警察沙汰になった事もありました。

スキャンダル三昧の内田裕也さん、勝手に離婚届を提出

暴力や浮気などスキャンダル三昧の内田さんですが、実は妻である樹木希林さんに黙って勝手に役所に離婚届を出した事もあり話題になりました。しかし、それを知った樹木希林さんは激怒。離婚は認められないとして訴訟を起こし、離婚を無効にしたのだとか。DVを受けてなお、離婚を選ばないのは、それ程までに内田さんに惹かれていたのですね。

そこまで手に負えない内田さんとなぜ樹木希林さんは離婚しないのでしょうか。樹木希林さんは「内田さんを放っておいたらもっと迷惑をかける。自分が最後の一線を超えさせない様にしている」「もし離婚したら、その後内田さんの起こす事件の尻拭いをしなければならなくなるのは娘だから」と語っていました。

樹木希林さんは、最愛の娘を守るために離婚しなかったそうですが、理由はそれだけではありません。そんな破天荒な内田さんの事をそれでも「内田の全てが好きです。全てが…」と語っていました。あれこれ理由はありましたが、ただ単純に内田さんの事が好きだった…それが離婚しない本当の理由だったんですね。

樹木希林さん自身の最期を語る「内田裕也の歌を聴きながら」

どこまでも内田さんを想う樹木希林さん。自分の最期は内田さんの歌を聴きながら逝きたいと語っていたそうです。とは言え、内田さんが先に逝ってもらわないと「誰がこの男の尻拭いをするんだ?」と困るとの心配もしていたようですね。

しかし、ここまで愛情深く内田さんを見守っていた樹木希林さんがお亡くなりになられた今、内田さんはどの様な心境にあるのでしょうか。もしかしたらこれをきっかけに、ロックンロールな生活スタイルと少し距離を置くのかもしれません。ともあれ、ここまで無償の愛を注がれた内田さんは、とても幸せ者ですね。

樹木希林さん、内田裕也さんとの結婚生活を含め上出来と語る

癌を発症した事で、悟りに近い考えを持った樹木希林さん。生への執着がなく、自ら購入した「内田家の墓」に入る事を明言し、あの世で同居するとまで言っていました。そんな彼女は、自信をもってこの人生を「上出来でした」と語っています。内田さんとは殆ど別居生活でしたが「縁があったんだろうなぁ」と感じているそうです。

内田裕也さんと樹木希林さんの子供は?

家族に看取られて息を引き取った樹木希林さんですが、その家族というのは、娘の内田也哉子さんと、也哉子さんの旦那さんの本木雅弘さんの事です。女手ひとつで育て上げた也哉子さんに対して、樹木希林さんはとても強い愛情を抱いていたといいます。

樹木希林さんは自分の死後、内田さんの介護をするのは娘の也哉子さんになる…と、その事をとても心配していました。確かに、介護をする様になっても、内田さんは娘さんに対して暴力を奮わないとは言い切れない…というのが怖い所ですね。歳を取ると人間丸くなると言いますが、内田さんは果たしてどの様になるのでしょうか。

内田裕也さんと樹木希林さん、別居中も夫婦で共演で話題に

そんな内田さん夫妻ですが、実は別居中であった2011年4月に、結婚情報誌「ゼクシィ」のCMに共演し話題を呼びましたね。CMには福山雅治さんの「家族になろうよ」という歌をバックに、結婚について語り合う二人の様子が映し出されていました。

結婚の良い所について、相変わらず「ロッケンロール!」と叫ぶ内田さんと「こればっかり」と苦笑する樹木希林さん。等身大の二人の夫婦像がとても自然で、素敵で、心温まるCMでしたね。2人の壮絶な結婚生活を知っているのと知らないのでは、このCMをみた感想が少し違ってきそうで、その面からも面白い出来になったと思います。

樹木希林さん、自身の癌に対して感謝の意

樹木希林さんは、闘病の末亡くなられた訳ですが、驚いた事に生前「癌には感謝している」と語っていたそうです。死に直面し向き合ったからこそ、見えてきたものや、ありがたさが分かったのだそう。どんな苦境に立たされても前を向き続ける樹木希林さんのその哲学は、今後も我々の事を救ってくれる…そんな気がしますね。

内田さんに振り回されてばかりいたと思われがちな樹木希林さんですが、それは逆で、最近では樹木希林さんが内田さんの事を手の上で転がしたかもしれません。何だかんだ言って内田さんは樹木希林さんを尊敬し、感謝し、愛していたと思います。きっと樹木希林さんはこれからも天国から内田さんを見守り続けると信じています。