みやぞん遂に走る!!噂のサヴァン症候群?天才なのか?能力は?

いつもニコニコ元気一杯、天才的才能を巧みに使い世間の心を魅了し続けている、人気上昇沸騰中のみやぞん。彼の本当の才能を考えてみたいと思います。彼の過去、発言、性格等から、噂のサバン症なのか、を独自に考え導き出してみます。そして遂に決定、あの番組でみやぞんが走る。

天才と言われだした『みやぞん』の謎

ご存知でしょうか、みやぞんのこんな噂

みやぞんと言えば、会話が偶にちぐはぐに成る、その一方で、みやぞんの跳びぬけた身体能力や音楽センスで話題を呼んでいます。そのことから、実は、精神障害とか天才と言われ出し、サヴァン症の疑いが浮上しました。さて、噂は嘘?ホント?どちらでしょう。

みやぞんの両親と、複雑な家庭事情

みやぞんの母は、元踊り子お笑い芸人さん(芸名は、はなちゃん、本名は春奈さん)で、再婚の再婚の末にできた5番目の末子、色んな噂が飛び交う中、彼の父は工場の社長と噂されていて、その人の隠し子だったらしいです。結婚、入籍、離婚すら不明です。

みやぞんの性格と頭脳、みやぞんはどんな人なの?

意外と横着な性格が出た瞬間

両親共に日本人とも韓国人とも言われており、本人いわく『僕、韓国人だったんです、韓国人の血が流れてたんです』と進言している。しかし、みやぞんの性格上、端折って説明されており不透明な状態です。ただ、日本で活躍されている点と、あの笑顔から、誰に対しても友好的人物で、頑張り屋さんと思われます。

みやぞんの考えから性格をひも解く

純粋な韓国人か、ハーフか、クウォーターなのか、真実は不明。ただ、明確なのが、めんどくさいからと、その点の真相説明を省き、疑念を与え、はぐらかしたのです。真実から逃げたのかも知れません。ですが、注目を集める為の演技だったとしたら、かなり頭の良い人物とも考えられます。

ANZEN漫才、みやぞんはピン芸人じゃない!!

ANZEN漫才、みやぞん

みやぞん、本名:宮園 大耕さんは 1985年4月25日生まれで身長172cm、浅井企画に所属、 ANZEN漫才として活躍中のお笑いタレント芸人、野球、テニス、ボクシング、キックボクシング、ピアノ、ギターの経験があり、元韓国籍で日本国籍に帰化(韓国に籍が在った、日本に籍を希望して入れた)。

ANZEN漫才、みやぞんの相方は?

みやぞんの相方は、あらぽんです。本名は荒木 祐さんは1985年10月13日生まれで身長172cm、みやぞん(宮園大耕さん)と幼児期からの親友で、浅井企画に所属するお笑いタレント芸人、ANZEN漫才として活躍しながらバイトをする、とても頑張り屋さん。2017年8月21日に結婚されてます。

みやぞんの能力、音楽の才能は天才?凡人?

みやぞんさんの才能を見極める

彼は音楽をしてるので、多少才能は有るでしょう。しかし、彼の即興のリズムの違いを考えた場合、単調なリズムの曲を数パターン弾いている事が練習と成り、連続する事で訓練されているに過ぎないと思います。ピアノに関しても、過去経験が有るみたいです、十数回程度の練習で楽譜無しでもワンフレーズなら弾けるでしょう。

みやぞんの才能、運動身体能力は天才?凡人?

みやぞんは身体能力と才能を知る。

みやぞんさんは、身体能力が高いと感じる方が多いでしょう。確かにスポーツ経験は豊富です。個人競技と団体競技、その中でも球技と格闘技をしている事から、スポーツに関して其れなりの基礎体力と基礎能力が備わっていたと思われます。その事から距離に対する感覚と、形をイメージする力が備わり強かったと考えられます。

天才か凡人か?結論

天才肌がチラつく凡人。みやぞんの場合は、色々されているのですが、天才と言うよりも、基礎と努力で開花して身に着けた身体能力に感じます。天才と凡人の領域は、もっと先のプロの領域に進むのか、進まないのかで決まる。つまり、音楽でもスポーツでも続けなければ、才能有る天才だったとしても凡人レベルと言う事です。

みやぞんに出る噂のサヴァン症候群て何?天才との因果

世間一般では憑りつかれるみたいに集中力を発揮する天才肌から天才と評価される知的障害を持つ人。(例)右脳が障害で小さく成り、運動能力低下したとします、左脳が右脳を補い発達します。あら不思議、左脳のリミッターが外れ、計算が早い子になりました。みたいな人の症状をサヴァン症と呼ばれています。

サヴァン症候群(サバン症)の自閉症(ASD)とは?

自閉症は精神的知的障害、言語障害や機能障害、発達性障害等、症状が人それぞれで、判別基準の難しい。その中でも才能を見つけ出された人をサヴァン症候群と診断されるので、実際サヴァン症だったとしても才能が見つからなければASDとされる。

サヴァン症は天才なのか違うのか?

サヴァン症といっても人それぞれです。自閉症があまり見られないケースや、環境により才能が発揮されないケースも在り、一概に天才と一括りにできません。つまり、有耶無耶。頭の良い精神科の研究者が物理的区分分類したくて中途半端に研究し差別したに過ぎない気もします。

ホントにあるの?サヴァン症候群

障害を持つ人なのに、跳びぬけた才能を発揮している人いますよね。音楽や美術に数学から記憶力、味覚、聴覚、視覚、触覚、臭覚ありとあらゆる方面に特化した才能を発揮できている人はサヴァン症候群とされているみたいです。ベートーベンはサヴァン症候群のアスペルガーと言われています。

サヴァン症候群の天才とされる脳の持ち主は誰?

日本人で一番代表的なのが、山下清さんです。美術において、貼り絵(ちぎり絵)等で数々の名作を披露し残されました。彼は長い旅から帰った後の生涯を記憶だけで作品を描いていたそうです。海外でも有名な方が多く、調べる内に、あの人も実際はサヴァンじゃないのかと思わせる人も多いです。

映画でサヴァン症候群の天才とされる脳の持ち主

1995年頃の作品の中に、とても有名に成った『フォレスト・ガンプ』をご存知でしょうか、主人公のフォレストはASDで有りながら、数々の才能とを見つけては、走り続けて成長していきます。とても奥の深い作品です。

みやぞんと噂のサヴァン症候群とADHD(多動性障害自閉障害)

ASD(自閉症とアスペルガー)とADHDの違い

ASD(自閉症やアスペルガー)と少し違い、ADHDは、段取りの切り替えや、集中力の欠落、話に割り込み一方的な話し方をする。しかし、みやぞんさんの場合は、他者の話は真剣に聞こうとした姿勢や、スポーツに対する集中力を考えると、一部の方の言うADHDには基準に満たない者と思われます。

みやぞんと自閉症とアスペルガー症候群

みやぞんの場合本来の自閉症から逸脱している点が多々見受けられます。芸能界で、人前で話せている点、いつもニコヤカで好感度の高い良い笑顔で衝動性は無いと診て、自閉症の疑いが薄いと思います。診断する段階で先に自閉症の自覚症状を説明されていれば、芸能界のスタッフに心理的に誘導されただけに過ぎません。

みやぞん、本当に噂のサヴァン症候群なの?それとも

結論的にサヴァン症は無いと思う、何故なら

もし、彼の身体能力が無ければ、皆さんは彼を凡人として見るのか、異常と見るのかを考えます。大抵の方が彼を注目しない、だから平凡芸人と思うでしょう。つまり彼の噂は、人気が有るから客観的に観察されだす。観察は次第に心理的好奇心から異常な面を探し出したく成り、無理矢理異常者に祭り上げたい気分になるのと同じです。

結論的に彼の状態を考えたら

みやぞんは、一番優れている所は、親から授かった優れた体ですね。その壊れない体のお陰で格闘技の話でスカウトをされてます。でも彼は、多々話が、ちぐはぐに成る面が在るみたいです。もしかしたらパンチドランカーかも知れません。格闘技では、打ち所が悪いと、記憶が跳び、気絶した事すら忘れます。

みやぞんは天才肌でサイコパス?脳と身体編

サイコパスと身体、みやぞんの尊敬する人物

ウド鈴木さんを尊敬して常に笑顔を心掛ける人が反社会勢力と言えません。この事からサイコパス説も無いです。色んな噂が出る中で、彼の天才肌は訓練されたからと考えるのが妥当です、しかし身体能力が高い事には変わりないので、天才の領域を目指せる人材だと思います。

みやぞんとウドちゃん

みやぞんが尊敬し憧れの人、ウドちゃん(ウド鈴木さん)、どの写真を調べても笑顔が絶えない2人、どちらが笑顔が多いのかを、ざっくり調べてみた。明らかにウドちゃん(ウド鈴木さん)の勝ち、サービス精神が旺盛に見受けられます。みやぞんが芸能界デビューをするキッカケを作った人みたいです。

みやぞんが遂に天才的身体能力であの番組に出る!!

日本テレビ系の24時間テレビ「愛は地球を救う」にて

遂に決定しました。2018年度8月25日から26日にかけて、みやぞんは、あのチャリティーランナーとして走る事に成ったのです。しかも今回はトライアスロン形式、これは一番の見所で間違いないです。みやぞんの身体能力を考えたら、最高の笑顔で完走する事に期待できます。

人間の身体能力と脳

人が24時間走る事は、本当に良いのでしょうか、いくらトレーナーが付いて居ても限度を超えている気がします。一人だけ最後まで走り続ける精神的苦痛、脳から発生する大量のアドレナリン、脱水症状と筋肉疲労、この走り貫く先には一体何が有るのでしょうか。答えはきっと、みやぞんが教えてくれます、特集番組も楽しみです。

みやぞんの身体能力で感動を

みやぞんが、自閉症ともアスペルガーともサヴァン症候群とも断定はできません。ですが、これだけは確実に言える事が有ります。みやぞんは(宮園 大耕さんは)、とても能力の高いエンターテーナーだと言う事です。2018年8月25日・26日、チャリティーランナー、みやぞん頑張れ!!

余談なのですが

みやぞんを調べる内に不思議な事に気付く、①彼は説明を省く癖があります、そこで疑問が、ボクシングの経験です。彼はキックボクシングの説明がボクシングとされた可能性。②これだけ色々経験しているのに、貧乏は無い。一部番組盛り上げの為に番組を作った可能性。どちらにしても8月25日と26日は、本当の彼を知るいいチャンスです。