奥田瑛二の娘は安藤桃子と安藤サクラ!旦那も役者で、嫁は華麗なる一族?! エンタメ

奥田瑛二の娘は安藤桃子と安藤サクラ!旦那も役者で、嫁は華麗なる一族?!

俳優として活躍されている奥田瑛二さん、最近では二人の娘さんの活躍も目覚ましく才能豊かな芸能一家となりました。娘んさん達の活動内容やエッセイストで奥様の安藤和津さんとの馴れ初めや、これまで夫婦・家族の紆余曲折を調べてみました。

目次

[表示]

奥田瑛二さんの娘、安藤サクラと安藤桃子が才能豊かで凄い!

奥田瑛二さんには安藤和津さんとの間に二人の娘さん安藤桃子さんと安藤サクラさんがいます。安藤桃子さんは映画監督で、安藤サクラさんは女優として活動されています。奥田瑛二さんも俳優・映画監督をされており、妻の安藤加津さんもコメンテーターでテレビに出演されることもあり、まさしく芸能一家となりました。

 

奥田瑛二さんの娘、安藤桃子さんと安藤サクラさん華麗なる一族!

芸能一家で才能豊かなのも凄いですが、このお二人の血筋も凄いことになっています。というのも奥田瑛二さんの妻であり二人の娘の母親である安藤加津さんは、第29代内閣総理大臣犬養毅の血を引く日本の華麗なる一族なのです。安藤加津さんは犬養毅の三男で吉田内閣の法務大臣だった犬飼健の娘になります。

奥田瑛二さんとの結婚披露宴の仲人は海部元首相(就任以前)だったといいます。また安藤加津さんの親戚には評論家の犬養道子さんや国連難民高等弁務官やJICAで活動された緒方貞子さんがいます。また奥田瑛二さんの父親も愛知県春日井市の市議会議員でした。

奥田瑛二の娘 安藤桃子さんは映画監督!

奥田瑛二さんの長女である安藤桃子さんは1982年の生まれで、高校時代からイギリスへ留学をし、大学もイギリスで進学しました。ロンドン大学芸術学部に入学し次席で卒業したほどの優秀です。

さらにニューヨーク大学へ進学し映画作りを学び、助監督として映画製作の道を進みます。2010年に安藤モモ子名義で「カケラ」で監督デビューを果たします。現在は高知県で期間限定の映画館ウィークエンドキネマMを運営しています。

奥田瑛二の娘 安藤桃子さん夫と離婚を発表!

安藤桃子さんは2014年に大阪出身の一歳年下の一般男性である僧侶の方と結婚していました。映画「0.5ミリ」のロケを行った高知市に移住していますが、2018年5月下旬に離婚しました。3歳になる娘さんは安藤桃子さんが引き取り引き続き高知市で暮らしていくそうです。

 

奥田瑛二の娘 安藤サクラさんは女優として大活躍!

奥田瑛二さんの次女である安藤サクラさんは1986年生まれ、2007年に父親の奥田瑛二さんが監督を務める「風の外側」で映画デビューとなりました。その後いくつかの映画に出演し2014年映画「百円の恋」で主演を務め、日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞しました。

是枝裕和監督の「万引き家族」では柴田信代役で出演し第71回カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞しています。2017年に第1子を出産し仕事は減らしていましたが、NHKの連続テレビ小説のオファーを受け2018年10月より放送予定の「まんぷく」のヒロイン・福子を演じることが決まっています。

奥田瑛二の娘安藤サクラさんの旦那は柄本佑!

安藤サクラさんは2014年に同じく俳優の柄本佑さんと結婚しています。柄本佑さんは、柄本明さんと角替和枝さんの息子さんで2世俳優同士の結婚と話題になりました。お二人は2008年のあきた十文字映画祭で出会ったのがきっかけで3年の交際を経ての結婚でした。

 

父親の舞台をみて女優になろうと決意し、映画とどう向き合うかも父の影響が大きいと話す安藤サクラさんですが、女優として大きく影響を受けたのは同じく芸能一家の柄本家に嫁いでからだと話しています。俳優の柄本時生さんは柄本佑さんの弟で、安藤サクラさんの義理の弟にあたります。

奥田瑛二さんと安藤和津さんの馴れ初め

妻である安藤和津さんとは1979年に結婚しています。その頃の奥田瑛二さんは不遇の時代で俳優としての仕事もなく、俳優を反対された親からも勘当されており、家賃も払えず夜逃げ、野宿生活をしていたこともあるそうです。そんな中で友人のパーティーで知り合い、安藤加津さんが家に招いて食事の世話をしたと言います。

 

安藤加津さんは1948年の東京生まれ、父親は後に法務大臣を務める犬飼健、母親は柳橋の芸者でいわゆる「お妾の子」でした。のちに認知されたそうです。上智大学からイギリス留学を経てラジオの中継キャスターでデビューしテレビリポーターやニュースキャスターを務めました。

奥田瑛二さんはプレイボーイだった?浮気の数々!

娘さんにも子供が生まれおじいちゃんになった奥田瑛二さんですが、その男性としての色気は色褪せるものではありません。俳優として人気が出た時はトレンディドラマが全盛期だった時代で、トレンディ俳優の代表格石田純一さんと同じように人気がありました。俳優の故津川雅彦さんや明石家さんまさんと合コンをしていたという話もあります。

 

後述しますが元女優の喜多嶋舞さんとの交際は認めてます。妻である安藤加津さんは夫の浮気に悩む日々だったと言います。浮気相手と対峙して「娘二人と一緒に引き取って育てて下さい」と言ったことや、奥田瑛二さんが絵画モデルの女性に対してセクハラの疑惑では、会見で奥田瑛二さんが安藤加津さんに土下座したと話しています。

奥田瑛二さんと喜多嶋舞さんの関係とは?!

2013年に俳優の大沢樹生さんが、喜多嶋舞さんとの間に出来た息子の血縁関係を確認すべくDNA鑑定をし、父親でなかったことが科学的に判明し話題になりました。息子さんが大沢樹生さんの息子でないとすると父親は誰なのかに話題は広がっていきます。

その中で本当の父親は奥田瑛二さんではないかという話が浮上したのでした。奥田瑛二さんはかつて交際していたことを認めました。しかし子供の父親ではないと否定しています。結局、本当の父親は誰かわかりませんでした。

奥田瑛二さんのプロフィール

1950年3月18日愛知県春日井市生まれで本名を安藤豊明(あんどうとよあき)といいます。明治学院大学法学部を中退しています。市議会議員であった父親により大学入学から代議士の秘書として住み込みの書生生活となりました。しかし本人は役者を目指しており大学の演劇部にも所属していました。

結局大学を中退し役者の道を選び天地茂の付き人となりました。1976年に「円盤戦争バンキッド」でデビューしましたが、その後も仕事に恵まれず職を転々としながら役者として模索していました。1978年頃から役者としての仕事も増え、1979年の映画「もっとしなやかに、もっとしたたかに」で実力を認められました。

  

2001年には「少女~AN ADOLESCENT」で映画監督デビューを、その後も「るにん」や「長い散歩」などを発表し、モントリオール映画祭でグランプリを受賞するなど役者以外にも活動の幅を広げています。映画「風の外側」では安藤サクラさんを主演デビューさせ、妻の安藤加津さんも出演し、安藤桃子さんも助監督として参加しました。

 

奥田瑛二さんの主な出演作品

  • 円盤戦争バンキッド
  • 宮本武蔵
  • 金曜日の妻たちへIII恋に落ちて
  • 男女七人夏物語
  • スーパープレミアム/獄門島

 

娘さんたちは映画監督や役者で大活躍、ご本人も役者はもちろん映画監督でも認められて大活躍です。浮気者のプレイボーイと言われたこともありましたが妻の安藤加津さんのお陰で離婚することなく、娘さんやお孫さんと過ごすことが出来るのではないでしょうか。奥様に頭が上がりませんね。