米倉涼子はなぜ離婚した?子供は諦めたのか?現在43歳!モラハラとの噂も? エンタメ

米倉涼子はなぜ離婚した?子供は諦めたのか?現在43歳!モラハラとの噂も?

強気で男勝りな印象のある女優・米倉涼子さん。2016年、イケメン夫と離婚して以来欲しかった子供を諦めたのではないかと言われています。今回は離婚に至る経緯や子供への願望について解説していきます。プライベートではイメージと真逆?

目次

[表示]

米倉涼子さんが子供を諦めた?高齢出産?

女性が妊娠、出産となると40代は高齢の域。米倉さんは離婚した元夫と結婚していた時には年齢も40歳代で、子供を作る事を強く考えて芸能界のお仕事はあまりいれていなく、プライベートを優先にしていたそうです。もし結婚した相手が優しい人であれば…未来も変わっていたかもしれませんね。

米倉涼子さんのプロフィール

1975年8月1日生まれで現在43歳。肩書は女優、ファッションモデル。神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。5歳からの15年間、クラシックバレエを続けていた米倉さんは、小学3年生から牧阿佐美バレヱ団のジュニアスクールに通い、谷桃子バレエ団にも通ってコンクールにも出場したそう。

高校生の時には友人がコンテストに応募したのがきっかけとなり、第6回全日本国民的美少女コンテストに出場。審査員特別賞を受賞すると翌年にはモデルとしてデビューした米倉さん、その活躍ぶりはファッション雑誌 『CanCam』などに掲載されたそうです。

ドラマ『非婚家族』で共演したお芝居の師である真田広之さんの姿を目の当たりにして、「真田広之のような芝居が好きな役者になりたい」と決意した米倉さんは1999年6月30日に「女優宣言」なるものされます。『黒革の手帖』、『けものみち』や『わるいやつら』で悪女役を演じ話題になります。

米倉涼子さんの離婚から2年。現在子供は諦めた?

結婚して夫婦であった期間は約2年間。しかし米倉さんと元夫はなんと夫婦生活の初日から性格の不一致を感じ、同居を解消し、結婚3ヶ月ぐらいから事実上夫婦関係は破綻していたと言われています。当然、子供を授かる時間もなかったそうです。現在43歳独身の米倉さんに子供はできるのでしょうか?

米倉涼子さんの離婚はなぜ?モラハラ?

米倉さんは元夫からモラハラを受けており、それが離婚の理由と言われています。具体的には「人格否定」や「門限強要」、そして頭を殴るなどのDVも受けていたそうで、絵にかいたような最低夫ですね。付き合い始めの頃には米倉さんの交友関係を狭め、自分の言うことを聞かせようとしていたそうです。

同居中、引っ越しの際は「あるものすべてに男の匂いがするから捨てろ」と断捨離を強要。また、正座させながら持ち物から友人から容姿に至るまで、米倉さんの全てを否定した説教が「5時間も」続いたと言われます。これは生き地獄ですね…。

米倉さんは離婚後、「私たちは時間をかけ、協議を重ねた末、この度、離婚が成立いたしましたので、ご報告させていただきます。私事でお騒がせしたことをお詫び申し上げます」と謝罪したうえで「これからも女優として、1人の女性として、前を見て進んでいきたいと思っております。」とコメントしました。

米倉涼子さんの離婚から2年。現在の再婚はあるのか

米倉さんはTOKIOの松岡さんが好きであることを2013年頃から公言しているそうです。2014年4月にTBS『TOKIOカケル』にゲスト出演した際には、松岡さんを「理想のタイプ」と評し、松岡さんに対し何度も結婚を迫っているんだとか。冗談なのか本気なのか、独身となった今、気になるところですね

米倉涼子さんはなぜモラハラの餌食になったのか

米倉さんなら先ほどの5時間の説教、5時間と言わず5分もしないうちにうるさい!と一蹴しそうなものですが、どうして最低な旦那さんの言いなりになってしまったのでしょう。というのも、米倉さんは私たちのイメージとは裏腹に、男性に強く言われると黙って服従してしまうんだそうです。

学生時代はおとなしく根暗なところがあり、M気質があるようです。元夫さんはアメとムチを使い分ける男性で、米倉さんは冷たくされた後に優しい言葉をかけられてハマっていったと言われています。元夫のイケメンも、褒めるものではないですがその辺のテクニックは持っていたんですね。

また、TBSの某バラエティ番組で、竹内まりやさんは「いつ会っても変わらず、頼れる妹のようで、人を引きつけるオーラがすごい。やさしい気配りの人」、飯島直子さんは「気丈そうで強そうに見えるが、すごく繊細。お酒が入ると反省してメソメソ泣き出す」とそれぞれ米倉さんを評しました。

米倉涼子さんがかつて抱いた「妊娠・出産願望」

結婚した当初は2015年に第1子を出産した所属事務所の後輩、上戸彩さんをかなり意識していて、『40歳までに妊娠する』と妊娠願望の強さを周囲にアピールしていたという米倉さん。しかし前述の通り元夫の方とは子供をつくるような状況ではなく、念願の妊活は早々に挫折。

同年の8月上旬には傷心の米倉さんを気遣うように、ささやかな誕生パーティが催されたそうです。発起人は米倉が『キョンねえ』と慕う小泉今日子さんで、他にも多くの女優仲間が参加したそうです。会場となった居酒屋では、米倉さんも「私、妊娠したい」と発言したそう。それが3年前、現在はどうなのでしょう。

米倉涼子さんの家族

祖父は、医師をしていたそうで、結構な資産家だったと言われています。父親はホテルマンをされていた方で、米倉さんの良き理解者であったと言いますが、2005年に57歳の若さで逝去されたそうです。母親は、英語の教師なんだとか。強要されていたわけではないそうですが、米倉さんは

幼いころから興味があった英語の勉強には熱心に取り組んでいたそうです。短期留学をしたり、専門学校に通ったり、時間を見つけては渡米したりと、とにかく英語に触れていたそうです。そしてなんと、その努力が叶ってアメリカで舞台の主演を務めたことも!凄いですね。

また、米倉さんには4つ下の弟さんがいて、現在は大手スポーツメーカーであるアディダスの社員さんなんだとか。ホテルマンと英語教師の両親の間から国民的人気女優とアディダスの社員が生まれ育ったのですから、米倉家は優秀な血筋なんでしょうね。

現在、再婚の可能性がある芸能人

2003年の大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」での共演をきっかけに同年から2005年春までの2年間、歌舞伎役者の市川海老蔵さんと交際していたという米倉さん。破局後も2007年3月のパリ・オペラ座へ海老蔵さんの歌舞伎公演を観に行ったことで復縁説が浮上したそうですが、米倉さんはその時は否定したそうです。

しかし海老蔵さんに未練があるという米倉さん。奥さんである小林麻央さんを亡くされた海老蔵さんには、その元女性タレントとの再婚話も出ていたそうですが一方で、女性週刊誌には結婚を前提に梨園に近い社長令嬢と交際していることも報じられたそうです。

遊び人だったという海老蔵さん、奥さんと哀しい別れをして、もう新しい女性に手を出しているのは正直神経を疑いますが、米倉さんが望むならお互いに独り身ですから、まだ子供を諦めていなければ復縁や再婚の可能性は無きにしもあらずですね。

まとめ 子供は諦めたのか

今回は米倉涼子さんについて紹介しました。子供を諦めた、とネットでは囁かれていますが、「元夫との」子供を諦めたという意味かも知れません。40代もまだ前半なのがせめてもの救いですね。もし再婚されるとなれば、今度こそ素敵な人と幸せになってほしいですね!