木下優樹菜のおバカキャラ時代の非常識は昔のヤンキー時代の名残?伝説も

フジテレビのかつての大人気クイズ番組『ヘキサゴン!!』では珍回答を繰り返すおバカキャラでブレイクした木下優樹菜さん。その時は時折非常識な言動も見られましたが、それはヤンキー時代の名残だったと言われています。果たしてどれほどだったのでしょう。

木下優樹菜さんは昔ヤンキーだった!

木下優樹菜さんは中学生の頃、ヤンキーだったそうです。本人も公言されており、ネットで転がっている昔の写真などを見ても一目瞭然なので、これは間違いのない事実のようです。今回はヤンキー時代の伝説、ヤンキーになった理由なども詳しく解説していきます。

木下優樹菜さんのプロフィール

木下優樹菜は在日韓国人で本名は?!元祖おバカキャラの正体に迫る!

木下優樹菜が整形疑惑?劣化がひどい?現在は?比較してみた!

1987年12月4日生まれの30歳。肩書は、バラエティタレント、女性ファッションモデル、歌手、女優。『ヘキサゴン!!』から生まれた歌手グループPaboおよびアラジンのメンバーでもありました。本名は藤本 優樹菜(ふじもと ゆきな)。旧姓、木下。愛称はユッキーナ、ゆきなちゃんなど。

東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。夫はFUJIWARAの藤本敏史さん。2006年に渋谷でスカウトされ、現在の芸能事務所に所属し、翌2007年、三愛水着イメージガールに抜擢。スポンサーモデルを務める傍ら、グラビア方面でも活動するように。

2008年から集英社のファッション雑誌『PINKY』における3か月間の実習モデルを経て5月号をもって専属モデルになる。同年5月から『ハチワンダイバー』で女優デビュー。その後も、連続ドラマでレギュラー・ゲスト出演したり、単発ドラマにも出演したりもされているようです。

昔ヤンキーだった木下優樹菜さんは今でも地元では伝説?

ヤンキー時代を過ごした地元での影響力はいまだに健在だという木下優樹菜さん。地元を取材したという週刊誌記者は「ヤンキーキャラでブレイクした頃、地元に取材に行ったのですが、聞き込みの途中で急にヤンキーたちに囲まれてしまった。『早くここから出てけ。何するかわかんねぇぞ』

とえらい剣幕でスゴまれましたよ。後から聞いた話では、彼女の元カレが当時の番長で、その時もまだ影響力を持っていたというわけです」 仲間にも恵まれた木下優樹菜さんは、同記者曰く「エリートヤンキー」のようですね。よほど凄いヤンキーだったのでしょうね。

木下優樹菜さんが昔ヤンキーになったのは「モー娘」?

デビュー前、安室奈美恵さんに憧れてアクターズオーディションや、13歳時の2001年に行われたモーニング娘。第5期オーディション『モーニング娘。LOVEオーディション21』で最終選考の9人に残るも落選したそうで、落選理由は「協調性のなさ」。このとき、ソロデビューの話もあったといいます。

木下優樹菜さんは、この挫折がきっかけになってヤンキーへの道に走るようになったとのこと。確かに、これだけのショックを13歳で味わってしまっては地元に帰っても勉強する気にはなれないかもしれませんね。結果的にママタレントとして大成できたので今となっては結果オーライなのかも…?

NEXT 木下優樹菜さんはヘキサゴンでブレイク