沢田研二と妻・田中裕子の結婚は略奪?馴れ初めや現在のまとめ エンタメ

沢田研二と妻・田中裕子の結婚は略奪?馴れ初めや現在のまとめ

1989年に出雲大社で挙式を挙げた国民的スター・沢田研二さんと女優・田中裕子さん。結婚から30年以上が経ちますが、どうやらその結婚というのは略奪だったそうです。芸能人の恋愛には色々ありそうですね。2人の活動から結婚まで紹介していきます。

目次

[表示]

沢田研二さんと田中裕子さんは結婚し夫婦歴30年以上

1987年3月、ジュリーこと沢田研二さんと 田中裕子さんが横浜の高級住宅街のマンションでの同居しているとが報じられました。往年のスーパースター沢田研二さんと不倫から略奪婚をした田中裕子さん。30年近くの時がすぎ、70歳を目前に昔の面影はもはや無い沢田研二さん。

沢田研二さんプロフィール。デビューから現在。

1948年6月25日生まれで現在なんと70歳。肩書は、歌手、俳優、作詞・作曲家。両親の実家がある鳥取県鳥取市生まれで京都府京都市育ち。本名、澤田 研二。ニックネームはジュリーで、由来は沢田さん本人が女優のジュリー・アンドリュースのファンだったため。

妻は女優の田中裕子さん。前妻は元ザ・ピーナッツの伊藤エミさん。身長171cm。現在は横浜市中区に在住。1960年代後半のグループ・サウンズ全盛期からスーパー・スターとして活躍し、ソロとしてのシングル総売上は1,239万枚1982 – 1991年の9年間は歴代1位の座を保っているそう。

1992年に〝自分はナツメロ歌手ではなく現役の歌手だから〟という理由で過去の映像の使用を許可しなくなった沢田研二さん、ちょうどその頃からメディアへ登場する機会が急に少なくなりましたが、2001年にはそれを撤回し、過去の映像の放映を認めるようになりました。

結婚相手で妻の田中裕子さんプロフィール

1955年4月29日生まれで63歳。肩書は、女優。本名は澤田 裕子(さわだ ひろこ)。大阪府池田市出身。明治大学文学部演劇学科卒業。所属事務所はアニマ出版。夫は歌手・俳優の沢田研二さん、弟は俳優の田中隆三さん。明治大学在学中の1978年に文学座に入り、女優活動をスタート。

1979年(昭和54年)のNHKテレビ小説『マー姉ちゃん』で主役の妹役としてデビュー。1981年(昭和56年)の映画『ええじゃないか』『北斎漫画』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を受賞。1983年(昭和58年)の、連続テレビ小説『おしん』で主役を演じ、

アジアやイスラム圏を中心として世界的な有名女優に。日本での『おしん』の平均視聴率は52.6%、最高視聴率は1983年11月12日放送(第186回「戦争編・東京の加代」)の62.9%であり、テレビドラマ史上最高視聴率。抑制のきいたセリフに情念を込める演技が特徴の女優さんです。

沢田研二さんと田中裕子さんの結婚は不倫略奪?

沢田研二さんが 田中裕子さんと知り合い交際を始めた時には、1975年に結婚した沢田研二さんには7歳年上の妻、元ザ・ピーナッツの伊藤エミさんがいました。ようするに「不倫」だったんです。沢田研二さんはかねてから、結婚するときはファンに一番はじめに報告すると発言していました。

その言葉通りにコンサートのステージ上で妻をファンに紹介しました。それが田中裕子さんと知り合う7年前の、往年のスーパースター、ジュリーこと沢田研二さんの姿です。恐らく、数年前の福山雅治さんの結婚のようなショックが起こったことでしょう。今の言葉を言うと「ジュリーロス」ですね。

沢田研二さんと田中裕子さんの挙式。略奪婚でも幸せ?

1986年8月、沢田研二さんは妻と一人息子を残して、体ひとつで家を出ていきました。この時に離婚届に判を押して置いていったといわれています。1987年1月7日に正式に離婚が成立しました。テニスコートなどを含めた総額18億円ともいわれる沢田さんの資産は、慰謝料としてエミさんに譲渡されたといわれています。

1987年「沢田研二 田中裕子 深夜の酔いどれデート」と題したスクープ写真が、写真週刊誌「FOCUS」に掲載されました。1987年3月には、沢田研二さんと 田中裕子さんが横浜の高級住宅街のマンションでの同居しているとが報じられました。

1989年11月12日出雲大社の北島国造館で沢田研二さんと田中裕子さんが挙式をしました。他のカップルと合同の往年のスターとしては質素な初穂料2万円の挙式でした。挙式から2週間あまりすぎた、11月28日に都内ホテルで沢田夫妻の披露宴が開かれました。なお、テレビ中継や芸能レポーター取材はありませんでした。

沢田研二さんと妻・田中裕子さんの馴れ初め。

1982年、第30作「 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」に出演した沢田研二さんと 田中裕子さんは出会い、交際に発展、不倫関係が始まりました。映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」で沢田研二さんと共演した当時の田中裕子さんはストレートの黒髪と日本的な美人顔、美男美女カップルだったんですね。

沢田研二さんの前妻・伊藤エミさんが死去。息子は障害を?

沢田研二さんには、息子が1人います。母親は、伊藤エミさん、つまり前妻の子になりますね。名前も判明しており、澤田一人(さわだかずと)さんと言うそうです。当時、沢田研二さんと伊藤エミさんの結婚は、世間に衝撃を与えました。

噂によると、息子さんは現在音楽関係の仕事をしているそうです。ただ、表には出てこないので、歌手ではないと思われます。また、息子さんが障害者であるという噂があります。どうやらこれはガセネタである模様です。ただ、沢田研二さんの妹が障害者であったそうなので、そこから噂が流れたのかもしれませんね。

沢田研二さんの現在は激太り?

沢田研二さんのコンサートでのファンへのマジ切れ、政治問題について語るMC、それに全盛期からは見る影もない外見。ファンでなくても、これは少しショックですよね。評価できるのは、現在でもコンサートを満員にできる人気ぶりと、東北の被災者の方への応援歌を歌っているところでしょうか。

田中裕子さんの代表作「おしん」

田中裕子さんは、2015年のNHKテレビ小説「まれ」で主人公の祖母役を演じ、その絶対的な存在感で、再注目されています。田中裕子さんは一時代を築いた大女優であり、不倫というスキャンダルを越えて今を迎えているベテラン女優です。1978年、明治大学在学中に老舗劇団文学座に入団すると、

翌年には早くもNHKテレビ小説「マー姉ちゃん」に準主役に抜擢。さらに1983年、NHKテレビ小説「おしん」の爆発的ブームは社会現象に。東北の寒村で生まれた女性の一代記は、広く世界でも大きな共感を呼び、当時、主人公おしんの子ども時代を演じた小林綾子さんは、一躍時の人となります。

まとめ 略奪婚した沢田研二さんと田中裕子さんの現在

今回は沢田研二さんと田中裕子さんについて紹介しました。スーパースターと大女優の結婚は、当時は相当なビッグニュースだったことでしょう。勿論、その裏には不倫という形で夫に裏切られた伊藤エミさんと息子さんのショックなどもありましたが、今回執筆に辺り、沢田さんを調べるまで知りませんでした。

芸能人は、意外な方が不倫をしたりするのがショックですよね。幸いなのは、すべてを捨てて結婚した2人の夫婦生活が現在も続いていることですね。沢田さんも、社会問題についてコンサートで熱弁されているようですが、日本のことを強く憂いておられるんですね。