米倉涼子は在日韓国人で韓国語が話せるって本当?結婚・離婚理由の真相も調査! 女優

米倉涼子は在日韓国人で韓国語が話せるって本当?結婚・離婚理由の真相も調査!

ご訪問ありがとうございます。今回は、在日韓国人説が話題となっている、女優米倉涼子さんについての記事となります。果たして噂は本物なのでしょうか?考察をして行きたいと思います。少しでも皆さまのご参考になれれば幸いです。ぜひご覧ください。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

米倉涼子に在日韓国人説?馴染みの店で流暢な韓国語を披露した!

日本を始め、アジア圏でも大変知名度の高い女優、米倉涼子さん。ご出演されたドラマは、必ず高視聴率を獲得するとの専らの評判です。昨今そんな米倉さんに、在日韓国人では無いか?という噂が絶えないようです。一体どういう事なのでしょうか。

今回の記事では、そんな米倉涼子さんと韓国の関係を、調査したいと思います。最初にご紹介をするエピソードは、とある韓国料理のお店での出来事です。日本国内にはいくつか、在日韓国人の方馴染みのお店というものが存在するようです。

米倉涼子さんが在日韓国人なのでは?と噂された発端は、前述の在日韓国人の方馴染みのお店の一つに、現れた事がきっかけであったようです。渦中のお店に現れた米倉涼子さんは、韓国人と思われる店員さんに、大変流暢な韓国語で注文をしたそうです。

その韓国語が堪能な米倉さんのお姿を、目撃した一般のお客さんが、SNSを使って店内で起こった一連の出来事を、拡散したようです。以来、米倉涼子さんは在日韓国人であるという噂が流れ続けているのだと言います。

米倉涼子離婚は在日韓国人説と関係?韓国語で罵倒した?1

女優の米倉涼子さんは2014年に、一般男性の方と離婚をされています。そんな中、彼女の結婚生活は何故失敗に終わってしまったのか、という点について注目が集まっているようです。一説によると、米倉涼子さんが在日韓国人であり、韓国語でご主人を罵りまくったなどという噂もあります。果たして噂は本当なのでしょうか?

米倉涼子離婚は在日韓国人説と関係?韓国語で罵倒した?2

前述のような噂が、インターネット上で囁かれているようです。しかし、米倉涼子さんが在日韓国人であるかはともかくとして、韓国語で罵られたくらいで、一度は将来を誓った相手を、簡単に切り捨てられるでしょうか?どうやら今回の噂は根も葉も無いデマであり、真相は別にあるようです。続きをご覧ください。

デマばかり!米倉涼子の結婚、そして離婚理由の真相って結局何?

前述でお伝えをしたように、米倉さんは、2014年までにご結婚と離婚を経験されています。インターネット上では、この件に関して、例のごとく多くのデマが流れているようです。果たして、米倉さんのご結婚と離婚理由の真相とは一体どのようなものなのでしょうか?紐解いてゆきたいと思います。

米倉涼子さんは、飲み友達であった男性と友情の延長のような形でご結婚に至ったのだと言います。また、その方との離婚理由はなんと!米倉さんを洗脳、そして支配し始めたからというのが真相のようです。交際当時は温厚であったお相手男性。ご結婚後は豹変し、米倉涼子さんの精神をボロボロにしたと言われています。

米倉涼子とヨンアが姉妹レベルに親しかった!

米倉涼子さんと、日本でも大活躍の韓国人モデルのヨンアさん。お二人は何やら、姉妹のようなご関係にあるようです。米倉さんは、韓国語が堪能という事で、ヨンアさん含めヨンアさんのご家族にも、大変親切に接しているのだとか。ご飯を作ってあげたりと、とても面倒見の良い一面があるようです。

米倉涼子と草なぎ剛の韓国語トークが流暢すぎる?

とあるテレビ番組にて、女優の米倉涼子さんと元SMAP草なぎ剛さんの、韓国語で会話されているシーンが、放送されたそうです。その際お二人の韓国語が、あまりにも流暢過ぎて、韓国人に見えたとの声まで挙がるほどだったのだとか。米倉さんの在日韓国人説に、拍車をかけてしまった出来事でもあったようです。

米倉涼子は韓国文化観光大使だった?

米倉涼子さんは、韓国語がご堪能なこともあり、韓国文化観光親善大使という重要な役割を任されていたようです。日本と韓国の架け橋として、ご活躍された米倉さんですが、こちらもまた、在日韓国人説を助長させるものとなっているようです。

さいごに経歴プロフィールをおさらい

ここまでご紹介をしてきた、視聴率女王・米倉涼子さんについて一体どんな人物なのか、既に詳しくご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、改めてプロフィール等のおさらいをして、記事を締めくくりたいと思います。それでは米倉涼子さんの一部プロフィールを紐解いて行きましょう。

米倉涼子の経歴・プロフィールをおさらいPART1

米倉 涼子(よねくら りょうこ、1975年8月1日[1] – )は、日本の女優、ファッションモデル。神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。

生い立ち

横浜市立南希望が丘中学校を経て、神奈川県立旭高等学校卒業。[1]

5歳からの15年間、クラシックバレエを続けていた

[1]。小学3年生からは牧阿佐美バレヱ団のジュニアスクールに通い、その後AMスチューデンツに合格、谷桃子バレエ団にも通ってコンクールにも出場した[3]

[注釈 1]。高校生の時、友だちがコンテストに応募してくれたのがきっかけで

[4]、第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞[注釈 2]

、翌年モデルとしてデビューし、ファッション雑誌 『CanCam』(小学館)などに掲載された。

(引用元:Wikipedia)

米倉涼子の経歴・プロフィールをおさらいPART2

生い立ち2

1999年6月30日、「女優宣言」をする。以後は女優として、いわゆるトレンディードラマを中心に活動する。女優に転じた際には誰かのようになりたいとは考えていなかったが

[6]、ドラマ『非婚家族』で共演、芝居を教えてくれた真田広之の姿を目の当たりにして、「真田広之のような芝居が好きな役者になりたい」と決意する[4]

。「米倉と松本清張の3部作」である『黒革の手帖』、『松本清張 けものみち』、『松本清張 わるいやつら』では悪女役を演じて役柄を広げ

[7]、2006年秋には『黒革の手帖』の舞台版で本人念願の舞台を公演した[8]

。これが予想以上の反響を呼び、本人の役者としての精神に火をつけた[1]

2008年には『CHICAGO』の日本版でミュージカルに初挑戦した。米倉はブロードウェイで鑑賞したこの作品に魅了され、日本版の構想を聞きつけると自ら売り込んで主役を得た

[9]。2010年にも同作品を再演、この頃からブロードウェイ進出を考え始め、2011年には渡米して三ヶ月間ジャズダンスやバレエのレッスンを受けた[12]

2014年12月26日、2歳年下の一般人男性と結婚

[15]。しかし2016年12月30日、協議離婚が成立し、離婚[16]

(引用元:Wikipedia)

今回の記事を終えてのまとめ

今回の記事を通して、女優米倉涼子さんには、在日韓国人説が噂される材料が、数多く存在するという事が分かりました。日本の方なのか、はたまた韓国の方なのか、真相はご本人のみぞ知るところではありますが、美しく演技力も抜群な米倉さん。今後も彼女のご活躍や動向に、注目して行きたいと思います。

長くなりましたが、今回の記事はこれで終わりとなります。日本が誇る名女優、米倉涼子さんについて、新しい発見をお伝えできていたら幸いです。最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。