イチローは特別アドバイザー!生涯契約で引退せず試合出場も続行中!

イチローはチーム特別アドバイザーとしてマリナーズへ新たに招待されました!イチローの特別アドバイザーの肩書は「会長付き特別補佐」です。イチローは、特別アドバイザーとして第二の故郷アメリカで、残りの生涯を過ごすことになりそうです。

イチローのプロフィール

生年月日 1973年10月22日。慎重は180センチ。体重は71キロ。血液型はB型。愛知県の愛工大名電高校。守備位置は外野手です。所属はシアトル・マリナーズ。1991年のドラフト4位でプロ野球のオリックスに入団しました。1994年にプロ野球史上初のシーズン200本安打を達成。そして7年連続で首位打者に輝きました。
2000年に入札制度のポスティングシステムによって、憧れていた大リーグのマリナーズに移籍しました。年俸は75万ドル(8000万円ほど)。メジャー歴代21位の通算3089安打を放ち、現役最年長の野手としてプレーを続けていました。

イチローの特別アドバイザーとはどんな肩書なの?

イチローがつく特別アドバイザーの正式な肩書は「Special Assistant to the Chairman」。です。これは、メジャーで特別に偉大なOB与えられる職です。イチローの他には、元ヤンキースの松井秀喜さんが特別アドバイザーの肩書を持っています。松井秀樹さんの持っている肩書は「GM付特別アドバイザー」です。
イチローのアドバイザーの肩書は「会長付特別補佐」です。「特別補佐」はより近い位置でサポートするのですが、その中でも「会長付」「CEO付」は最も地位が高いアドバイザーです。イチローは、最も高い地位の「会長付き、特別」のアドバイザー肩書を持つことになりました。その上イチローは試合へ出場する権利も残されており本当に特例です!

イチローはダライ・ラマ!

ダライ・ラマとはチベット密教の最高責任者のことです。日本の仏教の頂点である仏さまのような立場ですね。成績に厳しいアメリカのメジャーリーグで、成績が振るわないイチローが、心からチームに求められる存在になっています。これは、イチローが、技術面だけでなく、精神面でよほど信頼されているからなのでしょう。

「彼は我々のクラブハウスで、ダライ・ラマのような存在だ」「彼の現役選手としてのドアは閉じていない。今年はプレーすることはないが、来年以降プレーする可能性はある。来年の日本開幕戦でのプレーも、可能性はある」
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/04/kiji/20180504s00001007068000c.html

イチローへ古巣のマリナーズから熱烈オファー!

イチローは、他のチームに所属した時には、マリナーズへ戻りたいとは絶対に言えなかったけれど、いつかは戻りたかったと思っていたようです。そのマリナーズのジェリー・ディポトGM(ゼネラルマネージャー)は、イチローを絶賛しています。

イチローは特別アドバイザー役を開幕戦前に打診されていた!

「ゴードンやカノでさえアドバイスを求めにいく。みんなが教えを乞いに来る存在。チームの勝利のために彼が必要だ」
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/04/kiji/20180504s00001007068000c.html

イチローの特別アドバイザー就任は、事実上の引退か?

イチローは、実は開幕戦の前から、特別アドバイザーとしてチームに残らないかと、マリナーズから打診を受けていたのだそうです。野球選手としては高齢のイチローの成績は低迷していました。50歳まで現役を目指していたイチローですが、状況から言って、もう引退以外には道がないのかと心を痛めていたのかもしれません。
イチローはもう44歳になり、開幕戦ではスタメン入りしたものの、その後は選手としての成績が振るいませんでした。逆風が吹く中、多くの人から見て「イチローはそろそろ引退かも」と考えざるを得ない状況でしたね。

イチローの今季の試合はどうなるの?

イチローはマリナーズの特別アドバイザーに就任したので、残りの今シーズン試合には出場しないことが決まったと会見をしました。事実上の引退のような形になりましたが、イチローの試合への出場枠は残された上での、特別アドバイザー就任です。

「この日が来る時はやめる時だと思っていた。ただこういう提案があり、大好きなチームがこの形を望んでいるならば、その助けになるのならば喜んで受けようと思った」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180504/k10011427001000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

このように話しました。イチローはなんと「自分が野球をやめる日」のことを、しっかり考えていたようですね。本当に大リーグの世界を去る道しかない場合は、大変つらいのでしょうね。けれど、イチローには名誉な特別アドバイザーという新たなオファーが来ていました!

イチローは特別アドバイザーとして何をするの?

「僕は野球の研究者でいたい。アスリートとしてこのあとどうなっていくか、見てみたいという思いは変わらない。これからもチームと一緒に練習することができるので喪失感というものはない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180504/k10011427001000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

イチローは、今後は特別アドバイザーとして、選手と一緒に練習に参加したり試合に同行したりしながら、選手たちのサポートをしていくのだそうです。イチローが、特別アドバイザーのポジションを今から新しく作っていく立場なのかもしれませんね。

「提案がチームからあって、この形を望んでいて、それがいちばんの助けになるのであれば、喜んで受けようと思いました。後押ししたのは、大好きなチームメイトの存在だと言えます」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180504/k10011426771000.html

イチローの特別アドバイザーの初日はどんな様子だったの?

イチローは初のアドバイザーの仕事をどのようにしていたのか気になりますね。シアトルタイムズによると、イチローは、試合が始まると、マリナーズのクラブハウスに移ッたそうです。イチローは、その後、屋内のバッティングケージエリアで、試合の殆どの時間を過ごしたそうです。
イチローは、ピッチの裏の部屋では、ビデオで選手の分析をしたりできるようです。試合終了後は、イチローは表の現場に出てきて、ポストゲームのチームメイトの勝利のハンドシェイク(握手)に参加したのだそうです。このように、イチローはマリナーズの特別アドバイザー生活をはじめました。選手にとても近いポジションでのアドバイザーですね。

特別アドバイザーの仕事では試合中ピッチにイチローはいるの?

残念ながら、アドバイザーになったイチローは、試合ではピッチには入れません。イチローは試合中には、ピッチのすぐそばの部屋で、アドバイザーとして選手のプレーの分析などをしているそうです。ピッチに入れる人数には制限があります。イチローは、クラブハウスやビデオルームなどで試合の時間を過ごします。

イチローは特別アドバイザーに就任したからこのまま引退するの?

アドバイザーになると、イチローの引退が決定するのかという点が、ファンには気になると思います。マリナーズによると、イチローがチームアドバイザーになる事は、「引退ではない」と答えています。メジャーリーグでは、殆どの選手は役目を終えると引退します。ところがイチローは生涯契約を結べる事になり、このパターンはとても珍しいのです。

イチローが特別アドバイザーになった後は試合には出場するの?

イチローは今季は試合には出場しませんが、来期以降は出場の可能性があるそうです。マリナーズの必要に応じて、イチローが試合に出場する枠はつぶさないままにしておくそうです。すでに特別アドバイザーでありながら選手として試合にも出られるのは本当に特例中の特例の扱いのです。

特別アドバイザーはイチローが先陣を切る役割!

イチローの代理人のジョン・ボッグス氏は、アメリカのメディアの取材に対して、このように話をしました。さらに、マリナーズのジェリー・ディポートゼネラルマネージャーは次のように話しています。

「今回の決定では、イチローが今シーズン、マリナーズの一員として残るだけでなく、その先もマリナーズに残っていくということを確かにすることが重要だった。イチローが今後、選手として試合に出場する可能性を閉ざすものではない。そのことは明言しておきたい。イチローは、マリナーズ以外の球団でのプレーを望んでおらず、選手生活をマリナーズで終えることを望んでいるが、それは先のことだ」(マリナーズのジェリー・ディポートゼネラルマネージャー)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180504/k10011426771000.html

イチローの気になる年俸について

3月の契約では、基本年俸は75万ドル(約8000万円)プラス出来高払いとなっていました。ちなみに、松井秀喜選手の現在の球団特別アドバイザーとしての報酬は、年間4,000万円~5,000万円と噂されています。メジャーリーグには年金制度もあるので、イチローが仮に選手を引退してもかなりの収入があることは間違い無いでしょう。

イチローのほかにも特別アドバイザーはいるの?

イチロー選手が就任した特別アドバイザーをしている人は、他にはどんな人が居るのでしょうか。実は、2015年に松井秀喜選手がヤンキースの球団の特別アドバイザーに就任していまいした。球団の特別アドバイザーの仕事は、マイナーの巡回をすることや、コーチとマイナー選手の状況の、GMへの報告などだそうです。

大リーグの日本人特別アドバイザー!

一人一人のタイプに対応した指導を求められるようです。マリナーズの特別アドバイザーになったイチローも、きっとこのような仕事をするのでしょうね。日本人が二人も、アメリカ大リーグの球団特別アドバイザーに就任したことになりますね。

来年の日本の試合について

マリナーズは来年3月20、21日に東京ドームでアスレチックスと対戦することが正式決定しています。イチローは、来季の日本開催の公式戦で復帰する可能性もあるのです。もしかして、故郷日本での試合出場が、イチローの最後の試合になるなんてことはないでしょうか。

イチローの心に一番響いたのは、引退せずに、19年の日本開幕戦でプレーできるように準備してもらうという要素だっただろう。イチローには現役続行のチャンスを残しながら、新しい役割に挑んでもらう。マリナーズはうまく考えたと思う。(ラリー・ストーン氏 シアトル・タイムズ紙記者)
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/05/kiji/20180504s00001007509000c.html

イチローは試合出場を目標にも入れている?

イチローが出場する可能性があるかという質問に対しては、「その可能性はある」と答えました。来シーズン以降もイチローがまた試合に復帰できる可能性がある事について、イチローは次のように話しています。

「それがあることで明確に目標を持っていられる。チームがそういうスタンスで、こんな形をとってくれることは、本当に信じられないこと」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180504/k10011426771000.html

このように、イチローはこれからは、特別アドバイザーとしてマリナーズの選手と一緒に練習をしたり、試合に同行したりしながら、チームのサポートをするのだそうです。ただし、マリナーズの選手が故障するなど何らかの理由があって欠番する場合は、そこへイチローが入って試合へ出場することも可能だそうです。

イチローは生涯契約したら、もう日本には帰ってこない!

イチローはアドバイザー契約を結んだ後は日本で野球をする可能性はなくなります。もともと閉塞感の濃かった日本の野球界を好まず、メジャーリーグへ飛び出していった人がいました。それが野茂秀雄やゴジラこと松井秀樹、そしてイチローらだったようです。メジャーリーグへ移った後の彼らは、確かに晴れ晴れとした顔で野球をしていましたよ。

マリナーズはイチローを本当に歓迎しているの?

マリナーズは日本人選手を使っての歴史が強いチームです。その中でも、イチローが一番印象的ですね。イチローにとっては、忘れられないチームがマリナーズなのだそうです。01年から12年の途中まで所属したのがマリナーズです。
ある雑誌のインタビューで、イチローにとってマリナーズは特別なチームであることを話しています。イチローにとってマリナーズは、チームとも、街とも、ファンとも特別な関係だったそうです。イチローにはいつも心に「シアトルに戻りたい」という思いがあったそうです。

イチローは本命マリナーズで第二の人生をスタートさせている!

イチローは自分の野球の故郷はマリナーズだと思っているらしいです。だからこそ、引退を覚悟していたイチローにとっては、特別アドバイザーの話は夢のような第二のオファーだったようですね。そして、イチローは、今後は自分にとっての特別なチーム「マリナーズ」へ残りの生涯を捧げる道を進むことになりました。
このように、私たちは日本からイチローを応援することになりました。でも、マリナーズの名誉あるダライ・ラマ的なアドバイザーとして、イチローはまた大リーグの野球界で、第二の輝いた人生をスタートさせました。

イチローの特別アドバイザーとしての第二の人生を応援しよう!

もうイチローが日本へ帰ってこないとなると、少し寂し気持ちになりますね。でも、こうなったら同じ日本人として日本から、世界的メジャーリーガーイチローを、応援していこうではありませんか!もう40代のイチローの、アメリカでの第二の人生も、ぜひ素敵なものになってほしいものですね。