V6岡田准一の格闘技レベルをプロが絶賛?ジークンドーなどの資格も取得? エンタメ

V6岡田准一の格闘技レベルをプロが絶賛?ジークンドーなどの資格も取得?

俳優としても様々な話題作に出演するV6岡田准一さんですが、格闘技を習っていて、自らも指導者の資格を取得しているそうです。岡田准一さんが修行をするジークンドーなどの格闘技や始めたきっかけ、そのレベルはどのくらいなのか、調べてみました。

目次

[表示]

岡田准一 格闘技はプロレベル?アクションが話題!

岡田准一さんはジャニーズのアイドルグループV6に所属をしていますが、最近では実力派の俳優としてのイメージが定着をしています。岡田准一さんの魅力は、その演技力はもちろん、アクションシーンの評価が高いことでしょう。

出演作「SP」や「図書館戦争」では岡田准一さんは自らアクションやスタントをこなし、その動作は格闘技の識者から見ても、「うまい」と唸るレベルだそうです。また主演した時代劇映画「散り椿」では自ら殺陣の演技をつけ、木村大作監督「三船敏郎や高倉健、仲代達矢、勝新太郎を超えた 」とそのスピード感に太鼓判を押されています。

岡田准一 格闘技の腕前は?いつから始めた?

岡田准一さんはジャニーズのアイドルですので、ダンスなどで運動神経やセンスがいいことが想像できますが、長年格闘技を学んでいて、すでにいくつかのインストラクターライセンスを持っているほどです。その腕前は格闘技経験者からプロのリングに上がっても通用すると言われるほどです

岡田准一 格闘技を始めたきっかけは?

岡田准一さんが、格闘技を始めたきっかけは、2007年11月から2008年1月に放送されたドラマ「SP・警視庁警備部警護課第四係」に主演したことでした。要人警護の警察官役ということで、すべてのアクションシーンをスタントなしで行うことが求められ、役作りのため、ドラマ開始の1年以上前から肉体改造を行っていたそうです。

「SP・警視庁警備部警護課第四係」は好評を得て、映画化することになるのですが、岡田准一さんはさらに本格的な格闘技の特訓を始めることにしたそうです。格闘技を学んで約10年、岡田准一さんはインストラクターとして指導者の資格を取得するほどの腕前になっています。

岡田准一 資格を取得した「ジークンドー」とは?

岡田准一さんが修行する格闘技はどんなものなのでしょうか?まず、「ジークンドー(Jeet Kune Do)」です。ジークンドーは俳優で武道家のブルース・リーさんが作り上げた武術として有名な格闘技です。ジークンドーは、漢字で書くと「截拳道」と書き、日本で「せっけんどう」とも呼ばれていました。

ジークンドーは、ブルース・リーさんが幼少期から学んだカンフーの技術を基本としながらも、レスリング、ボクシング、合気道、柔道、サバットなどの格闘技や、フェンシングなどの技術を取り入れた武道です。型にとらわれない戦術的かつ実戦的な武道で、目つきや金的なども認めていることが特徴です。

岡田准一さんは、2014年9月にジークンドーで「フィリピノ・マーシャルアーツ・アソシエイト・インストラクター」に認められました。毎年、修行の実績や、インストラクターとしての実績など、総合的な評価による認定の更新が必要な資格です。岡田准一さんは、年々レベルを上げていき、現在は6thという段階にいるそうです。

岡田准一 ジークンドー以外にも取得?「カリ」とは?

岡田准一さんは、ジークンドー以外も格闘技を習っています。その一つが「カリ(Kali」という格闘技です。カリとは「エクスクリマ」とも呼ばれるフィリピンの伝統的武術で、短いラタン製の棒や、短刀、紐などの武器や道具を用いて闘う武術だそうです。

カリはアメリカ軍やFBIの訓練に取り入れられているだけでなく、近年はハリウッド映画で採用される主流の武術です。演技に使われている点が、岡田准一さんがカリを習おうと考えた理由とされています。武器を使う武術をいうことで、刑事ドラマや時代劇の殺陣シーンに非常に役立っているとされています。

岡田准一 「カリ」と同時期に学んだ?「シラット」とは?

岡田准一さんが学んだ格闘技の一つが「シラット」です。「カリ」と間違えられることが多い武術ですが、シラット武器を使わずに体術で行うことが多く、呼吸法や瞑想などの精神面の修行も含まれています。東南アジアが発祥という点はカリと同じですが、特にベトナム・インドネシアなど500を超える流派あるほど盛んな武術です。

岡田准一さんが主演した「SP・警視庁警備部警護課第四係」のアクションにはカリとシラットが取り入れられていますが、脚本を担当した金城一紀さん手がけた別のドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」でも採用されています。この作品では主演の小栗旬さんや西島秀俊さんなどがカリやシラットの訓練を受け、アクションシーンに臨みました。

岡田准一 総合格闘技「修斗」でも指導者レベルに?

岡田准一さんは、ジークンドー、カリ、シラットの他に「修斗」という格闘技も学んでいて、2017年6月7日には『USA修斗フルインストラクター』の認定を取得しています。これは当時世界で11名にしか取得しておらず、日本人は岡田准一が初めての認定者だったといいます。

「修斗」は、かつて新日本プロレスに所属し。初代タイガーマスクとして活躍した元プロレスラーの佐山聡さんが考案した、打撃と組み技を融合させた総合格闘技です。岡田准一さんが学ぶ『USA修斗』はこれを継承した「佐山流シューティング」の流派の一つです。

岡田准一さんは、武術家の中村頼永さんのプライベート生徒として約10年間に渡って指導してもらっているそうです。中村頼永さんUSA修斗協会の代表も務めています。技術面・肉体面だけでなく、修斗の理念や指導力が認められての取得になったとされています。

岡田准一 生年月日・年齢・出身などプロフィール

  • 生年月日:1980年11月18日
  • 年齢:37歳
  • 出身地:大阪府枚方市
  • 身 長:169cm
  • 血液型:B型
  • 妻;宮﨑あおい
  • 事務所:ジャニーズ事務所

岡田准一さんは、1995年14歳の時TV番組「天才・たけしの元気が出るテレビ」のコーナー「ジャニーズ予備校」に合格しジャニーズに入所。同年11月にはでV6CDデビューしました。2002年にはドラマ「木更津キャッツアイ」で主演を務め、2014年には「軍師官兵衛」で大河ドラマ初主演を果たします。

2015年の「第38回日本アカデミー賞」では、『永遠の0』での最優秀主演男優賞を、『蜩ノ記』では最優秀助演男優賞のダブル受賞を果たします。男優賞での最優秀賞のダブル受賞と、現役ジャニーズアイドルの日本アカデミー賞受賞は初のことでした。

岡田准一 格闘技趣味の集まり?「岡田一門」とは?

岡田一門と呼ばれる、岡田准一さんを中心とした筋トレや格闘技を鍛錬する集まりがあるそうです。メンバーは田中圭さん、福士蒼汰さん、松坂桃李さんなど若手俳優から、生田斗真さん、山下智久さん。嵐の大野智さん、HeySayJUMPの八乙女光さんら後輩のアイドルが所属し、正式徒弟として認定をされているそうです。

多くは、図書館戦争での映画共演が縁になっているらしく、格闘技を学ぶだけでなく、岡田准一さんが編み出した筋トレ法「岡田メソッド」でトレーニングをしているといいます。「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」で主演した小栗旬さんも岡田准一さんにアクションの立ち回りのコツや見せ方のアドバイスをもらっていたそうです。

岡田准一 格闘技のレベル・取得したジークンドー等のまとめ

岡田准一さんが所属するジャニーズ事務所は、格闘技をすることはこれまでNGでした。しかし、岡田准一さんの懇願によって認められ、そのタブーを打ち破ったそうです。そしてこれをきっかけに、岡田准一さんは演技だけでなく、アクション俳優としての地位も確立。さらに指導者として多くの俳優・アイドルに影響を与えているそうです。

主演作品『散り椿』が、「第42回モントリオール世界映画祭」で「審査員特別グランプリ」を受賞するなど、さらなる活躍が期待されそうです。将来、渡辺謙さんや真田広之さんのように、国外でも活躍することもあるかもしれませんね。