沢尻エリカの母はフランス人の美人シェフだった!家族についても調査しました! エンタメ

沢尻エリカの母はフランス人の美人シェフだった!家族についても調査しました!

女優として活躍している沢尻エリカ。あまり知られていませんが、実は沢尻エリカはハーフなのです。そこで、沢尻エリカはどこの国とのハーフなのか、そして沢尻エリカの母親と父親についても調べてみました!併せて、沢尻エリカの美しい画像もご紹介します。

目次

[表示]

沢尻エリカの美人の母親の国籍?!家族構成は?

美しい見た目が魅力的な沢尻エリカですが、なんといっても女優としての演技力がとにかく素晴らしすぎます。1リットルの涙では、難病を患う少女の役を演じました。病気と闘いながらも力強く生きていく女性の姿を見事に演じ切りました。そんな女優として大活躍の沢尻エリカ。生い立ちに興味はありませんか?

実はあまり知られていないようなのですが、沢尻エリカはハーフ。あまりハーフ顔には見えませんよね。この異常なまでの美しさの理由はハーフだったからなのですね。そんな沢尻エリカの母親や父親はどこの出身のかたなのでしょうか?沢尻エリカの美人と噂の母親についても調べてみました。

沢尻エリカのプロフィール

  • 本名:澤尻エリカ
  • 生年月日:1986年4月8日
  • 出身地:東京都
  • 身長:161センチ
  • 血液型:A型
  • スペインにある事務所、エル・エクストラテレストレに所属

沢尻エリカといえば「別に」騒動。映画「クローズド・ノート 」の完成披露試写会でのぶっきらぼうな受け答えが問題となりました。騒動後、映像作家の高城剛と結婚しました。明治神宮で豪華に挙式をした沢尻エリカ。その沢尻エリカの美しさには誰もがため息をついたはずです。その後高城剛とは離婚しています。

沢尻エリカは小学校6年生の時に初めての仕事、漫画”りぼん”の懸賞ページのモデルにて芸能界デビュー。その後雑誌”ニコラ”のモデルとなり、モデルと並行して女優としても活躍の幅を広げていきました。舞台挨拶での不機嫌な態度「別に」でスキャンダル女優となった沢尻エリカ。

沢尻エリカの美人の母はフランス人だった!

沢尻エリカは日本人の父親とフランス人の母親との間に生まれたハーフ。この美貌は母親譲りなのでしょうか。いわれてみればフランス系の雰囲気が感じられます。こちらが沢尻エリカの母・沢尻リラさん。文句なしの美しさですね。これほどまでに美しい母・沢尻リラさんから生まれてきたのなら、沢尻エリカが美しくなるのは納得ですね。

しかし沢尻リラさんは普通の一般女性なのでしょうか。フランスで女優でもしていたと思うほどきれいですね。沢尻エリカの母・沢尻リラさんがメディアに出てきたこともありました。それは愛娘・エリカを守るため。母はいつまでも母というわけですね。

沢尻エリカの母は地中海料理レストランでシェフをしていた

沢尻エリカの父と母の馴れ初めは不明です。母は以前は地中海レストランをひらいており、そこで沢尻エリカのポスターを貼りながら、仕事を頑張っていたようです。しかし、そのレストランは現在営業されておらず、営業がうまくいかなかったのでしょうか?

このように沢尻エリカは幼少期から、成長していく中で、過酷な幼少期を経験していたわけです。もともと、フランス人とのハーフということもあり、そのあたりでも苦労した面もあるかもしれませんね。特に父の失踪は大きな心の傷になったはずです。

沢尻エリカの父親は失踪していた

沢尻エリカの父親についてです。沢尻エリカの父親は、数十頭の競走馬を所有する馬主だったそうで、沢尻エリカが幼いころはかなり裕福な生活を送っていたそうです。しかし、沢尻エリカが9歳のころに父親は失踪。その後戻ってきたそうですが、翌年がんで亡くなったそうです。沢尻エリカは父親との思い出はないかもしれませんね。

沢尻エリカの家族は?二番目の兄は交通事故死をしていた?

沢尻エリカの家族は、母と父の両親と三人兄弟の5人家族の末っ子として生まれました。兄弟は二人ともお兄さんのようです。更に沢尻エリカは、父親が亡くなった翌年に、沢尻エリカの二人いる兄の内の、下の兄を交通事故を亡くしています。2年連続でご家族を亡くすって辛すぎますね。

沢尻エリカは、この次兄が亡くなったことについて、ドラマの記者会見のときに触れたことがあるそうです。それは、沢尻エリカの出世作ともいえる、ドラマ『1リットルの涙』のときだったようです。ドラマのタイトルに合わせたエピソードとして、次兄の交通事故のときに、たくさん涙を流したことを話したようです。

沢尻エリカの一番上の兄は俳優だった

現在は1番上の兄と母親と沢尻エリカは三人で、最愛の二人の死別を乗り越え残された家族で結束して支え合って生きているよう。そんな沢尻エリカの一番上の兄は、過去に俳優として活動していたそう。しかし、現在は芸能界を引退し、もつ鍋屋店長を務めている、沢尻エリカの長兄・沢尻剣士です。

沢尻エリカの長男は、澤尻剣士という名前で活動しているようです。残念ながら、あまり俳優として活躍はできなかったようです。ドラマ『SHORT LOVE 4つの愛の物語』や2003年公開の映画『FIGHT GIRLS』に出演していたようです。同じ家族でも長男はうまくいかず、そのまま芸能界は引退したようです。

そして、現在は都内のもつ鍋店の店長をしているようです。もちろん長男もフランス人の血を引いたハーフなので、とても男前と噂のようです。もつ鍋を食べると言うより、フランス風の男前に会いにお店に行く女性も多いようです。

沢尻エリカは母と仲良し

よくよく考えれば、16頭という馬を所有していた馬主だった父を考えれば、元からお金はあったのかもしれませんね。亡くなってからの遺産もすごかったのかもしれません。高城剛と結局、5年で離婚しています。しかし、実際は結婚して1年ほどで、沢尻エリカは離婚を申し出たようです。

しかし、高城剛はなぜか離婚を拒み続け、結局協議離婚の形をとって4年目に離婚しました。このあたりの時期も、沢尻エリカの母は、沢尻エリカの側で相談に乗っていたとも言われています。実は、この離婚には高城剛が、エイベックスから沢尻エリカを守ろうとしていたとも言われています。

沢尻エリカのエイベックス問題

沢尻エリカは、過去の騒動の責任をとらわれてか、高城剛と結婚していたころ、エイベックスに飼いならされているような状態だったようです。どうも、当時のエイベックスは沢尻エリカを脱がせて、お金を稼ごうとしていたようです。しかも、当時の沢尻エリカは、大麻やMDMAと言われる薬物に手を出していたそうです。

エイベックスはそのことを知っており、いわば「バラされたくなかったら、自分たちの言うことを聞け」という状態だったようです。高城剛は、そういったエイベックスから沢尻エリカを守ろうと動いていたとも言われていたようです。

結局、2013年に離婚する直前の、2012年にヘルタースケルターで、脱がされることになります。確かに、あのヘルタースケルターでのヌードシーンは、必要かと言われると、明らかに沢尻エリカのヌードを餌に興行収入を狙った感じはありましたよね。

沢尻エリカの美人な母や家族についてのまとめ

かつて、天才女優として活躍していたほどの仕事はありません。2018年に映画『不能犯』でヒロイン役が決定しています。また、2017年4月から放送されているドラマ『母になる』で主演を演じており、その演技力は変わらず評価されています。事務所自体はスペインにおいているようですが、普段は実家で母と暮らしていると言われています。

沢尻エリカの意外な生い立ちを紹介しました。まさかの父の失踪からの病死、兄の事故死というのは衝撃でしたよね。家族を失った辛さをかかえているからこそ、リアルな演技が出来るのかもしれません。女優としてこのまま終わるのはもったいないと思うので、もう一度女優として活躍してほしいです。