井上真央の字がきれいすぎる!?達筆なその理由は?性格や特技が明らかに! エンタメ

井上真央の字がきれいすぎる!?達筆なその理由は?性格や特技が明らかに!

国民的女優として大活躍されている井上真央さんですが、その字の上手さをみなさんはご存知でしょうか。顔がきれいなだけではなく、字もきれいなんて信じられませんよね。そんな井上真央さんの字の上手さの理由や、性格などについて迫っていきたいと思います!

目次

[表示]

井上真央の字が達筆できれいすぎると話題に!?

井上真央さんの字があまりにもきれいすぎると話題になっているんです。しかし、そんな話題になるほど字がきれいだなんて、書道の先生という訳でもない女優さんにあり得るんでしょうか。また、井上真央さんは子役時代から活躍されている方ですので一般人のように練習する時間もとれないと思われます。

そもそも、顔の整い具合がすごいので、この可愛さに加え字もきれいなんて天は何物も与えすぎでしょう。また、本当に字がきれいだとしても女優さんの字がこんなにも話題になるほど見られているとはいったいどういうことなのでしょうか。なぜ世間の人々は女優の井上真央さんの字を知っているのでしょうか。

井上真央の字は朝ドラ「おひさま」で披露された!?

井上真央さんは朝ドラ「おひさま」でヒロインを演じました。そこでは先生の役だったため、黒板に文字を書くシーンがありましたね。そこで披露された字がとてもきれいだったのです。黒板に字を書くというのは紙に書くのとはわけが違います。格段に難しい黒板にきれいな字を書かれるなんてすばらしいですね。

また、小道具で出てきた、井上真央さん演じた陽子の書いた文字である、例えば手紙などはすべて井上真央さんが書かれた字なのだそうです。字の綺麗な美術係の方などが書くことが多いであろう小道具でも使われるなんて、井上真央さんの字は本当にきれいなんですね。毎朝時の綺麗さが話題になっていたようです。

井上真央の字が達筆できれいな理由は書道の先生!?

井上真央さんの字がきれいなことはわかりましたが、なぜこんなにも字がきれいなのでしょうか。やはり幼い頃から習字教室に通っていたのでしょうか。しかし、小さい頃から子役として大活躍されていた井上真央さんが習字教室に通っていたとはなかなか考え難い部分がありますが、真相はどうなのでしょうか。

なんと井上真央さんは習字教室には通ってないということなんです。やはり忙しくてそれどころではなかったのかもしれませんね。そういうことですので、井上真央さんの字のきれいさの裏に書道の先生がいるなんてことはないそうなのです。それではどうして井上真央さんはここまで字がきれいなのでしょう。

井上真央の字が達筆できれいな本当の理由は!?

習字を習っていない井上真央さんが話題になるほど字がきれいなのにはお母さんが理由にあるそうなんです。井上真央さんのお母さんは、井上真央さんが幼い頃から「丸い字は書いてはいけない」と注意していたということなのです。丸い字はとってもかわいいですが、やはり達筆な字とは程遠いですもんね。

「丸い字を書いてはいけない」と注意するなど、あまり字に関心のない家では発されることがないであろう言葉をかけられていた井上真央さんですので、ご本人もやはり字について関心があるようで、自身でも「字フェチ」だと話しているのです。もしかすると自分の字が最も好みなんてこともあるかもしれませんね。

井上真央の字がきれいな理由には趣味も関係している!?

習字にも通うことなく、とっても達筆できれいな字を書く女性に成長された井上真央さんですが、その字がきれいな理由には、どうも井上真央さんの趣味が関係しているそうなのです。字が達筆になってしまう、字がきれいになってしまう趣味とは、井上真央さんはいったいどんな趣味をもっているのでしょうか。

井上真央さんの趣味とは「手紙」だそうです。さまざまなSNSが普及しており、タップ1つで簡単にメッセージが送れる時代に手紙が趣味とはとても風流ですよね。手紙が大好きな井上真央さんは返事が届いたらすぐにその返事を書いてしまうそうなのです。そうして書いていくことが上達の近道なのかもしれません。

井上真央のきれいな字は「明日の約束」でも披露された!?

井上真央さんの達筆できれいな字が披露されたのは朝ドラの「おひさま」だけではないそうなのです。井上真央さんは昨年にドラマ「明日の記憶」の主演を果たされました。このドラマの中でも井上真央さんの達筆できれいな字が披露されたのですが、あまりにきれいすぎて気づかれなかったようですね。

ドラマ「明日の記憶」で井上真央さんは高校のスクールカウンセラーの役を熱演し、難しい役どころを見事やり遂げたのです。過干渉な母親というものについて改めて考えるきっかけとなるドラマだったのではないでしょうか。そんなドラマ「明日の記憶」の最終回で井上真央さんのきれいな字が映されたのです。

字が達筆な井上真央の特技がすごい!?

習字教室に通うこともなく、手紙が趣味で字が本当に達筆だという井上真央さんですが、特技がまたすごいのです。その特技はなんとなく字がきれいで達筆であることも納得させてしまうような、とても日本的な、なかなか特技と言うことは難しいものなのです。家柄が良いのだろうなと容易に想像できます。

その素晴らしい特技とは「日本舞踊」です。「特技は?」と聞かれて「日本舞踊」と答えることができる人はなかなかいないのではないでしょうか。さすがは井上真央さんですね。様々な作法も身につけていることでしょうし、そんな中で字が上手いと言われたらそれは問答無用で納得してしまいますね。

井上真央が持ち歩いているのはボールペンではない!?

字がきれいで、日本舞踊が特技だという井上真央さんですが、普段持ち歩いている筆記用具はボールペンではないということなのです。ボールペンではなく、きちんと消せるシャーペンか鉛筆か、という訳でもありません。なんと、井上真央さんは普段から「万年筆」を持ち歩いているということなのです。

万年筆を持ち歩いているということは、井上真央さんは普段から万年筆を使っているということですよね。それでは趣味だというお手紙も万年筆でお返事を書いているのでしょうか。書いている姿を想像するだけでもため息が出るほど美しいですね。万年筆を普段使いできる女性はやはりあこがれてしまいますよね。

井上真央の性格はあまりにもすばらしすぎる!?

井上真央さんの性格は本当に素晴らしく良いのだそうです。まず、「礼儀正しく、本当にいい子」という評判が共演者の方からあがっているのですが、これは日本舞踊などで身につけたものが自然と現れているのかもしれません。また、幼い頃から芸能界で鍛えられた芸能界でのマナーにも敏感なのでしょう。

そして、井上真央さんは撮影現場でもプライベートでも差し入れや手紙をもらったらすぐにお返事を書くということでも評判が高いそうなのです。これはもう井上真央さんの趣味がそのまま評価されていますね。趣味がそのまま好感度につながっていくとは、日頃の振る舞いや性格の良さが反映されています。

おわりに

話題になっている井上真央さんの字の達筆さ、字のきれいさについて、理由など様々な角度からまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。井上真央さんは性格の良さなども評価されており、演技力の高い女優さんですので、これからも大活躍が続いていく方だと思われます。今後の活動にも注目していきましょう。