X JAPAN・taijiの謎に包まれた死の真相とは?自殺ではなく他殺? エンタメ

X JAPAN・taijiの謎に包まれた死の真相とは?自殺ではなく他殺?

X JAPANといえば言わずと知れた日本音楽界の生ける伝説のようなバンド。その人気は健在で、2007年の再結成は多くのファンが歓喜しました。しかしそのメンバー・TAIJIさんの死については謎に包まれており、今年ついにサイパン領事が調査に乗り出すとのこと。

目次

[表示]

X JAPAN・taijiさんの死!

TAIJIさんは2011年7月11日、成田空港午前10時25分発・デルタ航空298便に搭乗。仕事のためマネージャーとともに乗ったデルタ航空の機内で、声を荒げて窓を叩く、蹴るなどし、挙句CAさんに暴力を振るったとして逮捕されました。事態が急変したのは2011年7月14日。

サイパンに到着後、ほどなくして警察に拘留されたTAIJIさんは、警察が目を離した隙に拘留所のベッドのシーツで首を吊って自殺。首吊りをすれば必ず出るうっ血痕などもなく、顔は殴られたように腫れていたようです。しかも、検死もされていない事が明らかになっていて、現在も謎が多いです。

X JAPAN・taijiさんのプロフィール

本名は沢田 泰司(さわだ たいじ)。1966年7月12日生。2011年7月17日没。肩書は、ロックベーシスト、ミュージシャン。千葉県市川市出身。通称はTAIJI。X JAPANを経てLOUDNESSやD.T.Rなどで活動。身長173cm、体重55kg。愛称は「たいちゃん」。

尚、TAIJIさんはX JAPANのスタジオミュージシャンという契約でしたが、TAIJIさんの死後、HIDEさんと同様正式メンバーと数えられているような形式がX JAPANオフィシャルサイト等でとられているそうです。ちなみに、HIDEさんの死因も首吊り自殺で、真相が謎に包まれている点も酷似しています。

X JAPAN・taijiさんのデルタ航空機内の事件

先ほども紹介したTAIJIさんのデルタ航空機内の事件は、仕事のマネージャーの北見輝美さんと同乗していて口論していたのが原因のようです。はじめは窓などを叩く、蹴るなどしていたTAIJIさんは飛行機のCA(乗務員)にも暴行を始めため拘束されました。

そしてTAIJIさんの死の数年後、内縁の妻として生活を共にしてきた赤塚友美さんが『TAIJI 沢田泰司』という本で夫の人生や人となりについて記した後、死の不可解さなども明らかにしています。これから紹介する死の謎は、まるで誰かに作られたミステリーのようです。

同書によるとなんと、逮捕拘留中だった時も、意識不明状態だった時も、TAIJIさんから妻である赤塚さんのもとにメールが届き続けていたのだとか。また、先ほども紹介した通り首吊り自殺したと言われるTAIJIさんの遺体に首を吊ったら必ずできるうっ血の痕は確認できず、

TAIJIさんの口元に粘着テープが貼り付けられたような痕が残っていたそうです。さらに不可解なのが検死の結果は明らかにされず、遺体は極秘にサイパンから日本に移され、関係者は勿論、婚約者である赤塚さんにも情報は一切せず、極秘に密葬がされたということ。

X JAPAN・taijiさんの死。首吊り自殺が真相ではない

TAIJIさんの死因は同じく不可解な首吊り自殺をしたとされるHIDEさん以上に不可解な点が非常に多く、他殺の噂が浮上しています。死後に遺族が死因に対して、再調査を要請を望んでいるようですが、現在でも真相は明らかにならず、それどころか事件そのものが葬られようとしているそう。

ネットの声は「自殺と報道されているけど絶対に違う」「自殺で片づけてはいけない」といった具合です。うっ血痕がないのに口にはテープの痕があり、婚約者すらも寄せ付けずに密葬。確かに、これで自殺なわけはありませんね。他殺を決定づけるのにあと必要なのは顛末だけです。

X JAPAN・taijiさんの死の謎。内縁の妻が真相を探る

TAIJIさんの死後、真相を探るための活動を続けているという内縁の妻・赤塚友美さん。TAIJIさんに関する書籍の出版などもその一環なのでしょう。そして、次の項目で詳しく解説しますが、2011年から5年に及びその活動を継続した赤塚さんのおかげで、真相が明らかになるかもしれません。

X JAPAN・taijiさんについてサイパン領事が調査を?

このまま迷宮入りと思われたTAIJIさんの死の真相。しかし2016年の年末、TAIJIさんの公式ホームページにて進展が発表されました。5年間に及んだ妻・赤塚友美さんによる調査・追求の努力が実を結び、事実が積み上げられたことで、外務省がTAIJIさんの死に関して問題点を認識するに至ったとのこと。

公式HPによると、「この度正式に、在サイパン領事事務所と話し合いを持つ機会を得、TAIJIさんの死因が不可解、且つ、当時のサイパン諸機関の対応に疑問と問題があったと認識。現状の中で、在サイパン領事事務所がひとつの事件として認識し、解決に向けて追求を進める意思を示していただけた。

今後においては、TAIJIの死に関する真相究明に関しては、在サイパン領事事務所および外務省に委ねるとし、ここをひとつの区切りとするという。」とのことでした。それから2016年の年末からそろそろ2年が経ちます。調査は、具体的にどこまでの進展があったのでしょうか。

X JAPAN・taijiさんのバンド脱退の真相はクビ?

TAIJIさんにまつわる謎は生前にもあります。TAIJIさんは、1992年1月に開催された東京ドームライブ3daysを最後にX JAPANを脱退していますが、この当時のファンはTAIJIさんが脱退する事を何も聞かされていなかったそうです。現在であれば、公式HPやSNSで告知があるのが普通ですよね。

TAIJIさんの脱退から今年で26年。今年、YOSHIKIさんがTAIJIさん脱退について語る事もありました。なんでも自身との約束を破ったことでクビにしたそうなのですが、その約束が何であるかについて、YOSHIKIさんは「言えない」とコメントしています。今でも話せないとは、どんな内容なのでしょうか…?

囁かれている説として「バンドの掛け持ち」があります。当時、掛け持ちは許される事ではない、いわばタブーだったようですが、TAIJIさんはLOUDNESSからオファーを受けたTAIJIはX JAPANに在籍しながらもセッションに参加。それがYOSHIKIさんは許せなかったというものです。

ホームレス生活も経験

X JAPAN(当時はX)を脱退した後、LOUDNESSに加入するも1年で脱退し、私生活でも離婚をしてしまったTAIJIさんはホームレス生活を送ることに。倉庫や都内の公園などに寝泊まりしていたそうで、そんな中ホームレス狩りにあい、その時の喧嘩で前歯を折られたそうです。

1998年、TAIJIさんはHIDEさんの訃報を聞いて葬儀に駆けつけ、そこで脱退後に初めてYOSHIKIさんと再開。喧嘩で折られた歯を見たYOSHIKIさんは後日歯の治療費として200万円を差し出したそう。また、旧友たちの支援もあって、この頃から音楽活動を再開されます。

天才と呼ばれたtaijiさん

HIDEさんは生前、TAIJIさんを「あんな天才と一緒に演奏できることが光栄」「結構ね、影響されてるベーシストってTAIJIだったりするんですよね。あの人は元々ギタリストだったから、かゆいところに手が届くフレーズを弾いたりするんですよ。それにすごい影響されてるかな?」と絶賛していたそう。

まとめ

今回はTAIJIさんついて紹介しました。天才ベーシストであり、YOSHIKIさんもX JAPANに欠かせない存在として認めていたTAIJIさん。それだけに、穏やかに亡くなることができなかったのが悔やまれます。2016年末の調査からそろそろ2年、真実が明るみに出ることを祈るばかりです。