泰葉は躁うつ病という病気?障害?奇行やおかしい発言の理由は一体何!? エンタメ

泰葉は躁うつ病という病気?障害?奇行やおかしい発言の理由は一体何!?

泰葉さんといえばお騒がせタレントとして有名ですね。何か騒ぎを起こすたびに、またかと思われるくらい有名です。しかしその奇行の原因は病気にあるという話も。病気だとしたらきちんと治療を受けたほうがよさそうですが、実際どうなのでしょうか。

目次

[表示]

泰葉の奇行、おかしな発言は障害や病気が原因?

実は躁うつ病を患っていたことが分かります。躁うつ病とは、躁の状態とうつの状態が繰り返す病気。要は、急に元気になってハイテンションになったかと思うと、また急に気分が落ち込んで、何もする気が起きなくなるのです。

普通の人が気分の高さを50で一定に保つことができるとしたら、躁うつ病の人は急に100になったり、かと思ったら0になったりと、とにかく気分の変動が激しいのです。そして自分でもなぜそのような気分になるのかわからず、闘病者は苦しむことになります。

泰葉のプロフィール

ではまず、泰葉さんのプロフィールについて見ていきましょう。泰葉さんは初代林家三平さんの娘にあたります。そして元夫は、春風亭小朝さん。この元夫との離婚を境に奇行が目立つようになるのです。おそらくこの心理的ショックが病気の引き金になったのだと考えられます。

  • 名前:泰葉
  • 生年月日:1961年1月17日
  • 出身:東京都台東区

泰葉の病気は躁うつ病って本当?

2016年9月21日に記者会見を開き、本人が躁うつ病であることを明かしています。正式には双極性障害といい、症状は先ほど紹介したようなものです。精神科では、比較的「躁」の状態が軽いⅡ型の双極性障害だと説明されたようです。

ちなみに「躁」はハイテンションになると説明しましたが、決して楽しく前向きな気分になるわけではありません。ただ、抑えられないくらい行動的になるのです。時には攻撃的になったりもします。落ち込んでしまった状態をどうにもできないのがうつで、動きたくてたまらないのをどうにもできないのが躁なのです。

そしてこの病気を発症したのが2007年ごろのこと。つまり、元夫と離婚した時のことです。単に離別してしまったということだけでなく、他にもいろいろと負担となることがあったのでしょうね。2016年に会見を開いた段階ではある程度症状が落ち着いたようですが、相当苦しんだようです。

泰葉の病気が再発して再びおかしい奇行に!?

2016年の会見で落ち着いたかと思われた病気ですが、2017年6月に再発が疑われるような事態が発生しました。突如として、泰葉さんが元夫と和田アキ子さんを訴えるといいだしたのです。春風亭小朝さんからは長年DVを受けていたこと、そして和田アキ子さんからは営業妨害を受けていたといいます。

もちろんDVが本当なら同情されるべきことですが、それより心配なのは、これがまた躁の状態になって急な思い付きで訴えてやろうという行動に至ったのではないか、ということです。その前後にも少し言動がおかしいということで心配されていました。ファンも、ブログの内容が変だと心配しています。

ただDVが本当であれば、それも躁うつ病を発症した大きな原因であるかもしれないわけです。もう離婚したので済んだことではありますが、長年病気に苦しめられてきた身としては、仮に完治したとしても許せることではないのかもしれません。

泰葉の病気による奇行①金髪豚野郎発言と離婚真相暴露

ここまで、2017年に病気が再発したことについて紹介しました。しかしその前に、そもそもこれまでにどのような奇行によって心配されてきたか、振り返っておきましょう。まずは、金髪豚野郎発言です。これは元夫のことを指した発言です。

2008年9月の事。離婚の時は円満離婚だとしていたのに、打って変わってブログに真相を綴ります。「元夫だった金髪豚野郎は私の母のことを20年間『ゲロ』と言っていた」と暴露したのです。これには読者は騒然。

円満離婚だと思っていたほとんどの人は、この金髪豚野郎発言に衝撃を受けます。さらに離婚の真相の裏に、そのようなDVまがいの夫婦関係があったことは、とても大きな衝撃でした。この時点で、いろいろな意味で泰葉さんは心配されることになります。

泰葉の病気による奇行②2リットルの水浴び

離婚後しばらくして歌手活動を再開した泰葉さん。ところが、その歌手活動の中で驚きのライブパフォーマンスをします。寒い季節なのに、2リットルの水を浴びるという衝撃的なパフォーマンスをしたのです。2008年11月のことでした。

泰葉の病気による奇行③プロレスラーデビュー

また、金の屏風を前に、プロレスラーデビューすることを記者会見で発表。『ハッスル・マニア2008』にてデビューしました。これが、水浴びパフォーマンスの翌月、つまり2008年12月の事でした。こうした立て続けの過激な行動に心配の声が寄せられます。

泰葉の病気による奇行④元夫と和田アキ子を提訴すると宣言

そしてその後、およそ8年の時を経て2016年、記者会見で自分は離婚後に躁うつ病を患っていたのだと発表。しかしこの時にはある程度収まっていたようで、ファンの人たちもひとまず胸をなでおろしたのでした。ところが翌年2017年6月、元夫と和田アキ子さんを訴えるといいだし、病気の再発を心配されます。

泰葉の病気による奇行⑤マネージャー恐喝

まだ終わりません。2017年8月に元マネージャーに対して脅迫行為を行います。元マネージャーの家の前に、犬のふんと包丁を入れたビニール袋、そして脅迫文を置いていたのです。このマネージャーが警察に相談し、泰葉さんの犯行だと判明。泰葉さんも自分がやったと認めています。

泰葉の病気による奇行⑥イラン人と結婚を約束

2017年9月20日にイラン人の男性と婚約会見を開いた泰葉さん。ところが2018年4月、その婚約を解消したことを発表します。しかし、2018年5月18日には復縁したことを発表します。このように気持ちがコロコロ変わっていることからも、再び病気が心配されました。

泰葉がおかしいのは演技性パーソナリティ障害?

躁うつ病ではなく、演技性パーソナリティ障害ではないかという見方もあります。パーソナリティ障害はかつては人格障害と訳されていたもので、その人の人格に根付いた行動が問題を引き起こしている場合に当てはまるものです。

演技性パーソナリティ障害の場合は、とにかく大げさで人目を引きたいという気持ちが先行します。そのため、根拠のないことを堂々と主張したり、気に入ったものにはものすごい熱意を向けたりします。ところが逆に冷めやすいのも特徴です。何事も極端になりがち、アピールしがちな人だと周囲からは思われます。

確かに泰葉さんの大胆な水浴びパフォーマンスやプロレスラーデビューなどはその傾向があります。夫や和田アキ子さんへの提訴も確かにそうです。提訴の根拠よりも、その発言によって世間に衝撃を与えることを優先しているような印象があります。ただパーソナリティ障害は精神科で診断名としてつけられることはあまりありません。

泰葉は若い頃は現在と比べてすごくかわいかった?

今では病気で心配の目でみられている泰葉さんですが、昔は大変可愛いと人気でした。特に元夫と結婚した当時はとても可愛いと評判でした。例えば下の画像は若いころの泰葉さんですね。どうでしょうか。かなりの美人では?

泰葉の離婚後の病気・障害によるおかしい奇行についてまとめ!

以上、泰葉さんの病気と奇行について紹介しました。パーソナリティ障害は人格に根付いたものです。そのため、その人格自体が精神疾患の原因となることがあります。もともと人目を引きたい人格の人が躁うつ病でハイテンションになった結果が数々の奇行だ、と考えればつじつまが合うかもしれません。