神谷明はなぜコナンを降板したのか?その理由と現在について調査! エンタメ

神谷明はなぜコナンを降板したのか?その理由と現在について調査!

筋肉マンや北斗の拳などの声優でもあることで有名な神谷明さん。名探偵コナンの毛利小五郎役を降板したことで大きな話題になりましたが、現在は活動されているのでしょうか?今回は神谷さんの経歴、降板の理由や現在の活動についてご紹介します!

目次

[表示]

神谷明が名探偵コナンの毛利小五郎役を降板!理由は?

1996年1月から放送されている名探偵コナンのアニメ。放送のほとんどの回に登場している主要キャラクターでもある毛利小五郎役に選ばれた声優は神谷明さんでした。現在でも毎年映画が公開されるほどの人気アニメで、長寿番組にもなっています。

神谷さんが役を降りたのは2009年の9月なので、13年ほどは毛利小五郎として活動されていました。これだけ長い期間、同じ役を務めたうえで引退などではなく降板という形で役を終えてしまうのには、それ相応の理由があったはず。神谷さんはなぜ、降板したのでしょうか?

神谷明の経歴!

神谷さんは1970年から声優として活動されている大御所の方です。高校時代には演劇部に所属しており、いい声だね、と褒められたことをきっかけに俳優を目指していたそうです。1970年にテレビアニメ魔法のマコちゃんで声優デビュー。その後ロボットアニメ作品での活動が目立ち、必殺技を叫ぶ役が多かったとの事。

一時期は叫びの神谷と呼ばれていました。デビューしてから次々と役をこなし、1980年代には週刊少年ジャンプ連載の漫画のアニメ化作品に多数出演。ここまで来ると人気が出ることは間違いないでしょう。声優だけでなく、映画007シリーズの5代目ジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナンの吹き替え担当でもありました。

神谷明がコナンを降板した理由は?

名探偵コナンでは、主人公のコナンと同じくらい重要な役どころの毛利小五郎。子供の姿にされてしまったコナンが毛利小五郎の体を使って事件を解いていく、毛利小五郎はなくてはならない存在です。そんな大事な役を降りることが判明したのは、神谷さん本人のブログでの発表でした。

「私の不徳の致すところ」とはっきりと理由を記載されていなかったため、ファンの間では様々な憶測が生まれました。現在そのブログは削除されてしまっていますが、神谷さんは降板ではなく「毛利小五郎を解かれた」と表現していたのです。これは降ろされたというこのなのでしょう。

神谷明がコナンを降板した理由はギャラ交渉の決裂?!

神谷さんが毛利小五郎を降ろされた理由は、報酬にあったと言われています。神谷さんがDVDなどの二次使用料の権利を制作会社側に対して主張したのですが、制作会社と折り合いがつかなかったとの事。その旨が報道されると、神谷さん自身がそれに対してコメントをしていました。

報道自体は間違いではありません、と言ったうえでテレビレギュラーに関しては問題がなかったと公言しています。実際のところ、神谷さんがどのような扱いを受けていたのかは定かではありませんが、子供も見る番組で、お金の問題が生じたという事実は残念でなりません。

神谷明の代表作がスゴイ!!

キン肉マン

神谷さんの声優業の代表作として有名な作品が3つあります。そのひとつがキン肉マン。1983年からと1991年からの2度に渡ってアニメ化された、人気番組です。神谷さんは主人公のキン肉マンを演じています。神谷さん、実はキン肉マンの漫画は読んだこともなかったそうで、キャラクター像も知らないままオーディションに臨んだそうです。

北斗の拳 ケンシロウ

北斗の拳は1984年からアニメで放送されていました。キン肉マンに続いて、現在でも多くのファンがいる作品です。パチスロでもかなり人気がありましたが、神谷さんの声がパチスロで使われたのは初期のみだったようで、声が変わったことでファンからは違和感があるとの声が相次いだようです。

神谷明の過去から現在 シティーハンターが復活?!

こちらも根強いファンを多くもつ人気の漫画ですね。シティーハンターは神谷さんの代表作のひとつでもあります。実はこのシティーハンターが2019年に長編アニメーション映画として復活することが決まりました。主人公冴羽獠の声優を務めるのはもちろん神谷さんです。

約20年ぶりとなる新作長編アニメーションの制作が発表され、大きな話題を呼んだ「シティーハンター」。
冴羽獠役に神谷明、槇村香役には伊倉一恵という当時のままのキャストの出演が発表されたことが、多くのファンを歓喜させた。
そして、今回、第二弾キャストとして、野上冴子役の一龍斎春水、海坊主役の玄田哲章、美樹役の小山茉美の出演が決定!
オリジナルキャスト“奇跡”の再結集が実現する。

(引用:劇場版シティーハンター 公式サイト)

20年ぶりというのはすごいですね。神谷さんは2018年現在71歳とご高齢ですが、当時のように演じることが出来るか不安もあると語っていました。ですが、ファンにとっては大変貴重な作品になるのではないでしょうか?過去作品を見返す人も増えるかもしれません。

神谷明の現在は?干されたという噂はガセ?

神谷さんがコナンを降板したあと、干されたという噂が流れました。現在「冴羽商事」という事務所を立ち上げており、声優活動の他にナレーションや司会、コンサートのマネジメントなど幅広く活動されているようです。声優の出演料は役柄に関係なく実績などのランクで決まるとのことで、神谷さんレベルになるとかなりの金額になるかと思われます。

コナンの降板以降、確かに目立った活動はあまりありませんが、未だ現役、さらにはイベントやテレビ番組などにも出演されているようで、シティーハンターの映画もありますし、今後露出も増えてくるのではないかと思われます。

神谷明の降板後の毛利小五郎は小山力也!

現在毛利小五郎の役を演じているのが小山力也さんです。小山さんも人気声優であり、数々の有名作品の声優を務めています。小山さんは俳優として活動されていた方で、声優として知名度が上がったのは毛利小五郎役がきっかけだったようです。2018年だけでも声優として参加しているアニメは20作品以上、現在売れっ子の声優さんですね。

実は世代交代していたアニメ作品!

ルパン三世 峰不二子

誰もが知るルパン三世、ルパン役の声優が山田康雄さんから栗田貫一に変わったことは有名ですが、実は峰不二子役も変わっていたんです。初代は二階堂有希子さん、二代目は増山江威子さん、さらに三代目は沢城みゆきさん。3人もいたとは…沢城さんは産休、育休のために2018年から休業します。もしかすると4代目も登場するかもしれません。

ドラゴンボール 亀仙人

初代声優の宮内幸平さんは初登場から260話まで、約10年ほど亀仙人を担当しました。ですが、1995年に急逝してしまったため、増岡弘さんが代役を務めました。さらに映画では愛川欣也さんや佐藤正治さん、などなど多くの人が亀仙人役を演じていたようです。

意外と知らないものですね。そのほか、ドラエモンやサザエさんの磯野波平、機動戦士Zガンダムのファウムラサメなどなど…声優が変わって残念という声が相次いだ作品は多くありました。確かに、聞きなれている声が急に変わると、違和感を感じて見たくなくなるという人も少なくないのかもしれません。

神谷明は現在現役だった!

神谷明と聞くと、どうしてもコナンや降板という文字が頭に浮かんでしまいますが、それ以上にすごい作品に出演していた神谷さん。現在は干されているわけでもなく、お元気そうで安心しました。今でも毛利小五郎は神谷さんがいいといった声もちらほら聞きます。降板は残念なことでしたが、今後の作品にも期待が高まります!