神谷明はなぜコナンを降板したのか?その理由と現在について調査!エンタメ

神谷明はなぜコナンを降板したのか?その理由と現在について調査!

筋肉マンや北斗の拳などの声優でもあることで有名な神谷明さん。名探偵コナンの毛利小五郎役を降板したことで大きな話題になりましたが、現在は活動されているのでしょうか?今回は神谷さんの経歴、降板の理由や現在の活動についてご紹介します!

目次

[表示]

神谷明が名探偵コナンの毛利小五郎役を降板!理由は?

1996年1月から放送されている名探偵コナンのアニメ。放送のほとんどの回に登場している主要キャラクターでもある毛利小五郎役に選ばれた声優は神谷明さんでした。

現在でも毎年映画が公開されるほどの人気アニメで、長寿番組にもなっています。神谷さんが役を降りたのは2009年の9月なので、13年ほどは毛利小五郎として活動されていました。

これだけ長い期間、同じ役を務めたうえで引退などではなく降板という形で役を終えてしまうのには、それ相応の理由があったはず。神谷さんはなぜ、降板したのでしょうか?

コナンの宿敵『黒の組織』のメンバーまとめ!重要幹部から潜入スパイまで網羅

神谷明の経歴!

神谷さんは1970年から声優として活動されている大御所の方です。高校時代には演劇部に所属しており、いい声だね、と褒められたことをきっかけに俳優を目指していたそうです。

1970年にテレビアニメ魔法のマコちゃんで声優デビュー。その後ロボットアニメ作品での活動が目立ち、必殺技を叫ぶ役が多かったとの事。

一時期は叫びの神谷と呼ばれていました。デビューしてから次々と役をこなし、1980年代には週刊少年ジャンプ連載の漫画のアニメ化作品に多数出演。

ここまで来ると人気が出ることは間違いないでしょう。声優だけでなく、映画007シリーズの5代目ジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナンの吹き替え担当でもありました。

声優以外の仕事もしている

1970年代後半に声優ブームが訪れ、当時人気絶頂期の神谷明さんは、突然TBSラジオの生ワイドでパーソナリティとして出演することになりました。

声優業界やファンから批判があったようですが、神谷明さんは「声優という職業にあぐらをかきたくない」という気持ちで、取材メモを作成して挑戦したそうです。

神谷明がコナンを降板した理由は?

名探偵コナンでは、主人公のコナンと同じくらい重要な役どころの毛利小五郎。子供の姿にされてしまったコナンが毛利小五郎の体を使って事件を解いていく、毛利小五郎はなくてはならない存在です。

そんな大事な役を降りることが判明したのは、神谷さん本人のブログでの発表でした。「私の不徳の致すところ」とはっきりと理由を記載されていなかったため、ファンの間では様々な憶測が生まれました。

現在そのブログは削除されてしまっていますが、神谷さんは降板ではなく「毛利小五郎を解かれた」と表現していたのです。これは降ろされたということなのでしょう。

最高にかっこいい赤井秀一の登場回まとめ!名探偵コナンの人気キャラも大解剖!

NEXT:神谷明がコナンを降板した理由はギャラ交渉の決裂?!
1/4