巨人の山口俊の父親は元力士?実家や兄弟の現在・嫁の評判などに迫ります! エンタメ

巨人の山口俊の父親は元力士?実家や兄弟の現在・嫁の評判などに迫ります!

「どすこい」の愛称で親しまれている山口俊投手。読売ジャイアンツへFA移籍直後の泥酔事件で一軍登録抹消のトラブルがありましたが、今シーズンノーヒットノーランを達成するなど復活しているようです。そんな山口投手の父親や嫁、家族について調べてみました。

目次

[表示]

山口俊 実家は?父親は元幕内力士の谷嵐?

山口俊投手の実家があるのは、大分県中津市です。中学・高校と名前が地元では名前が知られていた山口俊投手ですが、彼の父親は幕内力士・元前頭四枚目の谷嵐関です。山口俊投手の恵まれた体格は、元力士の父親譲りといえるでしょう。

山口俊 父親・谷嵐 生年月日、成績などプロフィール

  • 名前:谷嵐 久(たにあらし ひさし)
  • 生年月日:1952年4月16日
  • 出身;大分県中津市出身
  • 身長:181㎝
  • 体重:128kg
  • 最高位:西前頭4枚目
  • 幕内成績:46勝59敗
  • 所属:時津風部屋

大分県立中津工業高校で相撲を始め、3年生のときには全国大会で入賞を果たし、その後時津風部屋に入門をしました。1971年に初土俵を踏むと、1977年に十両昇進、1978年に新入幕を果たします。しかし、幕内での勝ち越しは1場所だけにとどまり、怪我などで成績を伸ばすことができず、1982年に30歳で引退をしています。

谷嵐久さんは、力士を引退後、地元・大分に戻り相撲茶屋「谷嵐(なりや)」を経営していました。しかし、2010年10月19日に肝臓ガンのため大分市内の病院で亡くなっています。享年58歳の若さでした。

山口俊 「どすこい」の愛称の由来は?子供の頃は実家で相撲?

父親の久さんの影響もあってか、山口俊投手も小学生の頃は相撲をしていて、わんぱく相撲では、市内大会で優勝したこともあるとのこと。元力士の父親の指導もあったのでしょう、毎日四股を100回、股割りも稽古していました。ピッチングフォームのモーションが四股に似ていたり「どすこい」というあだ名の由来も幼少期にあるようです。

しかし、小学校3年生の時に友達に誘われ地元の軟式野球チームの『太陽クラブ』に入ったことを機に、父親と違う野球の道に進むことになります。中津市立豊陽中学校に入学すると、3年生の夏には県大会で優勝を飾り、大分の強豪校の柳ケ浦高校では、1年生から抜擢され、甲子園出場を果たしました。

父親の谷嵐久さんも野球が好きだったそうで、山口久投手のキャッチボールの相手はいつも父親だったそうです。しかし、中学に上がるころには、父親ではボールを取れないほどに成長し、それ以降はキャチボールはせず応援のみになったそうです。野球選手の夢を追う息子の姿に、かつて力士として苦い思いをしたことを託していたのかもしれませんね。

山口俊 母親の名前は?兄弟はいるの?

山口俊投手の母親は啓子さんというそうです。敬子さんは元バスケットボール選手だったと言われているので、山口俊投手は両親とも元アスリートという恵まれた環境に生まれています。啓子さんは現在も中津の実家で暮らしているそうです。

山口俊投手の試合にも大分県から駆けつけることもあり、昨年2017年6月15日の巨人移籍後の初勝利の試合では、怪我で7ヶ月も試合に出場できなかった息子をねぎらい、山口俊投手はヒーローインタビューで、号泣するという一幕がありました。

また、山口俊投手は次男とのことなので、お兄さんがいると思われます。何をしているか調べてみましたが、残念ながら詳細はわかりませんでした。弟もいるらしく、実家の相撲茶屋を継いでいるとされています。

山口俊 生年月日、身長、成績などプロフィール

  • 生年月日:1987年7月11日生まれ
  • 出身:大分県中津市出身
  • 身長:187cm
  • 体重:97kg
  • ポジション:投手

山口俊投手は、柳ケ浦高校在学中は、甲子園に1度、3年生のときに1度センバツに出場を果たしています。2年秋の明治神宮大会では、初優勝をしていますが、甲子園ではいずれも初戦敗退しています。2005年のプロ野球高校生ドラフト会議で、横浜ベイスターズから1巡目で指名を受けて、背番号『11』で入団を果たしました。

2006年~2016年シーズンの間、横浜DeNAベイスターズに在籍、入団1年目は先発ローテーション入りするも成績が残せず、3年目には中継ぎに転向。4年目には抑えに転向すると、2010年~2012年までの3年間で通算100セーブを達成します。

2012年には翌シーズン終了後にポスティングシステムでメジャーリーグ移籍を目指す意向を発表しましたが、2013年は44試合7セーブと一気に低迷し実現に至りませんでした。2015年からは先発に再転向。2016年は11勝5敗、防御率2.86でチームを初のクライマックスシリーズに牽引する活躍を見せました。

山口俊 嫁は元グラビアアイドル?子供は?

山口俊投手は2014年12月25日クリスマスに元グラビアアイドルの高木加織さんと結婚をしています。結婚時点で高木加織さんは芸能活動を休止していたこともあり、山口俊投手は結婚相手を『一般女性』と公表していました。一方高木加織さんも自身のブログで結婚報告をしていましたが、相手については明らかにしていませんでした。

結婚時点で妊娠をしていたため、山口俊投手に配慮をしてお互い相手については公表をしていませんでしたが、週刊誌に報道されたことを受けて、2015年3月14日にブログで結婚相手が山口俊投手だったことを発表。その後2015年3月20日に第1子の長女が誕生し、2016年8月20日には第2子の長男が誕生したことを報告しています。

高木加織 生年月日、出身など、プロフィール

  • 生年月日:1985年7月23日
  • 出身:愛媛県
  • 血液型:A型
  • 身長:160cm

1999年の『第4回ミスヤングマガジン』に出場。当時中学2年生にもかかわらず、準グランプリを受賞。その後正統派グラビアアイドルとして活動していましたが、2003年ごろからはセクシー系に路線変更し、深夜番組の出演を増やします。2010年秋からはYMNに所属。結婚後の現在は芸能活動を休止しているようです。

山口俊 嫁の評判が悪い?SNSが原因?

嫁の高木加織さんですが、ネット上での評判をみると『少年院』や『前科』といった言葉があがり、悪い印象をもたれているようです。これは事実ではないようですが、そもそも評判が悪化したきっかけは、山口俊投手の飲酒暴行トラブルの時、高木加織さんも病院に来て「夫婦そろって悪態をついていた」という週刊誌報道が原因のようです。

高木加織さんには、一部では気が強いといった噂もあるようです。山口俊投手のFA騒動時には、涙を流してコメントする姿への批判に対し、Twitterで怒りを表していたようです。今は非公開になっていますが、インスタグラムで子供たちの写真をアップするなどいったことが「セレブ風」を吹かせていると見られてしまっているようです。

山口俊 飲酒暴行トラブル?古巣から嫌われている?

山口俊投手は2017年7月の30歳の誕生日の時、泥酔状態で行った病院で、扉を壊したり、警備員を負傷させたというトラブルを起こしています。示談は成立したものの、この飲酒トラブルによって、出場停止と罰金・年俸減額の処分がされたといいます。その総額は1億円以上とも報道されています。

また、巨人へのFA移籍の際にもトラブルがあったようです。当時エース格の成績を残し、球団の選手会長にも選ばれ、今後の活躍を期待されていたにもかかわらず、FA権を獲得すると、あっさりと巨人に移籍を決めてしまいました。このことが評判の悪化に繋がり、古巣のDeNAベイスターズ戦では、観客からブーイングの嵐を受けてしまいました。

山口俊 実家・父親・嫁 まとめ

山口俊投手の実家や家族について調べてみました、両親とも元アスリートと恵まれた家系で実力を認められている一方、過去の飲酒暴行トラブルや嫁の高木加織さんの評判など、「嫌われ者」のイメージも残っているようです。今年2018年史上79人目のノーヒットノーランを達成で復活か?と期待も集まっているので、今後の活躍に注目です!