X JAPAN分裂でまた解散説浮上⁈TOSHIを排除⁈洗脳⁈脱退⁈ エンタメ

X JAPAN分裂でまた解散説浮上⁈TOSHIを排除⁈洗脳⁈脱退⁈

2007年に再結成を果たしたX JAPANに、再び解散説が浮上しました!TOSHIの洗脳騒動、HIDEの自殺を乗り越え、再度復活を約束しあった仲間なのに、X JAPANの新曲にTOSHIの名前がないのです!一体何があったのでしょうか⁈真相に迫ってまいります!

目次

[表示]

X JAPAN、分裂危機⁈TOSHIの脱退で解散説浮上⁈

2018年、X JAPANとして3年ぶりとなる新曲「Red Swan」が発表されました。しかし、その中にTOSHIの名前がないのです!X JAPANのボーカルといえば、もちろんTOSHIですが、何故かL’Arc〜en〜CielのHYDEが新曲のボーカルを務めているのです。何故なのでしょうか?

この発表があって、ファンからは悲鳴に近い声が飛び交っています。このまま脱退して、X JAPANが分裂するのではないかとも囁かれています。どうしてボーカルはTOSHIではないのでしょうか。最近、バラエティにひっぱりだこのTOSHIですが、もうX JAPANとしては活動しないのでしょうか。

X JAPAN解散説浮上!TOSHIは脱退するのか⁈

X JAPANは、1997年にTOSHIの脱退と洗脳騒動が発端となって、1度解散しています。その翌年にはHIDEが急逝しており、なにかと不幸に見舞われてきました。しかし、2007年に再結成を果たして復活したのですが、この時の契約がややこしいものでした。メンバーは、YOSHIKIが統括する音楽出版社と契約を結んだのです。

その時はTOSHIも同じように契約したのですが、昨年その契約は切れてしまい、新たに個人事務所を設立しました。それからというもの、X JAPANとして活動する時は、TOSHIはその都度契約を交わすのです。その辺から怪しいと言われていました。そこでこの新曲の話になったので、解散説が真実味を帯びてきたのです。

X JAPAN解散説浮上!脱退、分裂の予兆があった⁈

YOSHIKIの2015年5月の謎のTwitter が話題となりました。突然深夜に、数分おきにつぶやきだしたのです。その詳細というのが、「だるまさんが転ばない」→「此のままだと出演ができなくなる!だるまさんが転ばねー」→「だるまさんが転ばないと辞退を考えなくてはいきない。。」→「だるまさんが転ばないなら俺は脱退する」

→「今更だるまさんが転んでももう解散だ。。」→「契約、靭帯切断、イベント、アルバム、世界ツアー、、、」→「俺が抜けてもXjapanは続く。」というものでした。なんという意味深なつぶやきでしょうか。だるまさんって誰のことでしょうか。明らかに誰かを指していて、解散の話をしたと受け取れます。

X JAPAN、YOSHIKI謎のツイートの真相は⁈

ツイート後、しばらく経ってYOSHIKIは、「寝ぼけていて変なツイッターになっちゃった」と釈明しましたが、寝ぼけていたにしては、話に筋が通っているような気がします。このツイートがあった2015年には、X JAPANはLUNA SEAがプロデュースする「LUNATIC FEST」に出演していますが、これが伏線なのです。

X JAPAN、すでに分裂していた⁈

2018年に開催された「LUNATIC FEST2018」にはX JAPANではなく、YOSHIKIがソロで出演しているのです。LUNA SEAはX JAPANの弟分ですし、大切な後輩なのですが、何故グループでは出演しなかったのでしょうか。これは、なんとお金の問題があったと噂されているのです。

X JAPAN、 TOSHIの無理な要求にYOSHIKIが⁈

その噂というのは、どうやらTOSHIが多額のギャラを要求したということなのです。さすがに払うことのできない額だったそうですが、「払えなければ、フェスには出ない」と言い出したのです。交渉しても全然ダメで、結局TOSHI抜きのX JAPANではおかしいので、YOSHIKIが1人で出ることにしたんだそうです。

さらにYOSHIKIは、後輩が主催のフェスですから、泥を塗って申し訳ないという思いからか、ほぼノーギャラでの出演になったんだとか。さすがにこれにはYOSHIKIも怒っているそうです。いくら幼稚園からの幼馴染だとはいえ、こんな義理のない行動をされては、許せないでしょう。

X JAPAN、YOSHIKIついにTOSHIを排除⁈

冒頭の話題に戻りますが、新曲からTOSHIが排除されているのは、こんないきさつを知ると当然のように感じることができます。YOSHIKIはTOSHIが最近バラエティばかりに出演し、芸人からいじられまくっていることを、あまり良く思っていないそうです。カリスマ的なロックボーカルが、安売りされるのはブランドに傷がつくからです。

YOSHIKIが人生をかけて作り上げてきた、X JAPANというブランドに傷がつくのはどうしても許せないでしょう。インディーズからコツコツとのし上がり、解散や仲間の死を乗り越え、せっかくここまでやってきたのに、TOSHIは一体どうしてしまったのでしょうか。ボーカルをHYDEにした本当の理由はなんなのでしょうか。

X JAPAN TOSHIより、HYDEの方がいい⁈

X JAPANの新曲について、内情に詳しい音楽関係者は TOSHIよりHYDEの方がいいと言います。実はこの新曲「Red Swan」はテレビアニメ「進撃の巨人season3」のオープニングテーマ曲なのです。しかも、名義は「YOSHIKI  feat. HYDE」なのです。そもそもX JAPANとしてではないのです。

さらにHYDEを起用したのは、 TOSHIのハイトーンボイスよりも、HYDEの中低音のしゃがれたボイスの方が商業的に良いとされたとのことです。それは海外のマーケットでも言われていることだそうです。ただ単に、売れるのはどっちの声の方がいいのだということなんだそうです。それはそれで、 TOSHIも傷つきそうですが。

X JAPAN、分裂騒動の発端

TOSHI排除の噂は、ある画像が発端になっています。7月13日にYOSHIKIがInstagramにあげた写真にはYOSHIKI、PATA、HEATH、SUGIZOが並んで写っており、そこに TOSHIがいませんでした。コメントには、「某所でレコーディング中」とあり、時期的にも新曲のレコーディングだと思われます。

そこに TOSHIの姿がなく、新曲発表してみれば、なんとHYDEがボーカルを務めているではないですか!それがきっかけとなり、今回の TOSHI脱退や、解散説につながったようです。それにしても、グループなのに事務所は別で、活動する度に契約を交わすなんて、奇妙ですよね。幼馴染の彼らにしかわからない空気があるのでしょうか。

X JAPANのまとめ

いかがでしたでしょうか。伝説のカリスマロックバンド、X JAPANの解散説についてご紹介してまいりました。今年になってYOSHIKIはテレビで、解散のことや、 TOSHIの洗脳、HIDEの自殺について赤裸々に話し出しています。気持ちが落ち着いて、ようやく話せる時がきたということなのでしょう。

色々ありましたが、せっかくここまできたのです。かつての海外進出が彼らを苦しめる形にはなりましたが、またチャンスが巡ってきているのです。あの時とは違う、新しい時代でもX JAPANは輝けるはずです!また解散などにならぬように、みんなで頑張って欲しいですね!