ETーKINGってどんなグループなの?メンバー7人の名前やプロフィールをご紹介! エンタメ

ETーKINGってどんなグループなの?メンバー7人の名前やプロフィールをご紹介!

ご訪問ありがとうございます。今回は、メンバー構成が話題となっているアーティスト、ETーKING、通称イトキンについての記事となります。一体どのようなグループなのでしょう?調査をして行きたいと思います。少しでも皆さまのご参考になれれば幸いです。ぜひご覧ください。

目次

[表示]

ETーKINGの現在って?本名等メンバーのプロフィールを紹介

2006年のデビュー以降、多くのヒット曲を世に送り出して来た、DJやボーカルを含む7人組アーティストグループ、ETーKING<イーティー・キング>。デビューからおよそ12年。昨今そんな彼らの現在に、注目が集まっているようです。

今回の記事では、ETーKINGメンバーによるライブ活動や、本名にプロフィール、人気曲などを含めた情報を、たっぷりとご紹介して行きたいと思います。それでは早速、ETーKINGメンバーのプロフィール紹介から参りましょう!

ETーKINGメンバー7人の名前と本名をご紹介!PART1

最初にご紹介をするメンバーの方は、「コシバKEN」<こしば・けん>さんです。本名を「小柴けんいち」<コシバ・ケンイチ>さんというそうです。グループ内では、MCを担当しています。特技はモノマネだそうです。

ETーKINGメンバー7人の名前と本名をご紹介!PART2

続いてご紹介をするメンバーの方は、「TEEN」<てん>さんです。本名を「森脇隆宏」<モリワキ・タカヒロ>さんというそうです。2012年8月に、女性ユニットSPEEDのメンバー、上原多香子さんと入籍されています。

ETーKINGメンバー7人の名前と本名をご紹介!PART3

続いてご紹介をするメンバーの方は、「いときん」さんです。本名を「伊東欣司」<イトウ・キンジ>さんというそうです。グループ内では、vocal兼リーダを担当しています。特技は作曲等のプロデュースのようです。

ETーKINGメンバー7人の名前と本名をご紹介!PART4

続いてご紹介をするメンバーの方は、「KLUTCH」<くらっち>さんです。本名を「隈部将治」<クマベ・マサハル>さんというそうです。グループ内では、MCとボーカルを担当しています。ETーKING結成初期メンバーとしても有名です。

ETーKINGメンバー7人の名前と本名をご紹介!PART5

続いてご紹介をするメンバーの方は、「DJ・BOODY」<でぃーじぇー・ブーでぃー>さんです。本名を「山田よしまさ」<ヤマダ・ヨシマサ>さんというそうです。グループ内では、DJを担当しています。実はBOODYさん、ETーKING内では、最年少のメンバーであります。特技は野球だそうです。

ETーKINGメンバー7人の名前と本名をご紹介!PART6

続いてご紹介をするメンバーの方は、「BUCCI」<ぶっち>さんです。本名を「松本広志」<マツモト・ヒロシ>さんというそうです。グループ内では、vocalを担当しています。特技は意外や意外。書道だそうです。

ETーKINGメンバー7人の名前と本名をご紹介!PART7

さいごにご紹介をするメンバーの方は、「センコウ」<せんこう>さんです。本名を「濱武千弘」<ハマタケ・センコウ>さんというそうです。グループ内では、vocalを担当しています。特技は水泳なのだとか。

ETーKINGの代表曲3曲を人気順にご紹介!

ETーKINGの中で、最も有名な曲と言えばやはりこの曲!『ギフト』です。彼らの楽曲の中でも、群を抜いて名曲と言われているようです。『ギフト』に続く人気を誇る作品は、『愛しい人へ』<いとしいひとへ>です。

こちらの楽曲は、カラオケでもよく歌われる、ETーKING定番の曲となっています。最後にご紹介をする、ETーKING3番手の人気を誇る代表曲は、コレ!『ヤッターマンの歌』です。皆さんお馴染み、TVアニメ『ヤッターマン』の主題歌として起用された曲となります。

上記3曲の他、『新恋愛』や『晴レルヤ』、『寿』等の楽曲はどれも、ETーKINGを語る上で、外せない作品です。機会がありましたらぜひ1度、ご試聴ください!あなたのお気に入りの曲が、見つかるはずです。

さいごに経歴プロフィールをおさらい

ここまでご紹介をしてきた、アーティストETーKINGについて一体どんなグループなのか、既に詳しくご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、改めてプロフィール等のおさらいをして、記事を締めくくりたいと思います。それではETーKINGの一部プロフィールを紐解いて行きましょう。

ETーKINGの経歴・プロフィールをおさらいPART1

ET-KING(イーティー・キング)は、ボーカルとDJとMCで構成されるJ-POPユニット。1999年に大阪で結成。ライブ時はメンバー全員が「大阪大国町纒屋 ET-KING」と記された法被を着用する。

ユニット名の由来は、外国人がたまたまメンバーの「イトキン」の名前を聞いた際、「What? ET-KING?」と返してきたことから[1]

概要

  • 1999年にイトキン、TENN、KLUTCHの3人で結成する。当初はバンドとして活動予定だったが、3人がともにボーカルを希望したため、ユニットとして活動を始める。
  • 2005年にイベント「流派NIGHT」のオーディション企画でグランプリを獲得する。12月頃から通天閣に近い大国町で、7人が共同生活を始める。
  • 2006年にユニバーサルミュージックからメジャー・デビューする。
  • 2008年にテレビアニメ『ヤッターマン』の主題歌として、『ヤッターマンの歌』をカバーする。
  • 2015年7月1日に6人のメンバーで活動再開を発表する。活動休止中に、自分たちのスタジオを完成させてレーベルを設立する[6]。リーダーのイトキンの芸名を平仮名のいときんに改

(引用元:Wikipedia)

ETーKINGの経歴・プロフィールをおさらいPART2

ワンマンライブ・主催イベント

  • 2007年 – D-PUSH! Presents 「ET-KING」プレミアライブ
  • 2010年 – ET-KING「踊れや!ドンドコ一番祭り -日比谷で浪速のBON DANCE-
  • 2012年03月17日〜05月27日 – わっしょい前線2012 ~そこにお前がおるから歌うねん~
  • 2012年11月03日〜11月30日 – ET-KING”近畿2府5県ツアー2012″
  • 2013年03月27日〜05月31日 – ET-KING 全国ツアー2013 “ど!まんなか”w/ノックチャック
  • 2014年03月16日〜04月29日 – ET-KING結成15周年記念全国ツアー ~おまえとおったらおもろいわ!~
  • 2016年04月30日 – 活動再開後初無料ワンマンライブ「Re-Start」

(引用元:Wikipedia)

今回の記事を終えてのまとめ

今回の記事を通して、ETーKING(通称イトキン)メンバーそれそれの特徴が、少し掴む事ができました。これから発表される楽曲や、ETーKINGの活動・動向など、ますます彼らに注目して行きたいです。

長くなりましたが、今回の記事はこれで終わりとなります。いかがでしたでしょうか?少しでも、読者の皆さまに楽しんでいただけていたら幸いです。最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!またお会いできますように。