米津玄師が10年に1人の天才と呼ばれる理由!その魅力やカリスマ性とは? エンタメ

米津玄師が10年に1人の天才と呼ばれる理由!その魅力やカリスマ性とは?

現在日本中で大人気、業界内からも高い評価を受けるシンガーソングライター・米津玄師さんは、人呼んで10年に1人の天才。なぜそのような評価を受けているのか、その理由は彼の魅力に迫ります。そこには音楽の才能以外にも多くの理由があるそうです。

目次

[表示]

米津玄師さんは天才。歌詞や雰囲気が凄い?

米津玄師さんで検索すると天才というワードもついて回ります。音楽業界からは10年1人の天才とよばれ、ファンや楽曲を聴いた方もその評価には納得している様子。かつて楽曲でコラボした菅田将暉さんは、米津さん自身もお酒に酔うと俺は天才だと言い出すんだとか笑。

確かに、ボカロP時代の楽曲や現在の楽曲を聴いてみると歌詞や醸し出す雰囲気など、凡百のアーティストとは異彩を放っているのことは素人目(耳)でも分かります。天才は理屈というよりも雰囲気や作品から感じられるオーラなどで分かるものですよね。この評価は過大評価や持ち上げとは違うようです。

米津玄師さんプロフィール

米津 玄師 (よねづ けんし)というのは本名のようで、よく「げんし」と読み間違えられるそうです。本人もそれを度々ネタにしているんだとか。生年月日は1991年3月10日で今年27歳。肩書はミュージシャン、シンガーソングライター、イラストレーター、ビデオグラファーなど多彩。

なお、ボカロP時代の別名義はハチ。ボカロは数年前まで大ブームでしたから、この名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?徳島県徳島市出身。所属レーベルはソニー・ミュージックレコーズ。身長188cmと意外と長身。第57回日本レコード大賞にて優秀アルバム賞を受賞。血液型はO型。

ちなみに、ハチ名義で約30曲程度の本人歌唱のオリジナル曲もニコニコ動画などに投稿していたそうですが、後になって全て削除したそう。「自分が影響を受けたものの色がものすごく濃く出ていた。」「聴くと納得がいかないことが多くてすごく恥ずかしくなってきた。」などが理由なんだとか。

本人名義での歌手デビューは2012年5月16日、BALLOOMより1stアルバム『diorama』をリリース。収録曲全てで、自ら作詞作曲したものを自身の声で歌唱しています。これはボカロPの「ハチ」として成功した米津さんが「VOCALOIDを隠れ蓑にしたくないから」と考えていたからだそうです。

10年に1人の天才という評価

10年に1人、これだけでは凄さが分からない方もいらっしゃるかもしれません。10年周期で1人現れる天才というと、あまり「おお!」とならないのも仕方がありませんね。しかし、トップどころですら流行の入れ替わりが激しい音楽業界においてそのレベルの天才は本当に珍しい逸材のようです。

何年もトップアーティストでい続けている方はほんの一握り。おそらく、そういった方々が10年に1人クラスの逸材なんでしょうね。皆さんは昔からトップでい続けているアーティストといえば誰を思い浮かべますか?米津さんも、ゆくゆくはその仲間入りをするかもしれませんね。

米津玄師さんが天才な理由1「ボカロPとして作詞作曲」

米津玄師さんがハチ時代に手掛けたボカロ曲が『マトリョシカ』『パンダヒーロー』など。これらはミリオンヒットした有名な曲ですね。ボカロ全盛の2010年代初期、これらの曲を聴いたことがある方もいるのでは?そのころ私は中学生で、学年中でボカロが流行っていました。

ボカロファンでなくでもハチ時代の米津さんが手がけた曲を聴いたことがある方もいることでしょう。ニコニコやボカロの全盛期の時代は本当に凄くて、アニメキャラの物真似で同曲を歌ったり、既存キャラのMMDに踊らせる方などが沢山いました。

また、イラストや動画編集もすべて自分で行っていたんだとか。現在もジャケットのイラストは米津さん本人が手がけており、「ビジュアルや音楽を組み合わせ、トータルに世界観を表現する」という手法なんだそうです。これはボカロPというバックボーンが活きているのかもしれないですね。

米津玄師さんが天才な理由2「カリスマ性」

米津さんは天才のほかにもカリスマと呼ばれています。そのカリスマ性はニコ動時代から。テレビなどの表舞台に滅多に出ず、ライブなどでも多くを語らないそうで、その謎っぷりがカリスマ性に拍車をかけているそうです。最近はTwitterなどで人柄が分かるようにはなりましたが、そのカリスマ性は健在。

かつて同じく音楽業界でカリスマと呼ばれた尾崎豊さんなども、アルバムのジャケットなどで笑顔を一切出さず、カリスマ性を壊さないようにしていたんだとか。尾崎さんは本当は明るくて気さくな方だったようですが、若者の間では謎多き代弁者として崇められていたようです。

米津玄師さんの魅力1「音楽以外の才能も」

楽曲『LOSER』のMVではダンスにも挑戦した米津さん。ダンスの振付は、ストリートダンスやバレエ、コンテンポラリーなど、多岐にわたる分野で世界的に活躍する辻本知彦さんが担当。日本人として初めてシルク・ド・ソレイユのダンサーとして活躍するなど、国内外で高い評価を得ている方です。

その辻本さんが米津さんのダンスを「惚れ惚れするほど美しい」と絶賛。188㎝という長身や長い手足はダンスに美しさをもたらすようですね。歌にダンスに、さらには前述したジャケットのイラストや動画編集までこなせるのは確かに凄いですね。

米津玄師さんの魅力2「ユーモア性」

米津玄師さんはTwitterで、ファンの方の質問に答えたり、エゴサーチをしているのか自身の名前が出てきた面白ツイートなどに対して引用リツイートを用いて反応するなど、意外にもユーモアに感心があるそうで、そのギャップも魅力ですよね。

ファンの方も質問に返答がくれば嬉しいでしょうし、リプライを返してくれる有名人のTwitterには沢山のリプライが来ます。そうして米津さんの人気は本人の意図しない場所でも広がっていっているのでしょう。多才で人柄も良いとなればもう無敵ですね。もしかしたらTwitterからファンになった方も?

米津玄師さんの業界内の評価1

『打上花火』をともに手掛けたアーティストのDAOKOさんは、「私は中学生のときにニコニコ動画に投稿したのをきっかけにインディーズレーベルに入ったので、米津さんがハチという名前で活動されてたときから知っていました。その頃の私は全然音楽に詳しくなかったうえに、

Vocaloidというもの自体すごく新しくて聴いたことがない音楽だったので、よく考えたら私の音楽のルーツはVocaloidなんです。すごく影響を受けています。自分のルーツ的なところを司っている人と一緒にできるなんて、音楽をやっててよかったなと思いました。」と語っています。

米津玄師さんの業界内の評価2

音楽評論家の近田春夫氏は楽曲『Lemon』について「今般ロングセラーを誇る『Lemon』であるが、これが聴けば意外なほど作品自体は、jpop界が数十年に渡って築き上げてきた、鉄板なヒット要素の集合体といってもいいもので、なにしろ手堅いのにはちょっとビックリした」と作品を好評。

まとめ 天才・魅力的な理由など

今回は米津玄師さんについて紹介しました。米津さんの天才、カリスマの所以が分かりましたね。ボカロ曲やTwitterなどから米津さんのファンになってみるのも良いのかもしれないですね。テレビにはあまり出ない米津さん。出演した際は要チェックですね。