辺見マリが落ちた宗教的トリック!洗脳による被害は5億円!現在は? エンタメ

辺見マリが落ちた宗教的トリック!洗脳による被害は5億円!現在は?

大物女優の辺見マリさん。2015年にはしくじり先生で自信を襲った洗脳の手口などについて赤裸々に語り、日本中の視聴者に洗脳の恐ろしさを植え付けました。「自分は大丈夫」、そう思っている方が一番危ないんだとか。今回はその手口をまとめます。

目次

[表示]

辺見マリさんの現在は?過去には宗教的手口に洗脳されていた

2015年にしくじり先生に出演して以来、テレビにはめったに見なくなった辺見マリさん。テレビには出なくなりましたが芸能界を引退されたわけではなく、現在も活動中なんだとか。また、先月は坂上忍さんの番組に娘である辺見えみりさんと出演されましたね。

私は辺見マリさんの名前と顔だけは知っていたのですが、しくじり先生での洗脳の話を聞いて「そんなことがあったのか」とビックリしました。また、放送をご覧になられた方ならご存じだとは思いますが、その洗脳の手口が非常に手が込んでいて恐ろしかったのも印象的でしたね。

辺見マリさんのプロフィール

生年月日は1950年10月5日で今年67歳。本名は読みは同じで逸見 万里。神奈川県逗子市生まれの京都府京都市育ち。父親がスペイン系アメリカ人(陸軍将校)で母親が日本人。最終学歴は平安女学院高等学校卒業。辺見プロモーション所属。ハーフだったんですね。

西郷輝彦さんは元夫で、西郷さんの籍へ入ったため婚姻期間中の戸籍上の姓は西郷さんの本名である今川(いまがわ)であった。ミュージシャンの辺見鑑孝(へんみのりたか)さんは長男で、タレント・女優の辺見えみりは長女。血液型はB型で身長162cm。

芸能界には1969年11月に「ダニエル・モナムール」でデビュー。翌1970年、20歳の時に発売したセカンドシングル『経験』の溜息混じりの歌い方が話題になり、大ヒット。以降、同年に「私生活」、翌1971年に「めまい」等をリリースし、セクシー歌謡の歌手として活躍。

『私生活』で第21回NHK紅白歌合戦にも初出場します。ところが、人気絶頂時の1972年に同じく人気歌手の西郷輝彦さんと結婚し、芸能界を引退。その後二児を出産しますが1981年に離婚。また、芸能界にも復帰されます。

辺見マリさんを襲った恐ろしい宗教的洗脳の手口1

辺見さんを術中に陥れた手段は2つ。1つがコールドリーディングといって、対話しながら相手の反応を見て心理を読み取る技術。もう1つがバーナム効果、誰にでも当てはまる特徴を言って当たっていると錯覚させる効果のことです。占い師の「最近小さな不幸がありましたね?」などといった質問も該当しますね。

辺見さんは、この二つが基本となって洗脳されたそうです。この2つは割と誰でも知っていると思います。そしてこの2つを大本にして、次に4つのステップがあったそうです。それが安心・驚き・嫉妬・囲い込みの4つ。これらの頭文字を取って、AOSK(アオスク)というみたいですよ。

辺見マリさんを襲った恐ろしい宗教的洗脳の手口2

辺見さんは自身を洗脳という術中に嵌らせた第一歩に「安心」があったといいます。辺見さんの警戒を解き、安心させるために「拝み屋」がしたことが2つあって、それが『自分の家族に会わせ、安心させる』『自分の話はしないで悩み相談を聞くことに徹し、相談相手として信頼させる』ことだそうです。

ここで終われば聞き上手な良き相談相手ですよね。しかしそう思ったが最後。これは、安心と共に、弱みを握る弱点を探っていたとのこと。次に第二のステップとして「驚き」があり、ここで本格的な洗脳が始まったんだそうです。

「神の声が聞こえる」という触れ込みで自分に近づいてきた「拝み屋」を、辺見さんはまだ信頼していませんでした。しかし、自身も知らなかったという娘であるえみりさんの視力低下をズバリ言い当て、「このままでは失明する。5000円をお布施すれば救える」と言って、ここで初めて金銭をだまし取ります。

ちなみに、『しくじり先生』ではこれを、元マネージャーの情報提供であったとしています。辺見さんも知りえなかった情報でも、元マネージャーくらい辺見さんに親しく身辺に詳しい方であれば可能ですよね。というか、拝み屋のこの芸当はそうでもなければ実現しえないものですからね。

辺見マリさんを襲った恐ろしい宗教的洗脳の手口3

第三のステップである「嫉妬」から、本格的な金銭の搾取が始まったそうです。嫉妬というのは、今まで1対1だった関係から、他の信仰者を登場させる→他の信仰者へ手厚く教えを行っているのを見せることによって、嫉妬心を煽る→教祖に対して自分だけに向いて欲しいと、のめり込むようになる、といった具合です。

最後に「囲い込み」で畳みかけます。すでに熱狂的に拝み屋を信じ込んでいる辺見さんに言い渡されたのが仕事を辞め、社会からの断絶をすることだったそう。この時拝み屋たちは辺見さんにマンションを借りさせ、共同生活をしていたそうで、修行といい拘束時間を長くして、信じ込ませたそう。

辺見マリさんのように宗教トリックに落ちやすい人の特徴

霊感商法などの胡散臭い商売に詳しい心理学者さんは、「洗脳されるのは、総じて優柔不断で自信のない人。容姿の良い女性などはわざと太らせ、醜くくしてコンプレックスを植えつけ、周囲との関わりを断たせる。自分が唯一の味方であり、友人であると思い込ませるためです」と語っています。

また、蛯子能収さんは「宗教は自分の頭で物事を考えられない人がハマるもの」と持論を展開されたことも。普段おっとりしている蛭子さんですが、これは正論な気もしますね。目の前の情報の真偽を判別もせずに鵜呑みにする。メディアの情報をありのまま受け入れるような方も、要注意ですね。

被害額5億円?神田と安藤とは?マネージャーとの結託

マネージャーから紹介された2人の拝み屋、それが神田・安藤という人間だったそう。神田が1000万円ほど、安藤が4億9000万円ほどをだまし取り、辺見さんの被害額は5億円にも上りました。ちなみに神田を紹介し、神田らに情報提供を行っていたのが元マネージャーだと言われています。

辺見マリさんのほかに新興宗教にハマった芸能人

洗脳、いわゆるマインドコントロールの被害を受けた方というと元オセロの中島知子さんや現在バラエティにも進出しているX JAPANのToshiさん、某宗教団体に出家し芸能界を引退した清水富美加さんなども、記憶に新しいですよね。悪質な新興宗教などにハマった芸能人を含めるとキリがないんだとか。

ちなみに、とある芸能関係者曰く「中島の場合は、まだ洗脳が解けていないと報道されることもしばしば。いまだに自称霊能者と報じられた女性とも縁は切れていないようで、当時の関係者の大半が中島から離れていきました」とのこと。哀しいかな、芸能人と宗教は切っても切れない関係のようです。

現在洗脳の手口は巧妙化しており誰しも落ちる可能性がある

いかがでしたでしょうか。洗脳は、「騙されるなんて馬鹿だなあ」「自分は大丈夫」。そういう方が一番危ないんだとか。詐欺と同じで、洗脳の手口も既存のものが世間に知られるとまたずる賢い悪人たちは新しい手口を考えます。いたちごっこですから、結局大事なのは警戒と相談を辞めないことですよね。

まとめ 辺見マリさんの現在 など

今回は辺見マリさんの洗脳の手口について紹介しました。洗脳の魔の手は何も芸能人たちだけに迫っているのではありません。私たちも何がきっかけになって悪人たちの掌の上に乗るか分かりません。前の項目でも言いましたが、警戒と相談が重要ですね。