米津玄師のファンクラブはない?ライブチケットの入手方法とは?CDが鍵!! エンタメ

米津玄師のファンクラブはない?ライブチケットの入手方法とは?CDが鍵!!

若手イケメンアーティストの米津玄師さん、彼にはファンクラブはありませんでした。気になる彼のライブチケットの入手方法ですが、CD購入での「先行抽選」、「一般抽選」、「一般販売」そして「定価トレード」という4つの方法でゲットすることができると分かりました。

目次

[表示]

米津玄師のファンクラブはない!CDやチケットは?

独特な雰囲気を持ち、独自の音楽性を発揮している若手イケメンアーティストの米津玄師さん、ネット上での楽曲投稿では多大な視聴回数を記録し、CDのリリースや自身のライブ活動など、幅広く活動しています。米津玄師さんの創造する音楽や彼の音楽性に共感し、盛り上がるファンも少なくありません。

そんなイケメンアーティストの米津玄師さん、彼にはファンクラブがないってご存知でしたか?実は米津玄師さんにはファンクラブがありません。そして米津玄師さんのライブチケットはどうやって入手すれば良いのでしょうか。そんなところを今回はお届けしたいと思います。

米津玄師の簡単なプロフィール

米津玄師 (よねづけんし)。1991年3月10日に徳島県で生まれました。この米津玄師 (よねづけんし)という名前は本名で、別名は「ハチ」と呼ばれています。身長は非常に高い188cm、血液型はO型、残念ながら体重は公表されていません。

現在はミュージシャン、シンガーソングライター、イラストレーター、ビデオグラファーといった多岐にわたる活動をしています。また所属している事務所は、ソニー・ミュージックレコーズです。第57回日本レコード大賞にて優秀アルバム賞を受賞するなど、実力もある若手アーティストの一人です。

中学3年生の頃にはオリジナルの楽曲を製作するなど、子供時代からその才能は表出していました。高校卒業後は、主にベースとボーカルを担当してバンド活動をし、紆余曲折しながら成長を続けています。今までにシングルを8枚、アルバムを4枚リリースし、ワンマンツアーも行うなど、精力的に活動しています。

(引用:Career Find)

米津玄師のファンクラブはない!!チケット入手にはマナーも!

先ほども言ったように、米津玄師さんのファンクラブはありません。どこを探しても見当たらないのです。ただ、ファンクラブがない理由として最も有力な情報は、ファンの増加が著しく、ファンクラブ設置の準備が整わないということです。あくまでも推測です。

そして問題なのが米津玄師さんのライブチケットをどこで入手するかです。ファンクラブがあれば様々な情報が発信されますが、それがないのでチケットの購入場所をしらない人は苦労していると思います。次項より彼のライブチケットの4つの購入方法について見ていきたいと思います。

米津玄師のライブチケットの取り方①CDの先行抽選券!

まず1つ目の方法、「新曲のCDを購入する」という方法です。次項3つの方法に比べて入手確率は高いです。なぜなら、一番最初に抽選が始まるからなのです。注意点は「抽選」であることです。チケットを入手する抽選に参加できる権利を獲得するということですので、必ず手に入るわけではありません。

ライブ開催の前には新曲CDがリリースされます。そのCDにはライブチケットの「先行抽選券」という紙が入っています。その券にはシリアルナンバーが記載されており、チケットの抽選に申し込むことができます。入手確率が高い方法ですので、大変オススメです。

米津玄師のライブチケットの取り方②一般抽選

2つ目の方法、それは「一般抽選に申し込む」という方法です。新曲のCDを買わずとも、しかも誰でも応募ができます。前項でお話しした先行抽選が終了した後に公式サイトで一般抽選の情報が出ますので、応募期間に応募して当落結果を待つといった具合です。

誰でも応募ができるということは、その分競争率も高くなります。なんと倍率は7倍とも言われるほどの人気ですので、当たればラッキーといったところでしょうか。ポイントは、なるべく公式サイトのライブ情報を毎日チェックして応募期間のタイミングを逃さないことです。

米津玄師のライブチケットの取り方③一般販売

3つ目の方法、それは「一般販売で購入する」という方法です。抽選、購入の方法ではこれが最後の方法です。ただこれ、一般販売が必ず”ある”とは言えないのです。実は最悪の場合一般販売しない可能性もあり、なってみないと分かりません。いつ情報が来るのかは全くわかりませんので100%あてにはできません。

たとえ一般販売があっても、突然情報が出てくるものと思いますので、販売が始まると早々に売れてしまうでしょう。またチケット購入殺到のため、サーバーの不安定、読み込み速度ダウンなどで正常に購入できなくなるおそれもあります。これに頼ってしまうと最悪購入はできません。

米津玄師のライブチケットの取り方④定価トレード

実は4つ目の方法があります。それは「定価トレード」という方法です。定価トレードとは、訳あってライブに参加できなくなった方のチケットを譲り受けて定価(+手数料)で購入することができるという制度です。こちらの制度は「ticket board(チケットボード)」というところで行っています。

この制度で売られているチケットは転売チケットではないので、正規の値段で公正にチケットを購入することができます。どの方法でもチケットを入手できなかったという方は、この「定価トレード」で公式に出品されているチケットを入手することをオススメします。

米津玄師の他にもファンクラブがないアーティストはいる!

ファンクラブをもたないアーティスト、まだいるんです。1996年に結成された4人組のロックバンド「BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)」や1998年にデビューした日本の女性シンガーの宇多田ヒカルさんがそうです。有名なアーティストでもファンクラブがないということもあるんですね!

米津玄師の生い立ち

米津玄師さんが音楽に対する意識を変えたのは小学5年生の時でした。きっかけとなったのは、当時インターネットを利用してWEB上で流行していたFLASHアニメーションでした。その後、中学3年生の終わり頃からMTRを使用してオリジナル曲を製作するようになりました。

「late rabbit edda」というバンドを結成し、2008年にはDTMの製作をスタートし、時には「ハチ」という名前でオリジナル曲をニコニコ動画などに投稿もしていたそうです。徳島県立徳島商業高等学校を卒業し、大阪の美術専門学校に通いながらバンド活動(彼は主にベースとボーカル)を行っていました。

その後、初音ミクやGUMIを用いてニコニコ動画へのオリジナル楽曲の投稿をスタートし、多くのヒット曲を生み出しました。2012年には1stアルバム『diorama』をリリース、さらに翌年には1stシングル『サンタマリア』をリリース、メジャーソロデビューを果たしました。

2015年の3rdアルバム『Bremen』では、オリコンなどのヒットチャートのアルバム部門で初登場1位を獲得するなど勢いに乗っています。CDのリリースとも合わせてライブツアーも行い、2018年には日本武道館にてワンマンライブ「米津玄師 2018 LIVE / Fogbound」を開催しました。

(引用:Career Find)

米津玄師のファンクラブはない!CDやチケットは?のまとめ

いかがだったでしょうか、今回は米津玄師さんのファンクラブはないという話題についてお送りしてきました。彼のライブチケットの入手方法はCD購入での「先行抽選」、「一般抽選」、「一般販売」そして「定価トレード」という4つの方法でゲットすることができると分かりました。

ミュージシャン、シンガーソングライター、イラストレーター、ビデオグラファーと本当に多岐にわたる活動に取り組んでいる米津玄師さんです。彼の奥深い魅力が、今後もファンをより一層盛り上げることでしょう。米津玄師さんの今後の活躍も楽しみですね!!今注目すべき若手アーティストの一人、米津玄師さんでした。